【前篇】『PHOTOGRAPH 51』ビジュアル撮影レポート(板谷由夏さん・神尾佑さん・矢崎広さん)

| トラックバック(0)

2018年4月に東京・東京芸術劇場シアターウエストと大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演される『PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)』。

本作は、2015年にニコール・キッドマンが主演を務め、ロンドンのウェストエンドで上演された話題作の日本初演。X線回析写真"フォトグラフ51"にDNAの二重らせん構造を収めた女性研究者ロザリンド・フランクリンの生涯を描く中で、科学のために愛や名声を犠牲にすることは一体何を意味するのかが語られます。

日本版では、主演を今作が初舞台となる板谷由夏さんが務めるほか、神尾佑さん、矢崎広さん、宮崎秋人さん、橋本淳さん、中村亀鶴さんが出演します。演出は、ブロードウェイで注目を集める女性演出家であり、日本では12月に上演される『4Stars 2017』を手掛けるサラナ・ラパインさん。

ほかにはないキャストティングもさることながら、実話?DNA?研究者?と、いったいどんな雰囲気の作品か...気になりますよね。
そのヒントを探すためにビジュアル撮影現場に潜入! 前・後編にわけてお届けします。

*****

まずはこの方!
1.jpg▲ロザリンド・フランクリン役の板谷由夏さん。30代のユダヤ系イギリス人女性科学者で、意志が強く、真面目で純粋、という役どころです。

2.jpg▲科学の分野においてまだ女性の地位が認められなかった時代の物語ということで、その中で自らの意志を貫いたロザリンドの芯の強さを感じさせるキリッとした表情が印象的。また、時代設定が1951~1953年のイギリスということで、メイクやヘアスタイル、ワンピースは当時のイギリス風。素敵です!

3.jpg▲真剣に写真をチェックする板谷さん。偶然、カメラマンさんと久しぶりの再会だったそうで、撮影の合間には笑顔でおしゃべりする姿も!

4.jpg▲少女のような表情をリクエストされ、ふっと雰囲気が変わった板谷さん。研究に没頭するロザリンドにとって、このX線回析写真"フォトグラフ51"を見ているときが、ある意味一番純粋な気持ちでいられる瞬間だったのかもしれないですね。

5.jpg▲ひとつ前の写真で板谷さんが手に持っているのはこの"フォトグラフ51"。いくつか予備が用意されていたので、板谷さんは「これ、持って帰ってもいい? 役作りの材料にする」とお持ち帰りされていました!


続きましては......神尾佑さん!

6.jpg▲ロザリンドの同僚で研究パートナーのモーリス・ウィルキンズ役の神尾佑さん。イギリス人科学者で、少々堅苦しい性格ですが、ロザリンドに好意も...?

7.jpg▲物語のキーパーソンでもあるウィルキンズ。威厳のある佇まいです。ロザリンドと対立しつつもいつも側にいる仕事のパートナー、という立ち位置を、空気感でスッと感じさせます。

8.jpg▲ウィルキンズがどんな人物かというところから、笑顔を見せていいのか、身振りはどうするかなどなど...カメラマンさんと共有しながら撮影を進めていきます。

9.jpg▲白衣を脱ぐとこちらのジャケット姿。かっこいい!! 白衣を脱いだときの姿で男性陣それぞれの社会的地位や性格がわかるのも面白いところでした。ポケットに手を入れたり、眼鏡を触ってみたり、ポージングが次々と出てくる神尾さんもさすがです!


そして前篇ラストは...矢崎広さん!
10.jpg▲ロザリンドの助手のレイ・ゴスリング役、矢崎広さん。博士課程の学生であり科学者でもある20代のイギリス人で、親しみやすいが少し不器用という役どころ。

11.jpg▲親しみやすい役柄に合わせ、先程の神尾さんとはまた違う、柔らかな表情をみせる矢崎さん。衣裳もカジュアル目ですね。秋冬のシーンが多い作品なので、温かそうなニットやツイード素材が目立ちました。撮影中は、カメラマンさんから「表情すてき!」という声が飛んでいましたよ!

12.jpg▲ゴスリングは博士課程の学生さん。なのでジャケット姿もラフだし、ヘアスタイルも爽やかで、どこか身近な雰囲気です。ストーリーテラー的な役割も担うため、もしかしたら観客に一番近い立ち位置かもしれません。

13.jpg▲写真をチェックする矢崎さん。今回は、内面にグッと寄った人間味のある写真や、外から見える姿をイメージした写真など、いくつかのパターンが撮影されていました。仕上がりが気になりますね!


というわけで、【前篇】はここまで!
宮崎秋人さん、橋本淳さん、中村亀鶴さんのレポートは【後篇】でお届けします。

『PHOTOGRAPH 51』は、2018年4月に東京・東京芸術劇場シアターウエスト、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。一般発売は2018年1月27日(土)から。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8838

前の記事「「ブロードウェイ クリスマス・ワンダーランド2017」応援サポーター、本田望結さん&「トリバゴ」美女、ナタリー・エモンズさん対談インタビュー、レポート!」へ

次の記事「ゴジゲン第14回公演「くれなずめ」③」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

レディ・ベス2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉