シブヤ大学『ニューヨーク・シティ・バレエがやってくる』レポート2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


踊りも音楽も美術もホンモノを楽しめる「ニューヨーク・シティ・バレエ」

シブヤ大学で行われた「ニューヨーク・シティ・バレエがやってくる!」公開講座から学んだ、NYCBを楽しむポイントのレポート第2弾です。
★第1弾はこちらから

main_v_mini.jpg

ここにも注目!これぞホンモノ

 

鍛えられた身体を強調するタイツ!

白馬の王子様のマストアイテム、白タイツ。男性バレエダンサーも着用しているのをよく見ますが、なぜタイツなんだろう・・・って思ったこと、ありませんか?

 

その疑問の答えは、"タイツになることでおしりのラインがはっきりとわかり、動きが良く見える"と守山さん。

 

できるだけ足が長く見えるように、股関節から足を切り離す様なイメージで動かし、ももの内側からつま先までのラインを見せるそう。

そのラインを隠すズボンはやはり邪魔になってしまいます。

どうしたら美しく見えるか、を徹底的に追求した衣装なんですね。

 

ニューヨーク・シティ・バレエでは、シンプルなレオタードで上演される演目も多くあります。

A1.jpg                           フォー・テンパラメンツより


A2.jpg                           フォー・テンパラメンツより


A3.jpg
                           シンフォニー・イン・Cより


鍛えあげられた身体の美を堪能できます。


さすがNY発!美しくおしゃれな衣装、美術

衣装はレオタードやタイツだけではありません。

美しさを求めるのは身体や動きだけではなく、衣装や美術も。 

(公式facebookからの情報ですが、今年の秋シーズンは3作品において今流行のファッションデザイナーとコラボレーションするそうです。最先端のアートとしても注目ですね。)

 

見てください、この衣装。とっても美しくため息が出ます・・・。

ダンサーはまさに妖精のよう。

B1.jpg

                           セレナーデより

B2.jpg                            セレナーデより


ロゴのグラデーションにもこだわるオシャレなNY発のバレエ団ですから。その洗練された美に刺激を受けることは間違いないでしょう。


最後に、オーチャードホール芸術監督 熊川哲也さんのコメントをご紹介。

-------------------------------------------------------

バランシン作品は、世界各国に散りばめられているレパートリーのようでいて、実はその真髄を表現できるカンパニーは稀である。NYCBを観る最大の意義がそこにある。何せ彼らはこの偉大な振付家の名作を脈々と継承し、その表現を身体に染み込ませるべく日夜鍛錬を重ねている無二の集団なのだから。バランシン の天才を象徴する作品を一つ挙げるとすれば、まず「セレナーデ」が思い浮かぶ。すべての動きは音符そのもの、チャイコフスキーと全く対等に彼の振付は存在 する。嫉妬すら覚えるほどの天才だ。一度見たら忘れられない、まさに金字塔と言うべき名品である。

-------------------------------------------------------



日本初上陸となる「白鳥の湖~バランシン版<1幕バージョン>」の映像もどうぞ



ああ、美しい・・・
芸術の秋にぴったりの「ニューヨーク・シティ・バレエ」をお見逃しなく!



<公演概要>

【プログラムA】 「セレナーデ」、「シンフォニー・イン・スリー・ムーヴメンツ」、「タランテラ」、「ウエスト・サイド・ストーリー組曲」

【プログラムB】 「白鳥の湖~バランシン版<1幕バージョン>」※日本初演、「フォー・テンパラメンツ」 「シンフォニー・イン・C」 


■東京公演
【公演日時】
 2013年10月21日(月) 19:00開演 プログラムA
 2013年10月22日(火) 19:00開演 プログラムB
 2013年10月23日(水) 14:00開演 プログラムA
 2013年10月23日(水) 19:00開演 プログラムB
【会場】 Bunkamura オーチャードホール

■大阪公演
【公演日時】
 2013年10月26日(土) 18:00開演 プログラムA
 2013年10月27日(日) 18:00開演 プログラムB
【会場】 フェスティバルホール



チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7336

前の記事「シブヤ大学『ニューヨーク・シティ・バレエがやってくる』レポート1」へ

次の記事「内野聖陽、音尾琢真の兄弟対決が見どころの「TRUE WEST ~本物の西部~」 東京公演で大盛況だった一夜限りのスペシャルイベント「Dark Night in Osaka」の開催が決定!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ