有楽町に新劇場オープン!セリフなしで「サムライ」描き世界へ発信

| トラックバック(0)


スタジオアルタの運営により7月7日、東京・有楽町の有楽町マリオンに新劇場オルタナティブシアターがオープンする。

そのこけら落とし公演として歴史ロマン『アラタ ~ALATA~』の上演が決定。4月4日に製作発表会見が行われ、脚本の横内謙介、構成・演出の岡村俊一、ダンスクリエイターとして参加するElina、"チャンバラスペシャリスト"として参加する早乙女友貴、そして、オーディションで出演が決まった新鋭・吉田美佳子らが出席した。

DSC_8587_gekipia.jpg

スタジオアルタの発表では、同劇場は外国人観光客が観客の7割と見込んでおり、言葉の壁を取り払うべく、セリフなし(ノンバーバル)でダンス、殺陣などのパフォーマンスで構成するという。戦国時代から現代にタイムスリップしてきたサムライ"アラタ"と現代を生きる東京の女"こころ"を中心にしたアクションラブストーリーが展開する。2018年の3月までに500公演、14万人の動員を見込んでいるという。


横内は、ここ数年、次々と劇場が閉鎖に追い込まれてきた状況に触れつつ、そんな中で新たな劇場がオープンするということを「逃してはいけないチャンス」と捉える。観客の大半は外国人となるが「自分たちが『おいしい』と思えないものを外国人に出して『おいしい』と思ってもらえるわけがない。セリフはなくともストーリーがちゃんとあり、楽しく、刺激的で感動できるものにするのが私の務め。現代へのメッセージも多分に含まれています」と語った。

DSC_8560_gekipia.jpg

岡村はテーマを「こと」と「もの」とし「現代人はものに頼って生きていて、『愛してる』という表現でも、本当は愛してるだけでよかったのに、指輪を交わしたり、ものに感情を特化している。そのことに現代人と古代人の出会いを対比させて描き、肉体で表現していく。外国人にここに日本の心があると伝わる作品にしたい」と意気込む。

DSC_8562_gekipia.jpg


Elinaは「ダンスの可能性を知ってもらいたい。ダンスにしか表現できない情感、緻密な部分を伝えたい」と語る。自身、1年間ニューヨークに留学したが「あちらの人間はオープンでわかりやすいし、一方で日本人はシャイだけど、技術に対してストイック。その両方の良さを学べたと思います」と自信をのぞかせる。

DSC_8565_gekipia.jpg

DSC_8550_gekipia.jpg

早乙女も「演劇仲間、日本人の観客、そして外国人の方に喜んでもらえるものにしたい。剣舞のような舞う表現を入れていけたら」と日本にいながらにして世界の観客にパフォーマンスを披露できるチャンスが待ちきれない様子。

DSC_8547_gekipia.jpg

DSC_8567_gekipia.jpg

この日、Elinaも早乙女も壇上でパフォーマンスを披露したが、互いに「本当に素晴らしいのひと言」と称賛し合っていた。


DSC_8515_gekipia.jpg

DSC_8521_gekipia.jpg

DSC_8523_gekipia.jpg

DSC_8525_gekipia.jpg

DSC_8529_gekipia.jpg

DSC_8533_gekipia.jpg

DSC_8537_gekipia.jpg

DSC_8540_gekipia.jpgオーディションファイナリストの吉田美佳子

DSC_8571_gekipia.jpg

なお、音楽は、全世界で2000万以上ダウンロードされている音楽ゲームアプリ「Deemo」で最も人気のアーティストとして高い支持を集める音楽制作集団Miliが担当。いずれ、コンテンツごと本場ラスベガスへの"輸出"をも視野に入れていることもスタジオアルタの田沼和俊代表取締役社長により明かされた。

DSC_8546_gekipia.jpg

DSC_8583_gekipia.jpg

DSC_8596_gekipia.jpg

『アラタ ~ALATA~』は東京・オルタナティブシアターにて7月7日より開幕。


取材・文・撮影:黒豆直樹

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8659

前の記事「ミュージカル『王家の紋章』初日目前! 開幕直前囲み取材レポート」へ

次の記事「人気アニメが舞台に!『TRICKSTER~the STAGE~』稽古場レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ