ブルゾンちえみの初舞台『フローズン・ビーチ』の稽古場に潜入!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

ケラリーノ・サンドロヴィッチ(以下KERA)さんの代表作を、新演出&新キャストで上演するシリーズ企画「KERA CROSS」。その第1弾『フローズン・ビーチ』が間もなく開幕します。そこで都内某所にある稽古場にお邪魔しました。

第1弾のレポートに引き続き、第2場の稽古中。鈴木杏さん演じる千津、花乃まりあさん演じる愛、シルビア・グラブさん演じる咲恵のもと、市子役のブルゾンちえみさんが登場します。

IMG_5194.jpg

キャリアウーマンネタで大ブレイクしたブルゾンさんですが、俳優として舞台に立つのはこれが初。ただ舞台を観ることは今までも大好きだったそうで、これが念願の初舞台となります。

IMG_5326.jpg

演じる市子は千津の親友であり、言動に突飛なところもある人物で、非常に難しい役どころですが、ブルゾンさんはお笑いタレントさんとはいえ、笑いに寄せていくようなことはしません。とにかく役に、作品に真摯に取り組んでおり、それでいて市子が持つ違和感のようなものもじんわりと滲ませます。

IMG_5220.jpg

演出は鈴木裕美さん。俳優さんへの熱のこもった指示だしの様子を見ると、多くの俳優さんから信頼を寄せられているのも、なるほど納得です。

IMG_5456.jpg

裕美さんの演出にはよく例えが登場します。「あごめんなさい!」という千津のセリフに対しては、「"冷蔵庫の野菜ジュース飲んじゃった!"くらいのノリで」など、身近な事柄から、誰にとってもイメージしやすい、絶妙な言葉を選んで俳優さんを導いていきます。

IMG_5334.jpg

また「これどういうことなんだろうね?」など、わからない点に関しては俳優さんに問いかけつつ、一緒に正解を見つけようとディスカッションを重ねていきます。KERAさんの戯曲は理屈ではない部分も多く、答えを出しづらいところもあるようですが、「これがKERAさんのミソなんだと思う」といった言葉も聞かれ、この難題を全員で少しずつ切り崩していく様子も見られました。

ちなみにこれ、どのシーンかわかる人は相当なナイロン100℃好き。

IMG_5360.jpg

このように裕美さんは演出家席でじっとしていることなく、自らどんどん動きながら作品を構築していきます。またこれは完全に余談ですが、裕美さんが俳優さんに向かって話している時、突如裕美さんのSiriが反応、「トカゲの~」と話し始めました。もちろん稽古場全員が爆笑。どうやら裕美さんの「人影」という言葉を拾ったようで、こんなミラクルな笑いが起きるのも、裕美さんのキャラクターゆえではないでしょうか。

もちろんそんな風通しのいい稽古場は、どんどん作品を進化、そして深化させていくのです。

IMG_5451.jpg

第2弾はここまで。第3弾では、双子の姉妹・愛と萌を演じる花乃さんに注目してレポートします!

取材・文:野上瑠美子

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9321

前の記事「KERAの代表作『フローズン・ビーチ』が鈴木裕美による新演出&新キャストで蘇る!」へ

次の記事「『Like A』room[003]辻 凌志朗×SHUN×中谷優心×髙﨑俊吾 座談会「まだいける!」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉