『マイ・フェア・レディ』#4 水田航生さんの〈稽古場潜入取材〉に密着!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『マイ・フェア・レディ』2016 #4■


"リボーン版"『マイ・フェア・レディ』が待望の再登場!

『マイ・フェア・レディ』は、下町育ちでひどい訛りのイライザが、言語学者のヒギンズ教授の特訓で、美しい言葉と上流階級の作法を身に着け、淑女となる...1956年にブロードウェイで初演、1963年には日本で初めて日本語で上演されたブロードウェイ・ミュージカルとして登場、以来長く愛され続けている、名作中の名作です。

2013年には日本語訳・演出等が一新され、今を生きる新鮮な作品として生まれ変わった本作。
今回は、映画でオードリー・ヘップバーンが演じたヒロイン・イライザに霧矢大夢真飛聖、ヒギンズ教授に寺脇康文という、好評を博した2013年版キャストが続投し、そしてヒギンズ教授の母親役に高橋惠子、イライザに恋をするフレディに水田航生が新たに加わります。

※先日披露された「公開稽古」の模様はコチラ→

さて、オフィシャルサイトの方で、どうやらその新キャスト・水田航生さんが、<稽古場レポーター>として任命された模様!
当げきぴあでは、水田さんのレポーターっぷりをレポートせんと、密着取材を敢行いたしました。
おそらくキャストならではの親近感で、カンパニーの皆さんの素の表情を撮っていただける...に、違いありません。期待!

ちなみに水田さんが扮する"フレディ"は、若手二枚目ミュージカル俳優の登竜門といっても良い役どころです。
初演は藤木孝さん。その後、川崎麻世さん、岡幸二郎さん、浦井健治さん、平方元基さんetc.etc...と、錚々たる面々が演じています。


▽ 公開稽古中、フレディに扮している水田さん
myfairlady16_04_41_9933.JPG
▽ 公開稽古の模様
myfairlady16_04_42_9747.JPG
myfairlady16_04_43_9793.JPG

さて、水田さんの稽古場レポート、こんな感じで始まりました。
myfairlady16_04_02_0051.JPG
「皆さんこんにちは、はじめまして。水田航生です。
本日からこのマイフェアレディの稽古場リポーターに任命されました!」

「今日は公開稽古があるということで、第1回目に相応しく、公開稽古のレポートをしながら皆さんにインタビューしていきたいと思います!」

そんな中、「お疲れさまでした~!」と帰っていく、彩橋みゆさん、内田このみさん、高谷あゆみさん。
myfairlady16_04_03_0055.JPG

▽ 気を取り直して、稽古場に潜入していく水田さん。
myfairlady16_04_04_0080.JPG

完成レポート動画は、コチラ!
↓↓↓↓↓


ちなみに、動画には<水田航生トライアル!>というタイトルがついていますが...。
事前にはこんな打ち合わせが...。

プロデューサー氏(以下P氏)「タイトル、どうしようか。<水田航生のフレディの部屋>とか...」
水田「次までに...考えておきます...」
P氏「<愛の小部屋>とか...」
水田「...。じゃあ、2回目の時に"タイトル、決まりました!"と発表するところからはじめましょうか」
myfairlady16_04_55_50.JPG

...というやりとりがあったのですが、レポートを続けていく中で、意外なところからタイトルが決まってしまったようで!?
その経緯、おそらく次回か次々回くらいに発表になるんじゃないかと!


さて、せっかくの"密着"。動画を観れば全部わかるよ...というレポートをしては、リボーン版初演から取材をしている当サイトの名がすたる(?)ので...。
動画では語られない、水田さんのレポーターとしての意気込みを伺ってきました!
myfairlady16_04_55_0076.JPG
――なんだか、突然リポーターに任命されたようですが...

「本当に...何をするか、僕もまだ、ふわふわしているのですが(苦笑)。でもさきほども、レポート中に◎◎さんが突然、入ってきてくださったり(※このあたりは、後日!)したことからもわかるように、和気藹々とした楽しい中で稽古が出来ています。そこを上手く伝えていって、皆さんに本番を一層楽しみにしていただけるように、頑張りたいです!」

――キャストの皆さんに、インタビューもなさるとのこと。どんなことを聞こうと考えてますか?

「前回から出演されている方には、再演にあたっての思いや、新しくなった部分...僕ら再演から入った人間には、細かくどこが変わった、というのはわからないので。どこがどうブラッシュアップされているのとかを、訊いていきたいですね。あとは、この作品以外のこともどんどん伺えたら面白いかなあ、と考えています」

――いつもインタビューをされる側だと思います。インタビューをしたことってありますか?

「ないです!ぜんっぜん、ないです! 皆さん、色々考えて質問してくれているんだなぁ、答えるより質問する方が大変だな...って思いました」

――つまり今、インタビュアーとして、色々考えていらっしゃるんですね?

「"どうしようかな、どう訊こうかな、どう切り込もうかな"って、けっこう考えています...。霧矢さんは一度、共演をしたことがあり(『オーシャンズ11』2014年)、寺脇さんはよくご飯に連れていってくださったりしているのですが、まだ稽古が始まったばかりで、あまりお話できていない方もいるので...。でも、せっかくやるので。攻めていきたいな、と思います!」

取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)


【『マイ・フェア・レディ』2016 バックナンバー】

【公演情報】
7月10日(日)~8月7日(日) 東京芸術劇場 プレイハウス
8月13日(土)・14日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール
8月20日(土)~22日(月) 梅田芸術劇場メインホール(大阪)

チケット情報はこちら





トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8399

前の記事「川本成ソロ公演 第2弾「独歩」上演!!」へ

次の記事「イプセンの傑作『幽霊』主演の朝海ひかるが作品への意気込みを語る」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉