柄本時生と篠山輝信が14歳の少年に!『チック』稽古場レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

 
2017年の初演が幅広い層に支持され、演出の小山ゆうな第25回読売演劇大賞の優秀演出家賞を受賞するなど高い評価を受けた『チック』が東京・シアタートラムで再演される。

 

tschick-0509_pages-to-jpg-0001.jpg

 

6月中旬、ちょうど立ち稽古が始まったばかりの、柄本時生篠山輝信土井ケイト那須佐代子大鷹明良の全キャストが揃った稽古場をのぞかせてもらい、小山に話を聞いた。

原作はドイツ人作家ヴォルフガング・ヘルンドルフのベストセラー児童小説。
14歳のサエない少年・マイクとロシア移民の転校生・チックが無断で借りた車で旅をし、様々な人たちと出会い、成長していくさまを描く。
本国ドイツをはじめ、世界中で出版された人気作となり、続く舞台化は各地で大成功を収めた。2016年には映画化もされ、翌年日本でも公開された(邦題:『50年後のボクたちは』)。

  

DSC_6187(調整済).jpg篠山輝信、柄本時生

 

この舞台の特徴は大きく2つある。

ひとつは、やや傾いた四角い、動く"盆"の上とその周囲で俳優たちが芝居を展開し、その盆を俳優たちが自らのシーンに合わせて回すという点。

そしてもうひとつは、篠山が演じるマイク柄本が演じるチック以外の登場人物――マイクの親、マイクが想いを寄せるクラスメイト、旅の途中で出会う一家やゴミ山で暮らす少女・イザ、チックとマイクの車に突然銃撃をしかけるフリッケじいさんらを全員、土井大鷹那須の3人が演じ分けるという点である。

この日、最初に稽古が行われたのは、旅の途中でマイクとチックが出会う優しくエコな一家とのシーン

 

DSC_6100(調整済).jpg柄本時生

 

DSC_6111(調整済).jpg

 

小さな少年・フリーデマン大鷹が、少女・エリザベート土井2人の母那須が演じており、お腹を空かしたマイクとチックに2人が食べたこともないようなおいしいランチとデザートをご馳走してくれる。

 

DSC_6129(調整済).jpg大鷹明良

 

DSC_6119(調整済).jpg篠山輝信

 

稽古は基本的に、初演時の動きや約束事を確認しながら進んでいくが、決して初演の動きにとらわれることなく、常に俳優たちからセリフの言い回しや動きについて提案が出され、小山を交えてディスカッションしながら作られていく。
特に那須は、今回の再演からの出演となるが、前回の経験がないがゆえに、自由に新たな発想で作品に関わっているのが見て取れ、"母"としてこのシーンを中心になって回していく。

 

DSC_6125(調整済).jpg那須佐代子

 

もちろん、続投のキャスト陣も負けてはいない。
は同じシーンでも、常にやることを変え、あちこちを歩いたり、座ったりと変幻自在だ。盆の上やその周辺を動き回り、キャストたちから驚かれつつ、稽古場に笑い声が響く。

篠山が演じるマイクは、彼が見たこと、感じたことを常に観客に語りかける狂言回しの役回りを担っており、セリフ量が膨大だ。
再演とはいえ既にこの凄まじい量のセリフがすっかり入っているよう。自由気ままな"相棒" 柄本の動きをガッチリと受け止める。

 

DSC_6150(調整済).jpg篠山輝信

 

DSC_6195(調整済).jpg柄本時生

 

大鷹は、息子や家族に無関心で怒りっぽい父として物語の最初に登場し、決して好印象と言えないイメージで振る舞うのだが、このシーンでは三輪車に乗った小さな少年・フリーデマンを演じている。
子どもらしい素直なセリフが、逆に皮肉っぽさを伴って響き、観る者の笑いを誘う。

続いてのシーンは、チックとマイクが車にガソリンを入れるためにパーキングエリアに行き、さらにガソリンを移すホースを求めてゴミ山へと赴むく。そこで同い年くらいの不思議な少女・イザに出会うのだが、ここで、柄本篠山を向こうに回し、存在感を見せたのがイザを演じる土井

 

DSC_6156(調整済).jpg土井ケイト

 

DSC_6228(調整済).jpg篠山輝信

 

2人に興味を持ち、粗野な言動を見せつつも徐々に距離を縮めていくのだが、獣のような敏捷かつ力強い疾走を披露したかと思えば、男勝りの口調と低い声を心地よく響かせる

 

DSC_6241(調整済).jpg土井ケイト

 

ここでも、柄本演じるチックが、彼女を挑発するかのように激しい動きとセリフで見せる。
一歩も引かない2人の応酬は見ていて快感! 
ゴミ山に暮らす、薄汚れた、魅力的なヒロイン像が少しずつ浮かび上がってくる。

 

DSC_6213(調整済).jpg柄本時生

 

なお、このイザを主人公にしたリーディング劇『イザ ぼくの運命のひと / PICTURES OF YOUR TRUE LOVE』が、『チック』の公演期間中の7月20日(土)、21日(日)に開催され、こちらでも土井がイザを演じる。
小山によると、『チック』を執筆し、その3年後に亡くなった原作者のヘルンドルフが「ずっと好きだった女性をモデルにしたキャラクターがイザ」とのこと。彼の遺作となったリーディング劇でのイザの要素も加えつつ、初演とはまた違った、イザ像が出来上がりつつあるという。

 

DSC_6218(調整済).jpg演出・小山ゆうな

 

小山は再演となる本作について「ベースは前回と同じ形ですが、より深くそれぞれの人物像、関係性を掘り下げたい」と語る。

この日の稽古で登場した一家やイザをはじめ、2人が旅の途中で出会う人々は、社会の常識からはやや外れていたり、奇妙な一面を持ちつつも、マイクや移民であるチックを決して排除しようとはせず、優しく受け止める。
トランプ政権の誕生をはじめ、移民やマイノリティに対し、"排除の論理"で接しようとする世の流れがクローズアップされる中、2年前の初演時以上に、マイクとチックが出会う人々の"優しさ"が際立つ。

 

DSC_6206(調整済).jpg柄本時生、篠山輝信

 

ただし、小山は本作に登場する全ての人々の描き方について「ひとりの人間が、視点次第で良い人にも、悪い人にも見えるのではないか?」と指摘する。
そこで、マイクとチック以外の人物を同じ俳優が演じ分けるという、この作品ならではの特徴が活きてくることになる。

「例えば、この芝居では描かれない原作のエピソードなんですが、宅地開発業者だったマイクの父が破産したのは、開発しようとしていた土地で希少な虫や蛙が見つかったため、開発が中止に追い込まれたからなんです。だからマイクの父はエコを毛嫌いして自然を守る運動をする人達を"エコファシスト"と呼んで嫌う。でも実際、マイクはエコな家族と接してみたら、彼らはすごく良い人たちで、そのギャップに驚くわけです。それと同じで、マイクの父親もすごく悪者のように描かれているけどきっと彼にもそうなった原因があるし、完全な悪人というわけではないのかもしれない。マイクの父親を織りなすいろんな要素が、彼が途中で出逢うおじいさんや、電話で偶然、話をする相手(※いずれも大鷹が演じている)を通して見えたらいいなと思っています」。

 

クルクルと回る四角い舞台、その上を歩き続け、様々な役回りを演じていく俳優たち。彼らの姿を通じ、人間の美しさが見えてくる芝居になりそうだ。

 

取材・文:黒豆直樹

 

 

■公演概要

開催期間:2019年7月13日(土)~28日(日)

会場:シアタートラム

※手話付公演あり

  

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9319

前の記事「元宝塚歌劇団のトップスターがまさかの婚活!?」へ

次の記事「KERAの代表作『フローズン・ビーチ』が鈴木裕美による新演出&新キャストで蘇る!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉