ミュージカル『アナスタシア』ブロードウェイクラスのもの、もしくはそれ以上のものが出来るかもしれません。

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

2020年3月、4月に東京と大阪で上演されるミュージカル『アナスタシア』。

今回は、2017年に開幕したブロードウェイ版から参加されている、オリジナル振付家のペギー・ヒッキーさんにお話を聞きました。

083げきぴあ.jpg

ペギーさんはブロードウェイの『紳士のための愛と殺人の手引き』や、リンカーン・センターの『マイ・フェア・レディ』なども手がけられており、現在は本作の稽古のため、アメリカから来日されています。


――世界各国で上演を重ねる『アナスタシア』が、ついに日本初演を迎えます。まず日本での上演が決定した時の心境を聞かせてください。
「とても興奮しましたし、楽しみにしていました! 実は私、もう何年も前のことですけれど、日本に住んでいたことがあるんです。那須塩原でダンサーの仕事をしていて。当時から日本のことは大好きでしたし、帰国してしまうのがとても寂しかったくらい。そして今、この『アナスタシア』で30年ぶりに日本に帰って来ることが出来て、とても嬉しいです」
――本稽古開始から約1週間とのことですが、その手応え、感触のほどはいかがですか?
「とても順調です。すでに1幕の振付は終わって、明日にはもう1幕を通す予定です。日本のキャストは皆さん、才能豊かな、気持ちのいい方ばかりですから。美しい主演のおふたり、(葵)わかなさんも(木下)晴香さんも本当に素晴らしいですし、ディミトリ(=海宝直人、相葉裕樹、内海啓貴)は素敵で、ヴラド(=大澄賢也、石川禅)はもう言わずもがな、ね(笑)」

069げきぴあ.jpg

――本作の振付を一からつくり上げられたペギーさんですが、その中で特に大事にされてきたのはどんなことですか?

「ダンスを通して物語を伝える、ということを一番大事にしてきました。この作品はまずロシアから始まり、ロマノフ家の宮廷の人々が登場します。そこで年配の方々は当時のロシアの踊りをしますが、若い人たちはワルツを踊ります。さらに2幕に入って舞台がパリに移ると、ダンスもジャジーなものに変化し、さらに後半にはロシアの伝統的なバレエである、『白鳥の湖』を踊るシーンもあります。そのためダンサーたちはそれぞれの時代に合った、さまざまなスタイルのダンスを踊れるようにならなければいけません。それは非常に大変なことだと思います」
――日本のダンサー陣にとっても、かつてない高い壁になりそうですね。
「いや、そこはぜひ楽しみにしていただきたいと思います。皆さん本当に素晴らしいですから! 特にバレエは、これまで世界各国で上演してきた『アナスタシア』ですが、私は今回がベストだと思っています。バレリーナの(渡久地)真理子さんは、まるで浮くように、流れるように動きます。私は彼女が踊るのを見るだけで泣きそうになるくらいです。さらに彼女のパートナー役のTAKKさん(=大柴拓磨)も素晴らしい、たくましいダンサーですし、(西岡)憲吾さんはまるでガゼルのように跳びます(笑)。本当に信じられないくらい高く跳ねるんですよ! だから私は今、とてもハッピーです!この口ぶりからも伝わっていると思いますけど(笑)。Yeah!」

067げきぴあ.jpg

――ミュージカル作品で、それほど本格的なバレエを観られる機会もそうありませんね。
「あのレベルのものがミュージカルで観られるというのは、きっと観客の皆さんも驚かれると思います。それはブロードウェイでもそうでしたから」

――本国のクリエイティブスタッフに、日本のキャスト、スタッフが加わったことで、またどんな新しい『アナスタシア』が生まれていきそうですか?

「とても強固なチームが組めていると思います。だからブロードウェイクラスのもの、もしくはそれ以上のものが出来るかもしれません。美術、映像、衣裳、照明、すべて完璧ですし、またキャストのことを私たちは"ユニコーン"と呼ぶんですよ。なぜなら彼ら、彼女らのやることは、まるで魔法のようですから。あんなに踊れて、歌って、さらには芝居まで出来るなんて。本当に素晴らしいと思います」

070げきぴあ.jpg

――この美しく、感動的な舞台は、日本のお客さまにもさまざまなものを届けてくれそうですね。
「ええ。『Home Love Family』という歌詞もあるように、この作品は自分の家族、そして愛を見つける旅のお話です。きっと誰もが共感出来るものであり、そしてお客さまも一緒に家族を見つけたような気分になるのではないかと思います。どこか知っている場所に戻って来たような懐かしさを感じてもらえたら...。カラフルで、ユーモアもあり、とても心のこもった、どんな世代の方にも楽しんでいただけるミュージカルです。ぜひ劇場に足を運んでいただけたらと思います」

取材・文:野上瑠美子

撮影:源賀津己

 

**************************

ana_sendenげきぴあ.jpg

【公演情報】
3月1日(日)~28日(土) 東急シアターオーブ(東京)
4月6日(月)~18日(土) 梅田芸術劇場メインホール(大阪)

【東京公演】
■スペシャルカーテンコール
日本初演開幕記念スペシャルカーテンコールを行います!
対象公演
3/1(日) 17:30
3/2(月) 18:15
3/3(火) 18:15

■終演後アフタートークショー
対象公演
・3/5(木) 13:30 葵わかな×木下晴香
・3/6(金) 13:30 木下晴香×海宝直人×石川禅
・3/9(月) 13:30 宝塚トーク(麻実れい×朝海ひかる)
・3/19(木) 13:30 葵わかな×相葉裕樹×大澄賢也

【大阪公演】
■ウィークデーナイトキャンペーン
対象公演
4/6(月)18:00 大阪公演初日カーテンコール
4/8(水)18:00 ご来場者全員プレゼント
4/15(水)18:00 ご来場者全員プレゼント
4/17(金)18:00 スペシャル抽選会

■終演後アフタートークショー
対象公演
・4/8(水) 18:00 大澄賢也×朝海ひかる
・4/15(水) 18:00 相葉裕樹×内海啓貴×石川禅

※登壇者は急遽変更になる場合もございます。予めご了承ください。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9469

前の記事「【おお振り #03】再演&新作2本立て『おお振り』、西銘駿らダンス&立ち稽古に奮闘」へ

次の記事「美女群で贈る、女歌舞伎「新雪之丞変化」メインキャストインタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉