【海宝直人】こだわりあるソロコンサートに意気込みを語る!日替りスペシャルゲストも出演決定!

| トラックバック(0)

海宝直人さん.JPG

数々の名作ミュージカルに主演し、今年1月にはメジャーデビューも果たした
"いま最も勢いにのっている"ミュージカル俳優・海宝直人
昨年大好評を博したBunkamuraオーチャードホールでのソロコンサートに続いて、8月10日・11日に「海宝直人 CONCERT 2019『I hope.』in TOKYO」を開催する。
コンサートでは自身で全ての選曲・台本制作も行い、構成にも趣向を凝らす海宝のインタビューが到着した。

さらに、公演それぞれのトークコーナーには、日替りのスペシャルゲストの出演が決定し、8月10日公演のスペシャルゲストには吉原光夫の出演が発表された。(8月11日公演のスペシャルゲストは未発表)

【アー写】吉原光夫さん.jpg

海宝直人の魅力が最大限に発揮されるのがソロコンサート。

今年8月のBunkamuraオーチャードホール公演でも、選曲や構成の制作を海宝本人が行うが、今回のテーマについて「初期のミュージカルから近年の新作まで、ミュージカルを彩ってきた名曲を聴いていただきながら、皆さんと一緒に旅をするようなコンサートにしたい」と語る。
日本で初めて上演されたブロードウェイミュージカル『マイ・フェア・レディ』から「君住む街で」や、『美女と野獣』の「愛せぬならば」、そして海宝が"大好きな作品"と絶賛する『ウィキッド』の「Defying Gravity」など、ファンも唸るラインナップに期待が高まる。

自身を"ミュージカルオタク"と称するほどのミュージカル好きである海宝。一方で、「ミュージカルって急に歌いだして、不自然じゃない?」というネガティブな意見にも理解を示し、「『レ・ミゼラブル』や『ウィキッド』など、素晴らしい作品にぜひ出会ってほしいです」と思いを語った。
特に抑揚のない言語である日本語で、どう自然に台詞から歌を語るように入っていくのか、いつも課題になるという。

また、昨年の12月に引き続き会場となるBunkamuraオーチャードホールについては、「クラシックも上演されているようなホールなので、よく響くんです。その中でどうやって自分の声をコントロールしていくか、また違うスイッチが必要だなと思いました。前回の経験を活かしながら、よりお客様に楽しんでもらえるコンサートにしたいです」と、言語の違いから会場の特性まで、綿密な分析を重ねているようだ。

今年1月に上演された『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』では、ディズニーミュージカルのオリジナルキャスト4名と共演。実際に本場NYで活躍するスターの歌声を、舞台袖で聴きながら泣いていたとか。「今はトライ・アンド・エラーの繰り返し」とさらなる高みを目指しているようだ。
「日本ではミュージカルをご覧になる方の中にも、意外とさまざまな垣根みたいなものがある場合もあると思うんです。今回のコンサートはみなさんが普段の生活の中で耳にされているような作品の楽曲など、垣根を越えてミュージカルの魅力を新たに感じてもらえるようなコンサートにできたらと思っています。僕が今まで歌ったことがない曲、それに歌以外のことにもチャレンジしようと今から準備しているので、楽しみにしていてください!」
昨年はロンドン・ウエストエンドでもデビューを果たし、再び海外の舞台に立つべく英会話の勉強も始めているという海宝。真摯に自身を見つめ、地道な研究・努力を重ねて、歌声の魅力は日ごとに増している。
常に変化し続ける彼の、「今」を楽しめるソロコンサートになるに違いない。

ãƒã‚±ãƒƒãƒˆæƒ…å ±ã¯ã“ã¡ã‚‰

■現在出演中のミュージカル『レ・ミゼラブル』について
――革命とコゼットへの思いの間で揺れる青年、マリウス役を演じて
2015年、2017年に続いて今回で3度目のマリウス役ですが、演出補がクリス(クリストファー・キー)に代わり、よりシンプルな(心の)旅路になったので、お客様にとっても寄り添いやすいキャラクターになったんじゃないかと思います。

――前回はパッションのあるマリウスでしたが、今回はコゼットとの恋に揺れている要素が強い?
そうですね。特に1幕はいつもコゼットのことが頭の中にあって、『民衆の歌』を学生たちが歌い始めるあたりもマリウスは迷いの中にいるんです。バリケードの場面では大事な仲間を失い、恋もうまくいかないことも含めて自暴自棄になっていたり。原作が描くマリウス像に近づいた気がします。自分の中には2015年、2017年、そして今回と3人のマリウスがいる。まったく違うキャラクターとして存在している感覚なんです。

――海宝さんにとって『レ・ミゼラブル』という作品は?
自分の中の大きな転機になりました。マリウスとしては今回が最後の出演かなと思いますが、改めてすごい作品だなと思いますね。新キャストが入り、様々な解釈が成立するけれど、それでいて絶対芯がぶれない作品力がある。だからこそ、多くの方に長く愛されているんでしょうね。

■今年1月リリースのディズニーアルバム『I wish. I want. ~NAOTO KAIHO sings Disney』について
――作曲家アラン・メンケン氏の名曲をご自身の歌声でアルバムにおさめられて。
ディズニーの楽曲でCDを出したいという思いがずっとあったので、その願いが叶ってこうして形になったことが嬉しいですね。特に冒頭の『アラジン・メドレー』はすごく思い入れがあるというか、今の自分の声のアラジンを残したいと思っていたので、ぜひ聴いていただきたいです。

――元々は女性が歌っている楽曲もありますが。
「カラー・オブ・ザ・ウィンド」(『ポカホンタス』より)や「サムデイ」(『ノートルダムの鐘』より)はどんなにやりたくても実際には演じることはできないので(笑)、「ぜひこの機会に」と思って。女性の曲って繊細で美しいものが多いから、僕は女性の曲を歌わせてもらうのが好きなんですよ。

――デビュー作である『美女と野獣』から、野獣のナンバー「愛せぬならば」をドラマチックに歌い上げていらっしゃいます。『美女と野獣』に出ていた頃のことは覚えている?
小学校1年から3年生まで、断片的に記憶がありますね。床山さんや衣裳さんに遊んでもらったことや、台詞を忘れて頭の中が真っ白になったこと。当時、御茶ノ水駅で乗り換えて劇場に通っていたんですが、御茶ノ水のコージーコーナーでカルボナーラを食べるのが好きでよく寄っていたとか(笑)。自分のデビュー作なので思い入れもありますし、いつか野獣役を演じてみたいですね。

*****

◆公演情報◆
8/10(土)18:00開演・8/11(日)13:00開演
会場:Bunkamuraオーチャードホール
出演:海宝直人
スペシャル・ゲスト(トーク・コーナーのみ)
8/10(土)吉原光夫
8/11(日)未発表

ãƒã‚±ãƒƒãƒˆæƒ…å ±ã¯ã“ã¡ã‚‰

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9315

前の記事「【SMOKE #4】『SMOKE』は深くて面白い――ふたりの〈海〉、藤岡正明&木内健人 ロングインタビュー」へ

次の記事「トップフラメンコダンサーSIROCOが語る奇跡の共演」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉