【マタ・ハリ通信(6)】ピエール役、西川大貴インタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


■ミュージカル『マタ・ハリ』特別連載(6)■


創作の過程をお伝えしている日本初演のミュージカル『マタ・ハリ』

今回は、ピエール役(Wキャスト)の西川大貴さんのインタビューをお届けします。

西川さんは『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』といった大作ミュージカルでもお馴染みですが、脚本・演出を手がけたり、音楽ユニット「かららん」のフロントマンを務めたりと多才の人。
昨年は水谷豊監督映画『TAP - THE LAST SHOW』にメインキャストとして出演、得意のタップダンスを存分に活かし映画デビューも果たしました!

その西川さんに、現在の稽古場の様子について、そして演じるピエールという役柄について、お話を訊いてきました。



● 西川大貴 INTERVIEW ●

mataA_2503.JPG
―― お稽古の真っ最中ですが、このミュージカル『マタ・ハリ』という作品にはどんな印象を抱いていますか。

「まず、音楽ですね。音楽が好きです。僕は以前『GOLD』(2011年)という作品に出させて頂いて、フランク・ワイルドホーン作品は2作目なのですが、パッと聴いた印象だと「いかにもミュージカル!」という感じなんですが、曲の中の感情の動かし方が、ポップス的要素も含んだドラマチックさがあるんです。ワイルドホーンさんて、ポップスも書かれる方なので、この方ならではですよね」


―― おススメのナンバーは?

「いま、一番気に入っているのがM14『さよなら』。マタ・ハリとアルマンが手紙を介して歌う曲です。先ほど言ったようなことが盛り込まれています。僕、出ていないシーンですが(笑)。自分はその次の曲を歌うんですが、思わず聴き入ってしまいます(笑)。切ないし、すごくいい曲なんです」

―― 西川さんが演じるピエールは、どんな人物ですか? フランス軍の戦闘パイロットですが......。

「パイロット仲間の中では一番新人で下っ端。劇中で「もうイヤだ、飛びたくない」と脱走しようとします。ただ、演出の石丸(さち子)さんからは、彼もちゃんと自分からパイロットに志願した、強い意志のある人間なんだと言われています。怖くて脱走するというのは、弱虫とも受け取れるけれど、裏を返せば脱走出来る勇気があるということ。意思を持って、家族や恋人が待っているところに帰ろうとする。だから、今度は「やっぱり任務を果たそう」と意思を固めた後に彼から迸るエネルギーは誰よりも強くあってほしいと言われていますし、僕もそれは腑に落ちる。そして後半は、ラドゥー大佐に召抱えられるシーンもあります。特攻のように飛行機で飛んで行って、ひとりだけ奇跡的に帰ってきたことで、昇格されるんです。戦争によって人生を決められた人物ですので、戦争に翻弄されたこの時代の人間の代表......のようなつもりで演じたいと思っています」


―― ピエールたちの "偵察機に乗る" という任務は、劇中「行ったら戻れない」というセリフもありますが、いわゆる特攻隊のようなものなんでしょうか?

「日本の神風特攻隊は"帰ってきたら恥"というものですが、ピエールたちは偵察が目的ですので、そこは違いますね。ただ、飛行機で偵察に行って、写真を撮ってくるのが務めなのですが、だいたいそういう場所は、下から打ち落とされてしまう。命がけです。4分の3くらいの飛行機が失われた、というようなことを何かで読みました。そして当時のフランスでは、この戦争が泥沼状態になっているので、少しでも功績を残した若者がいれば、その人を讃え、出世させることで、若者たちに希望を持たせていたようです」
mataA_2495.JPG

―― なるほど、理解できました。ありがとうございました。話を変えて、石丸さち子さんの演出、パワフルで面白いですね。演出を受けていていかがですか?

「芝居をめちゃくちゃ大事にしてくれています。ミュージカルの現場だと、ダンスが入ってきたりしますので、だいたいの動きを先につけてやることが多いし、そうすることが早いに決まっているんです。でも今回は、歴史的背景がとても大事。振付を先にやってしまうとそれに追われてしまうので、まず曲を流した中で、自由に芝居をやって、そのあとで振付を加えるという作り方をしています。石丸さんは「これは(作る上で時間がかかり)大変だということはわかっているんだけれど」と前置きをした上で、そこがどういうシーンなのか、きちんと理解させてくれてから、やってくださる。僕はこういうやり方、とてもありがたいです」


―― それは幸せな稽古場ですね。

「本当に石丸さんがめちゃくちゃパワフルなんですよ。さきほども、"背中をポンと叩かれる"という場面を、石丸さんが実践してくれたのですが、背中の骨が折れるんじゃないかというくらい(笑)、その力が凄かった。エナジーがハンパない方なので、こちらもそれに負けないように意思を持ってぶつかっていかないと、この稽古場を乗り越えられないと思っています(笑)」


―― 頑張ってください(笑)。西川さんの見どころはどこですか?

「やっぱりM15かな(ピエールをはじめ、パイロットたちのナンバー『英雄であれ』)。僕が脱走して、捕まえられて、乱闘のようにもみくちゃになるのですが、ダイナミックに派手に動いているのでそこは注目して見て欲しいです。あとは......やっぱり、あの時代で、戦争に巻き込まれて揺れ動いている青年の姿、戦争によって人生を決められていってしまう心の揺れを表現できたらと思っています。脱走するということと、後半ラドゥーの下で国のために生きる。正反対のように心が振り切りますが、どちらも"国のため" であり、"今を生きる" "自分の人生をまっとうする" という思いなんです。表に出た形が違うだけで、ちゃんと意思の強い人間なんだというところを感じ取って欲しいですね」



取材・文:平野祥恵(ぴあ)
撮影:源賀津己


【公演情報】
・1月21日(日)~28日(日) 梅田芸術劇場メインホール(大阪)
・2月3日(土)~18日(日) 東京国際フォーラム ホールC
★ピエール役は、百名ヒロキさんとWキャスト。

★限定100枚!★
大阪公演、西川大貴さんの「開催前ご挨拶」付 バックステージツアー付チケット発売中!

開催日:1月26日(金)13:00公演
 ※バックステージツアーは終演後開催。
販売期間:受付中~1/12(金)23:59
料金:13000円 (S席/バックステージツアー付)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8898

前の記事「【マタ・ハリ通信(5)】ラドゥー/アルマンの2役に挑む! 加藤和樹インタビュー」へ

次の記事「悪役が悪役を斬る!『ピカレスク◆セブン』稽古場レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉