KERA CROSS第二弾『グッドバイ』 藤木直人、ソニン、真飛聖、小松和重、生瀬勝久の満面の笑み! ビジュアル第一弾 公開!

| トラックバック(0)

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(KERA)の名作戯曲を、才気溢れる演出家たちが新たに創り上げるシリーズ「KERA CROSS」の第二弾として、生瀬勝久演出、出演に、藤木直人、ソニン、真飛聖、小松和重、生瀬勝久 他という華やかな顔ぶれでの上演が発表され、すでに話題となっている舞台『グッドバイ

舞台『グッドバイ』は、太宰治の未完の遺作小説『グッド•バイ』をベースに、KERAが新たにドラマを創り上げ、2015年に初演。第23回読売演劇大賞 最優秀作品賞、優秀演出家賞(KERA)、最優秀女優賞(小池栄子)を受賞し、更に平成27年度芸術選奨 文部科学大臣賞(KERA)を受賞するなど、大きな反響を呼んだ傑作。その戯曲を、2020年1月、生瀬勝久が演出し全く新たな形で上演する。

妻子を田舎に残し、東京で10人もの愛人を作り雑誌編集者として生活する不埒な男・田島周二と、彼を取り巻く女たち、妻、そしてひょんなことから田島と知り合う怪力で大食いの美女・キヌ子、など周囲の人々を巻き込みながら珍騒動が展開される。

今回、新たに公開されたビジュアルでは、藤木扮する田島、ソニン演ずるキヌ子、生瀬演ずる連行、そして真飛聖、小松和重の5名が笑みをこちらに向けている。

good bye visual vol.1.jpg▲今回発表されたビジュアル

KERAの作品史上初のロマンティック・コメディであり、"恋愛狂騒劇"(スクリューボール・コメディ)と銘打たれた、この作品の世界観が垣間見えるような満面の笑顔だ。

KERA CROSS第二弾『グッドバイ』は、2020年1月11日より、かめありリリオホールを皮切りに、2 月にシアタークリエ他、全国各地で公演。 

詳細は「KERA CROSS」オフィシャルサイト(https://www.keracross.com)で順次公開。

<公演詳細>

KERA CROSS 第二弾『グッドバイ』

原作:太宰 治(「グッド・バイ」)

脚本:ケラリーノ・サンドロヴィッチ

演出:生瀬勝久

出演:

藤木直人 ソニン 真飛聖 朴璐美 長井短 能條愛未 田中真琴 MIO YAE

入野自由 小松和重 生瀬勝久

●2020年1月11日(土)~13日(月・祝) かめありリリオホール 

●2020年2 月4(火)〜16日(日)シアタークリエ 

チケット料金=10,000円(全席指定・税込)

チケット一般発売=2019年11月16日(土)

●各地公演(2020年)
【山形公演】1月16日(木) 山形市民会館
【新潟公演】1月18日(土) 長岡市立劇場
【広島公演】1月21日(火) JMSアステールプラザ 大ホール
【大阪公演】1月23日(木)〜26日(日)梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

【香川公演】1月28日(火) レクザムホール(香川県県民ホール)小ホール
【愛知公演】1月30日(木)〜31日(金)日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
【福島公演】2月2日(日) パルセいいざか

企画・製作=東宝  キューブ

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9371

前の記事「「ヴァンパイアものに、ちょっと憧れていました」――『ダンス オブ ヴァンパイア』サラ役 桜井玲香インタビュー」へ

次の記事「バラバラの個性が放つ存在感によって作り上げられる現代の「どん底」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ