「Special Live 姿月あさと×マテ・カマラス×伊礼彼方 -Musical Songs and Pop Galore!-」開幕!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

【開幕レポート】


姿月あさと、マテ・カマラス、伊礼彼方の3人によるスペシャル・ライブ「姿月あさと×マテ・カマラス×伊礼彼方 -Musical Songs and Pop Galore!-」が9月13日、東京・草月ホールで開幕した。
SizukiMateIrei2016_01_7590.JPG

同日に行われた最終舞台稽古の模様を取材した。

▽ 姿月あさと
SizukiMateIrei2016_03_7726.JPG
▽ マテ・カマラス
SizukiMateIrei2016_04_7869.JPG
▽ 伊礼彼方
SizukiMateIrei2016_05_7738.JPG

宝塚歌劇団宙組の初代トップとして知られ、退団後もその力強い歌声でファンを魅了し続ける姿月、『エリザベート』のトートをウィーン、ハンガリー、日本の地で3ヵ国語で演じ、日本でも2007年の初来日以来、根強い人気を誇るマテ、ミュージカルからストレートプレイまで、挑戦的な作品に出演し続ける個性派俳優・伊礼。さまざまな大舞台をきらびやかに彩ってきた3人である。幕開け早々、当然のようにおなじみの王道ミュージカル・ソングのメドレーが続き、華やかな歌声で魅了する。玉野和紀演出ならではか、ダンスも盛りだくさんでショーアップされたシーンだ。だが、そこで終わらないのがこの個性派3人ならでは。日本人なら誰しもが知っているであろう、少し懐かしめのJ-POPが続けざまに歌われ、独特な世界に観客をいざなう。中でも意外な選曲を日本語で歌うマテの姿が新鮮かつユニークだ。
SizukiMateIrei2016_07_8003.JPG
MCでもゆるいのか自由なのか、仲が良すぎるのかわからない独特の間合いで客席を笑わせる。だがもちろん、締めるところはキッチリと。後半は彼ら全員に縁のある名作『エリザベート』の楽曲や、人気のウィーン産ミュージカルのナンバー、フランク・ワイルドホーン作品やフレンチ・ミュージカルのナンバーを、ソロで、またはデュエットで、3人で......と多彩に魅せていく。笑って脱力して、そして集中してじっくり歌声を堪能する、ギュッと凝縮された濃厚なショー。このステージを見れば、3人を、ミュージカルを、そして音楽を改めて好きになるに違いない。

公演は9月15日(木)まで同劇場にて。その後、9月28日(水)に兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホールで開催される。チケットは発売中。



▽ この3人、トークも魅力です。ひと言で言えば...フリーダム!?
SizukiMateIrei2016_10_7650.JPG

▽ マテさん・伊礼さんもこの笑顔!
SizukiMateIrei2016_11_7654.JPG
SizukiMateIrei2016_12_7651.JPG
▽ マテさん・伊礼さんは、宣言していた(!?)あの歌も...!ハモリも美しくキマってました!!
SizukiMateIrei2016_13_7702.JPG

▽ 3人の新たな挑戦、楽器演奏も。
SizukiMateIrei2016_15_7787.JPG

▽ やっぱりこの人のこの歌を聴きたかった!というナンバーから、この人がこの歌を!? という意外なセレクトまでお楽しみに。
SizukiMateIrei2016_17_7794.JPG
SizukiMateIrei2016_18_7674.JPGSizukiMateIrei2016_19_7679.JPG
▽ 姿月さんとマテさんによる、大人っぽいムード満点のデュエットです。この写真から何のナンバーかわかる方は、ミュージカル通だと思います!さて何でしょう。
SizukiMateIrei2016_20_7894.JPG

▽ ミュージカルソングながら、マテさんと伊礼さんでこのナンバーは少し意外!? な選曲を、さらに意外なアプローチで...。
SizukiMateIrei2016_21_7931.JPG
SizukiMateIrei2016_22_7973.JPGSizukiMateIrei2016_23_7827.JPG
おなかいっぱい、大満足な時間を過ごせること請け合いです!
公演期間が短いので、お見逃しなく。


取材・文・撮影:平野祥恵(ぴあ)


【バックナンバー】

【公演情報】
9月13日(火)~15日(木) 草月ホール(東京)
9月28日(水) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール


チケット情報はこちら




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8477

前の記事「浦井健治ソロコンサート『Wonderland』#1 密着取材、スタートします!」へ

次の記事「歌って踊って芝居して!? 七変化のライブ『The Beginning 2』 凰稀かなめにインタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉