『ビッグ・フィッシュ』2019 #4 稽古場レポートPart2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■『ビッグ・フィッシュ』2019 vol.4■


ティム・バートンの傑作映画をもとにしたミュージカル『ビッグ・フィッシュ』
多くの人々に愛された感動作が今年、ふたたびやってきます!

父と息子の和解、家族の愛という普遍的なテーマを、ティム・バートン監督らしいファンタジックな世界観の中で描いていく物語。

10月上旬、時系列としては公開稽古が行われた10月16日より前の稽古場の模様をお届けするレポート、後半です!
稽古場にいるキャストは、川平慈英さん、浦井健治さん、霧矢大夢さん、夢咲ねねさんという2組の夫婦
BF4-01_3359.JPG

前回のレポートから少し場面は進み、2幕。
とはいえ、こちらも「現在」のシーンです。

場所はベッドルーム。
エドワード(川平さん)の病は、ちょっとばかり深刻なようです。

ベッドで西部劇を見ているエドワード。
それを見て「あなた大好きよね、西部劇」と言うサンドラ(霧矢さん)
その言い方が、愛情があって良いんです~!BF4-91_3298.JPG
 

そこにやってくるウィル(浦井さん)。手にはフォルダを持っています。
「なぜ(エドワードが生まれ育った)アシュトンのことは何も話さないのか」と、長年の疑問をぶつけます。さらには「僕も息子が産まれてくる、自分の息子が父親に対し疑問を持っていたら辛いと思う」とまで。
BF4-12_3342.JPG

エドワードはエドワードで、「息子が自分をなじる」と怒り、ウィルはまた、父との和解を諦めます。
ふたりの間には、冷たい川が流れている......相容れることができない......。

ウィルの登場の動線を変更している白井晃さん。
その前のシーンを受けて、「ヤングウィルが成長して浦井さんになったとわかるように」
演劇的な見せ方になっていました!
BF4-90_3287.JPG

 
初演では、父と息子の諍いは西部劇風の法廷シーンでしたが、今回はこの場面が新曲になっています。
『二人の間の川』、父と息子のお互いに対する憤りを歌う切ない内容ではありますが、男性ふたりのデュエットソングは迫力があってカッコいい!
《12 chairs version》でのひとつの大きな見せ場になること、間違いありません!!
BF4-14_3379.JPG


夫の憤りをなだめるジョセフィーン(夢咲さん)
BF4-15_3346.JPG

一方で親夫婦。
ショックを受けたエドワードがパニック状態になりますが、サンドラが優しくなだめます。
「私がついているから大丈夫」
BF4-91_3403.JPG

ここでサンドラが歌う『屋根はいらない』も名曲ですし、少しずつ死が近付いているエドワードの苦しさと深い夫婦愛が伝わってくる大・名シーンでもあります!
稽古場ですでに泣きそうに......。
BF4-22_3411.JPG

 
《12 chairs version》、"2組の夫婦" あり方、その対比(どっちも素敵)もくっきりと見えてきそうです。

連載まだ続きます~!

 
取材・文・撮影:平野祥恵

 
【公演情報】
11月1日(金)~28日(木) シアタークリエ(東京)
12月7日(土)・8日(日) 刈谷市総合文化センター 大ホール(愛知)
12月12日(木)~15日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9385

前の記事「観終わったあと語りたくなる"混乱系ミュージカル"!? ――『アンクル・トム』上口耕平&新納慎也インタビュー」へ

次の記事「テネシー・ウィリアムズの魂を体感できる最後のチャンス!? LAL STORY「さけび」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉