演出の寺十吾が語る、新たな『関数ドミノ』の魅力

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

kansud.jpg

『散歩する侵略者』の映画化も話題の前川知大率いるイキウメ。彼らの代表作のひとつ『関数ドミノ』が瀬戸康史をはじめとする新キャスト、新演出によって上演されることとなった。2005年、2009年、2014年と再演を重ねてきた今作だが、これまでは当然ながらすべて前川の演出、キャストはイキウメの劇団員。この人気作が外部に託されるのは初めてだ。前川自身が2009年版をもとに加筆した脚本でつくられる新たな『関数ドミノ』がどのような公演になるのか、演出を担当する寺十吾に話を聞いた。

jitsunasi.jpg

寺十吾

寺十さんは以前、役者として前川さんが脚本を手がけた作品に出演されたこともありますが、今回演出として前川作品に携わるにあたって、その魅力をどんなふうに捉えてらっしゃいますか?

「本当に独特な世界観ですよね。超常現象的な、不可解な現象を扱っていながら、そういう設定と演劇的な現象とが常にシンクロしているのが面白いなと思います。舞台上のことが絵空事ではなく、登場人物の関係やものの考え方が実際にありえるもののように観る人たちを侵食していくところが魅力ですね」

「演劇の嘘」が最大限利用されている作品ということですね。今回、『関数ドミノ』を演出するにあたって重視するポイントを教えてください。

「物語をつくるというよりは、見つける過程の方が多くなるかなと思います。『この話は次の段階ではこうなっているから、そこに物語を運ぼう』ではなく、『このやり方をしたらどこに行っちゃうのかな?』という試みを、繰り返し繰り返し行いたいですね。目標をつくってそこに向かうのではなく、舞台上に現象がどうしたら立ち上がっていくのかを関係性を通じて探す、掘り当てる、というほうが近いかもしれない」

寺十さんが演出をされるときはいつもそういう方法をとっているのですか?

「いえ、ケースバイケースです。今回は前川さんの作品だからこそ、特に『探す』ことを楽しみたいな、と思っています」

『関数ドミノ』にはSFの要素もあり、舞台上でそれをどう表現するかの余地が大きい作品のように思いますが、そのあたりはどうお考えですか?

「僕は初演の映像を拝見して『これでいいじゃん、十分面白いじゃん』って思ったんですよ(笑)。じゃあ今回の魅力は何かといえば、やはり役者さんが全員変わっていること。それによって新しい関係ができますからね。もう、演出として改めて何かをするという欲がわかないくらい過去の作品が面白かったから、『俺の演出だったらこうやる』という気負いをなるべく捨てたいと思っています」


●見どころは、瀬戸康史と柄本時生のキャラクター

今回は瀬戸康史さんをはじめ、柄本時生さん、小島藤子さん......、魅力的なキャストが揃いましたね。

「キャストについてはミーティングを重ね、3回のオーディションも行いました。まさに適材適所。今日ちょうど初顔合わせを行ったのですが、いい作品になりそうな予感がします」

キャスティングでとくにここを見てほしい、というところは?

「物語の中心的な役割を果たす真壁役と森魚役とが、見た目だけでいうと今回と初演とではまったく正反対なんですよね。これがまず面白い。初演では真壁が見るからにオタクっぽい、さえない男だけど、今回は何と言っても瀬戸くんですから。そして森魚を時生くんが演じるとなれば、やはり独特のアクのあるキャラクターになると思います。オリジナルのキャラが逆転するだけでも、これまでとは違う面白みが見えるんじゃないかな」

寺十さんといえば俳優としてもキャリアを重ねてらっしゃいますが、演じる側も経験しているということは、演出の際に役に立つものでしょうか?

「役に立つとしたら、入口だけですね。稽古中、『このシーンは腑に落ちてなさそうだな』『ここは違和感があるんじゃないかな』と役者を察することができるという意味では、演技をやっていた経験はとても有効だと思います。ただその入口さえ見つかってしまえば、そこから先はあくまでも演出家と役者の立場ですよ」

今回、前川さんが脚本に加筆されたそうですが、新たな脚本を読んでみてどう感じましたか?

「前川さん自身は『15年前の脚本なので、自分が読み直したときに強引だとか、若いと思ったところを直した』と言っていました。今回の作品のために直したというよりは、この機会を通じて自分が気がかりだった部分を解消したり、よりよくしたということだと思います。一緒に新しい作品をつくるという気持ちを共有してくれている気がして、うれしいですね」

加筆されたことによって、とくに会話の部分の細やかな表現に磨きがかかり、登場人物の関係性や、寺十さんが前川作品の魅力とおっしゃった「実際にありえるもののように感じられる」部分がより強くなったように感じます。

「そうですね。いいキャストといい脚本が揃ったから、僕の仕事はお手伝いのようなものです(笑)。いつものように、できることをやるだけです」

●変化を受け入れながらもタフな作品に

今回の『関数ドミノ』は東京をはじめとして全国での公演が予定されています。本番がスタートしたあとも、作品は変化していくものになりそうでしょうか?

「本番が始まったら、役者さんによって変化していくことはもちろんあるだろうし、この作品はその変化を受け止められるだけの器をもっていると思っています」

最後に、寺十さんご自身がこの作品に挑むにあたっていまいちばん楽しみにしていることを教えてください。

「これ、瀬戸くんが言ってたことなんですけど、『僕たちなりの希望を見つけたい』と。この物語は、決して曇りのないハッピーエンドを迎えるような話ではない。けれど単純な悲劇として終わるのではなく、このキャストが演じることで、どんな希望を見つけ出すことができるのか。役者さんが作品全体の話を自分から発信することってなかなかないけれど、瀬戸くんがそう言ってくれたのがうれしかった。僕もその希望をキャストといっしょに探せるのが、いまから楽しみです」

(文・釣木文恵)

★「関数ドミノ」追加公演決定!
ご好評につき、10/12(木)14時 本多劇場にて追加公演が決定しました。チケットは9/16(土)AM10時より販売!

<公演情報>
10/4(水)~15(日) 本多劇場 (東京都)
10/21(土)~22(日) 北九州芸術劇場 (福岡県)
10/24(火) ホルトホール大分 (大分県)
10/26(木) 久留米シティプラザ (福岡県)
11/10(金)~12(日) 兵庫県立芸術文化センター (兵庫県)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8775

前の記事「坂上忍が大感激のキラキラ体験!?ブロードウェイ・ミュージカル「ファインディング・ネバーランド」ついに開幕!」へ

次の記事「【エントレ】大森博史とラサール石井が伝説の落語家に! こまつ座「円生と志ん生」がサザンシアターで開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

レディ・ベス2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉