【独占インタビュー】『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』3月10日よりロードショー! エンジニア役、ジョン・ジョン・ブリオネスからのコメントが到着!

| トラックバック(0)

映画版『ミス・サイゴン』こと、『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』の公開が、来週に迫ってきました!

1989年の9月20日、ロンドン・ウエストエンドで幕を開け、世界中で愛され続ける、ミュージカル史に残る名作『ミス・サイゴン』。
ベトナム戦争末期のサイゴンを舞台に、ナイトクラブで働く少女・キムとアメリカ兵クリスの悲恋を中心に、戦争下で生きる人々の葛藤や苦しみ、愛が描かれる壮大なドラマですが、この映画はロンドン版25周年にあたる2014年9月、ロンドンのプリンス・エドワード・シアターで上演された25周年記念公演を、最新の映像技術で撮影、映画化したものです。

日本では1992年に初演。
日本版25周年の記念の年にこの映画版は公開されることとなります。


『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』は3月10日(金)より、
TOHOシネマズ 日劇にてロードーショー(全国順次公開)。
misssaigon_movie01.jpg

世界中のサイゴンファン垂涎のスペシャルな記念公演の映像を映画館の大スクリーンで観られる日が待ち遠しいところですが、そんな中、なんとエンジニア役を演じたジョン・ジョン・ブリオネスさんと、<25周年記念スペシャル・フィナーレ>に出演したオリジナル・キャストのレア・サロンガさんの独占インタビューが到着しました!

今回はジョン・ジョン・ブリオネスのインタビューをお届けします。

jonjon_saigon.jpg

ジョン・ジョン・ブリオネス(Jon Jon Briones)
フィリピン出身・1965年生まれ。1989年ロンドンのオリジナル版『ミス・サイゴン』で舞台デビュー(公称。詳細は下記インタビューに...)。ドイツ、アメリカ、アジア、そして故郷のフィリピンをツアーし、最後の年はウエストエンドでエンジニア役を演じた。エンジニア役以外ではブロードウェイミュージカル『Allegiance』(2015年11月~2016年2月)の開発にレア・サロンガ、ジョージ・タケイらとともに携わった。映画にも多数出演。


ちなみに日本版エンジニアのダイアモンド☆ユカイさんはジョン・ジョンさんを「リスペクトしてる」そうで、
「ジョン・ジョンを見たときに、これは新しい、何か今までのイメージを塗り替えるパワーと実力があり、"こんなこともやっちゃうの?"ということをやっていて、魅力がある。そこに勇気付けられました」
話していました。→


◆ ジョン・ジョン・ブリオネス インタビュー ◆


●『ミス・サイゴン』について、初演のエピソードなど

――1989年の初演版に出演、ロンドン・オリジナル・キャスト(アンサンブル)でしたが、初演の初日を迎える前、稽古場でのエピソードをお聞かせください。

「『ミス・サイゴン』のオリジナルの舞台が、僕の舞台デビューではなかったんだ。フィリピンで長い間舞台活動をしていたからね。26年前のことを思い出すのは難しいけれど、いつも覚えているのは、いろいろな街だけでなく、いろいろな国々の出身の役者たちで構成される舞台としては、あれが最初でないとしても、最初の舞台のひとつだったということだよ。僕ら役者たちそれぞれがユニークで異なるものをストーリーにもたらし、僕らはひとつの大きなファミリーになったんだ! でも、国籍が異なることで、時々、誤解を生むこともあり、特に僕はそうだったね。だって英語を勉強し始めたばかりだったから。例えば、ショーの後にパブでみんなで会話していて、僕の周りのキャストたちが早口で話していて笑い始めたら、僕も笑い始めるんだよ!彼らが何を話しているのかは全然わからないんだけどね。それで、彼らが、僕に「どう思う?」と聞いてきても、僕は何て言っていいかわからなくて、肩をすくめて、まるで考えているような表情をつくるんだ。(本当はわかっていないということが)ばれないように願いながらね。実際に彼らがどう思っていたかはわからないけれど」


――初日はどのような状況でしたか?

「オープニングナイトは魔法のようだったよ。劇場に着くまで、こんな大きな舞台だとは知らなかったんだ。劇場の前にはレッドカーペットを敷かれていて、外にはTVの取材陣がいて、衣裳台にはたくさんのプレゼントがおいてあって、クリスマスみたいだった。観客の中にはセレブもいたしね。そこで気付いたんだよ、僕は白人で満席になった劇場で演じるのは初めてだったって」


――その頃から、エンジニア役を演じてみたいと思っていましたか?

「考えたこともなければ夢にすら思ったこともないよ。23歳で初めて海外に出て、何百人といるフィリピン人の中から選ばれただけでうれしかった。与えられた役を演じることに精一杯でクビにならないことだけを考えていたよ」

――エンジニア役を演じることになったときのお気持ちをお聞かせください。

「1995年にドイツで初めてエンジニアの役を演じたけど、当時はまだ若くて何も考えていなかった。どう演じたいかを考えながらオーディション会場に行ったんだけど、その時はそれで十分で、ラッキーにも受かったんだ。今は年齢も重ね、初演当時やそれ以外の公演(アメリカ公演、アジア公演、ロンドン再公演、イギリス公演)で演じた時以上のものを見せられる自信があるよ。でも25周年記念に抜擢されたと知ったときは違ったんだ。朝起きてこの役のオファーメールを読んで、パソコンに向かって「やった!!」って叫んだのを覚えている。ロンドンにまた戻り、ジョナサン・プライスが作り上げた役を25周年記念公演で改めて役作りできることはこの上ない贈り物だよ」


――演じる回数を重ねることで、最初の頃と比べ役に対する認識は変わりましたか?

「まったく違うよ。年もとってその分人生経験も積んでいる。実生活でも今までと違う振る舞いをするのと同じさ。特に一度演じた役をもう一度やる時はそれまでに経験した新しいことや成長を反映させることができる。それが役に深みを与えるんだ」


――ロングランを重ねている作品です。何度も演じる中、マンネリにならないよう心がけていることはありますか?

「毎晩違うお客さまが見に来てくださっていると自分に言い聞かせているよ。少なくともひとりは初めて観劇するお客様がいる。お客様は一生懸命稼いだお金を払って、今まで体験したことがないようなものを求め劇場にいらっしゃるのだから」



●『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』について
misssaigon_movie03.jpg

――当日はどのようなお気持ちで臨まれましたか?

「(公演のある)夜が待ち遠しくて天にも昇るような気持ちだった。過去の出演者も同じ舞台に立つ、特別なステージになったよ」


――25年以上お客様に支持されているこの作品の魅力は何だとお考えですか?

「まず愛と困難に立ち向かう、普遍的な物語だということ。そして戦争は世界中で起こっていて、大勢の人生が絶え間なく変容している。話として読んだり、実際に体験したり、もしかしたら今なお渦中にいる人たちを知っているかもしれない。ベトナム戦争以来世界は大きく変わっているにもかかわらず、同じことを繰り返している。だからこそよりこういった作品が今、大事なんだと思う。僕たちは過去から何も学んでいないようだから、今一度光を当てるべきなのかもしれない」


――スペシャル・フィナーレでは、初演のエンジニアであるジョナサン・プライスと同じ舞台に立たれました。そのときのお気持ちをお聞かせください。

「誇らしかったよ。演劇学校に通ったことはないけれど、1989年のリハーサル初日から、彼からは多くのことを学んだ。ジョナサンは知らないだろうけど、見ているだけで僕にとっては先生みたいな存在だったんだ。ここまでの長い道のりとこれまでに達成したことは彼のおかげです。あの夜あのステージに共に立てたことはジョナサンへのトリビュートなんだ」


――ジョナサン・プライスと作品について、またはエンジニア役について、何かお話をされましたか?

「開演前に全員がこれまでの歴史と、この特別な公演で昔から愛してくださる常連客と、最近になって『ミス・サイゴン』を知った新しい観客の前で舞台に立つことが、いかに重みのあることかをスピーチしたんだ。あれは過去に演じた者と見たお客さんへ捧げるオマージュみたいな公演だったんだ」


――振り返ってみてあの日はどんな日でしたか?

「1日中忙しかったけれど興奮していたし、過去に出演した仲間も一緒にいて愛に満ち溢れていた時間だった。長く疲れる1日になっていたかもしれないけど、あの日はみんな昼も夜も走りぬくエネルギーがあったよ」


――その特別な公演が映画版になり、世界中の隅々まで『ミス・サイゴン』が届けられます。

「撮影も編集も出来あがりはとても気に入ってるよ。生の舞台を撮影してそれがどう大きなスクリーンに映し出されるか本当は気がかりだったんだ。でも見たら素晴らしかった」
misssaigon_movie05.jpg

――演劇が映画になるわけですが『ミス・サイゴン』の良さは伝わると思いますか?

「もちろんだよ。生で見る舞台の感動は味わえないけれど、客席からでは見えないところもアップで見られるからストーリーがより身近に感じられる。ふたつの違った楽しみ方があるのでぜひ皆さんには両方見ていただきたいね」


――日本での映画の公開は2017年ですが、ちょうど日本初演から25年目の年なんです。日本で映画の公開を楽しみにしているお客様にメッセージをお願いいたします。

「大きなスクリーンでショーを見に来てくださるみなさんを心待ちにしています。本作が好きで舞台が好きな人は、よりアップで身近に感じられるこのバージョンを楽しめると思います。まだ見たことがない人は絶対好きになるし舞台も見に行きたくなると思います」



●2017年ブロードウェイ公演について


――2017年は、ブロードウェイでも『ミス・サイゴン』が開幕します(リバイバル版)。ジョン・ジョンさんはロンドンに続いてブロードウェイ版にも出演が決まっていらっしゃいますが、抱負をお聞かせください。

「なるべく期待はしないようにしているんだ。やるべきことに専念して成功することだけを考えているよ。でもこれが僕のブロードウェイデビューだから思いっきり楽しんで1分1秒を楽しみたいと思ってるんだ」


――ウエストエンドでの公演とはどこか違いがあるのでしょうか?

「一番は観客の違いだね。アメリカの観客とヨーロッパの観客では、特に『ミス・サイゴン』みたいな題材は反応が違ってくる。それはショーにもパフォーマンスにも影響を与えるものだから、そういった意味では新しい体験になる」


――日本からも多くの人が観に行くと思います。舞台版『ミス・サイゴン』のお客様にメッセージをお願いします。

「大勢の日本のファンがブロードウェイに来てくれることを祈っています! ブロードウェイで『ミス・サイゴン』が上演されることを心待ちにしている他のファンと一緒に楽しめると思うよ」


(c)2016 CML



『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』日本版予告
(サイゴン陥落のシーンのカメラアングル、凄い臨場感ですよ!)



【関連リンク】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8628

前の記事「『ジャージー・ボーイズ』が2冠! 第24回読売演劇大賞 贈賞式が行われました」へ

次の記事「【独占インタビュー】『ミス・サイゴン:25周年記念公演 in ロンドン』3月10日よりロードショー! 初代キム役、レア・サロンガからのコメントが到着!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

RENT2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉