上田誠×本多力『ギョエー! 旧校舎の77不思議』は「たまに客席から悲鳴が上がる」

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

8月3日にプレビュー公演、8月9~12日に京都公演を終え、現在は東京公演中の、ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー! 旧校舎の77不思議」。

新作公演となる本作は、ヨーロッパ企画メンバーに加え、客演に若手の祷キララ、亀山一徳(ロロ)、金丸慎太郎、日下七海(安住の地)、そしてベテランの納谷真大(ELEVEN NINES)を招いた"オカルト青春コメディ"。

どのような公演になっているのか、共にヨーロッパ企画で、作・演出の上田誠さん、出演の本多力さんに話を聞いてきました!

NL1_9186.jpg

**

――栗東プレビュー公演と京都公演を終え、現在は東京公演中という時ですが、幕が開いてどのように感じていますか?

本多 総量がすごいです。(77不思議ということで)出てくる物の量もそうですし。なので、毎公演、みんないつも以上にくたくたになっています。でも本番中、客席から悲鳴が上がることもありますし、「怖い...」みたいな声も聞こえるんですよ。これは今まで舞台をやっていてあまりなかった体験なので、新鮮で楽しいです。

――そんなに怖いんですか!?

上田 「全く怖くない」と言う人もいるので、そう言っていいのかわからないですが、でも怖い瞬間はあると思いますよ。

本多 基本は面白いです。

上田 そう。自分らで言うのもなんですが、面白い9:怖い1、くらいですね。

――今回は、ヨーロッパ企画の皆さんが先生役で、客演の若い4人(祷キララ、金丸慎太郎、亀島一徳、日下七海)が生徒役で、納谷真大さんが教頭先生だとうかがいました。先生が多いですね。

上田 (笑)。よく気付かれましたね。担任、副担任、生徒指導...5人くらいで4人の生徒を見るという。

本多 「副担任」って久しぶりに聞いたもんな。

――(笑)。今回、どういうものをつくろうと思って「ギョエー!旧校舎の77不思議」をつくられたのですか?

上田 去年は20周年ということで、群像会話劇で、SFコメディで、仕掛け的なものもあって...という、自分たちがこれまでやってきたことの集大成をやれたので(「サマータイムマシン・ブルース」「サマータイムマシン・ワンスモア」の2作品を同時上演)、21年目は新しいところに無理矢理にでも踏み出さないとと思っていました。それで、学校を舞台にした77不思議の話は前々からやりたいことだったので、ちょっと自信はなかったけどやってみた、という感じです。

NL1_9193.jpg

――「新しいところ」というのは、どんなイメージですか?

上田 コメディにはなるのですが、今までの僕らにはない調味料を使うというか。今回で言うところの怖さだったり、ちょっとネガティブな感情だったり......

――これまであまりやってきてないもの、ということですね。

上田 そうです。ヨーロッパ企画といえば割と「安心して笑える」というイメージだったけど、もう少し味の幅を広げたい気持ちがあって。でも難しいですけどね。お客さんにたくさん来てほしい色気もありますし。だからこの公演はけっこうドキドキしたんですよ。ホラーでお客さんが来なかったらどうしようかなとか。でも新しいところへ、と思って。

――実際のお客さんの反応はどうですか?

上田 好意的に観てくださっていると思います。今回は、今話したことに加えて、これまで以上にアミューズメント的なものも意識したんですよ。例えば"お化け屋敷"って負の感情とか怖いものを扱っているけれども、全体としてはちゃんとアトラクションの面白さがあるじゃないですか。

――そうですね。

上田 この作品を観に来るときもそういう気持ちで来てもらえたらいいなと思って。演劇ってどうしても芸術作品を観に行くような心持ちになるんですけど、僕らはせっかくコメディでエンターテインメントをやっているので、身構えそのものをそういうふうにできたらいいなと思う。アミューズメントパークに行くような気持ちで劇場に来てもらうことがなにかできないかな、というような。そこはうまく受け入れてもらえるような感じがします。

――演じている本多さんはどのように感じていますか?

本多 ヨーロッパ企画ではあまりやったことのないテイストの芝居をしていると思います。熱さとか、パッションをぶつけ合うとか、エモーショナルなシーンがあるんですよ。

上田 今回、学園モノの要素があるので、先生と生徒がぶつかりあったり、先生同士でぶつかりあったりするので。

本多 今まであまり出したことのない感情を出しています。この作品は「オカルト青春コメディ」と言っているのですが、最初に言った物量の話じゃないですが、これも量が多い。オカルトの怖さもあるし、青春の生徒同士の恋愛、先生と生徒の対立、先生同士の対立もあるし。

上田 妊娠問題もあるし、いじめ問題もあるし。

――そんなに!

本多 もりだくさんですよ。

――全部解決できるのでしょうか?

上田 そこが"旧校舎"ならではのものになります。

NL1_9207.jpg

本多 77不思議をつくることに苦労した?

上田 そこはそんなに苦労しなかった。

本多 そうなんやね。

上田 それよりも今回は、20周年が終わって、みんなが一息つく感じになったら嫌だなと思っていて。それはキャストもスタッフも、お客さんもそうで。なので、「手を緩めずに77不思議をやりますよ!」っていうのが一番大きかったです。21年目を迎えた劇団を、今までの20年はなかったことのようにして「この劇からまた始めよう」というムードに持っていくことをすごく考えました。だから今まで以上に役者とも話したし。多くなかった?

本多 そうだった。

上田 スタッフさんとも密に話しました。今までは脚本・演出に追われて、その辺のことってなんとなく「めいめい」って感じだったんですけど。今回は77不思議をやらなきゃいけないからスタッフさんに負担をかけますし、「このセクションはうまくいってるかな」とか「役者セクションはどうかな」とか、そういうことに取り組みました。

――なにを思って、そこに取り組まれたのですか?

上田 今回の「先生と生徒」というのもそうなのですが、僕らってもともと同世代で始めた劇団で。今まで青年コメディをやり、中年コメディをやり、いつか老年コメディまでいけたらいいなというような気持ちでいたんです。でも、去年の「サマータイムマシン・ワンスモア」では、うちの事務所の藤谷理子さんという若い女優さんが出て、彼女にバトンを託すような場面をつくったりもして。

――今回の客演も、若い俳優さんが4人いらっしゃいますよね。

上田 そうですね。昔は同じ世代だけでつくっていたものが、今回は役者も19歳から50歳までいて、スタッフも映像スタッフもいれば音楽の青木慶則さんもいて。そういう人たちがヨーロッパ企画に集まるっていう、"層"が分厚くなっている状況になっている。これは初年度にはなかった"今"の面白いカタチだなと思うので。それを有機的に機能させたいというのはあります。だから今回劇層が大きいというか、「77不思議」と言ってかなり大風呂敷を広げているのですが、その風呂敷もちゃんと畳めた感じはしています。

――これからどんどんそうしていきたいっていうことでしょうか。

上田 そうですね。特に本公演を分厚くしていけたらいいなというのは最近思っていることです。

NL1_9181.jpg

――この作品は8月3日のプレビュー公演から始まって、10月5日の札幌公演まで続きますが、開幕から半月以上経って何か変化は感じていますか?

本多 これはこの公演に限らないことですが、台本をもらったときに「面白いな」と思ったことって、1か月稽古しているうちに忘れていくんですよ。でも幕が開くと、お客様がまた気付かせてくれるんです。

――ああ、そういうところから変化が生まれそうですね。

本多 そうですね。お客さんの反応でこちらも変わっていったりします。あとは、台詞を間違ったときに取り返そうとする人がいたり、体調がよくて声が大きい人がいたり、そういうさざ波でまた変わっていったりもしますし。その変化を日々楽しんでいます......あれ、なんかあまり内容なかったですね?

上田 これだけ喋って。

――(笑)。いや、ありましたよ。

上田 でもツアーも長いので、なるべくいろんな味が楽しめるように、演者も飽きないように、つくろうとはしています。だから今のところまだいろいろ発見がね、

本多 うん、発見はありますね。あともうひとつ、客演で来てくれている祷きららさんが今19歳で、舞台が2回目なんですよ。その成長ぶりはすごいです。それを本当に先生のような気持ちで見てます。

上田 あ、それ感じてた? 成長著しいね。

本多 うん。こっちは一切成長してないのに(笑)。

上田 こっちは日々の台詞を言えなくなるくらいなのに(笑)。

本多 本当にすごいですよ。まだ2回目ですから技術という意味ではつたない部分もあるかと思いますが、それを凌駕するなにかがある。ハッとさせられて初心にかえることもあります。それはすごく刺激になりますね。

NL1_9184.jpg

ヨーロッパ企画第39回公演「ギョエー! 旧校舎の77不思議」は8月25日(日)まで東京・本多劇場にて上演後、広島、福岡、名古屋、大阪、高知、愛媛、横浜、北海道を巡演。横浜公演は9月28日(土)に神奈川・関内ホールにて。

E39GyoeeRitto_0688.jpg

E39GyoeeRitto_0804.jpgE39GyoeeRitto_1051.jpg撮影:清水俊洋

取材・文:中川實穗

取材撮影:イシイノブミ

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9348

前の記事「ディズニー音楽とパフォーマンスが融合した『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』小島瑠璃子、武田真治が「贅沢な時間」と恍惚に」へ

次の記事「『君の輝く夜に』稽古場レポート【後編】/鈴木聡&佐山こうたインタビューあり!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉