【前編】ツキステ。第7幕 輝山立×横尾瑠尉×佐藤友咲×三山凌輝スペシャル対談

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

1_039.jpg

2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージの第7作目となる、第7幕『CYBER-DIVE-CONNECTION』が12月5日から上演中です。アイドルユニットSix Gravity(シックスグラビティー)とProcellarum(プロセラルム)の12人がステージに揃う本作では、各ユニットの年少組を軸に物語が展開していきます。年少組4人を演じる、師走 駆 役の山 立さん、如月 恋 役の横尾瑠尉さん、水無月 涙 役の佐藤友咲さん、神無月 郁 役の三山凌輝さんに、公演の意気込みを伺いました。

年少組のかけあいで大事なのは、"意味のあるムダ"

――みなさんのお洋服が赤で統一されていて素敵ですね。今作はクリスマスがテーマになっていることもあって揃えられたんですか?

横尾 それが、揃えてないんですよ(笑)。
輝山 はい、まったく。事前に打ち合わせとかもなく本当に偶然です!

――そうなんですか!? てっきり4人で合わせていただいたのかと。

三山 偶然です(笑)。僕もメイクをしているときに「あっ!」って。お互い無意識に選んでたんでしょうね。
佐藤 ここ(横尾三山)が赤色、ここ(輝山佐藤)が赤チェックでいい具合にペアになっている感もあるしね。
輝山 
本当だ!
三山 
4人とも、自然と気持ちがクリスマスに寄っているのかもしれないです(笑)。
輝山 
みんな浮かれてるんです。
横尾 
浮かれてるな~(笑)。

――(笑)。今回の第7幕はみなさん演じる年少組がお当番回です。お稽古を進められていかがですか?

輝山 ひと通り動きがついたので、これからしっかりブラッシュアップしていかないと、と改めて気が引き締まる思いです。
佐藤 弁当にたとえると......弁当箱とごはんとおかずは用意できた状態で、これからどうやって盛り付けておいしくしていくか、ってところです。
横尾 まぁ、そうね(笑)。

――みなさんの"盛り付け方"にかかってくるわけですね。

佐藤 自分が全体のなかで今どこにいるか、どういう動きをするのかはついたので、あとはみんなと合わせて。かけあいでドラマが生まれるというか愛が生まれるというか...。何回も回数を重ねればいろんな発見ができて、そのぶん"愛妻弁当"になるんです。
一同 (笑)。
輝山 どうしても弁当にたとえたいんだ(笑)。でも本当に、まだ会話の芝居が深められていないので、そこは何回もやって積み上げていかないといけないなって。
横尾 『ツキステ。』はとくに会話劇が多いんです。より日常的な会話が多いからこそ、それをいかにセリフと感じさせないかが重要。そこともっと稽古で磨いていけたらなと思います。
三山 多くのお客様が、年少組のワチャワチャとしている様子も楽しみにしてくださっているかと思います。4人での会話もあるので、僕たちも楽しんで演じられたらと考えています。
横尾 凌輝がマジメにしゃべっていると笑っちゃう(笑)。
三山 えっ、何でですか!(笑) 僕だってマジメに話しますよ!
佐藤 19歳なんだから、もっとチャラチャラしていたほうがいいよ!
三山 えーっ!(笑)

――年少組のかけあいで意識されていることは?

佐藤 "意味のあるムダ"!
輝山 おぉ~! いいこと言うね!
佐藤 普通はセリフで何を伝えたいかが重要なので、会話のなかでムダな部分はカットしていくことが多いですが、『ツキステ。』に関してはそこが大事なので......。お客さんもそこを楽しみにしてくださっているからこそ、すべて意味のある結果にしたいんですよね......くそっ、うまく食べものに繋げられない!

1_017.jpg
一同 (大笑)。
佐藤 あっ、思い浮かびました! お弁当箱の醤油入れも、普通のものよりお魚のかたちをしたもののほうがおいしく感じられますよね。......そういうことです!(笑)。
横尾 (笑)。まぁ、テンポは大事だよね。
輝山 そうですね。
横尾 会話が長いので、正直「その会話、必要!?」って部分もあるんですよ。でも、そこをいかに自分たちが楽しく、お客さんにも楽しんでもらえるか。会話がグダグダしないように、テンポ感はすごく意識しています。
輝山 年少組のポジションって、明るくて楽しくて、突拍子のないことをしがち......というイメージが大きいですけど、今回はお当番回でもあるので。物語における会話の軸にもならないといけないんです。そうなったときに、どういう会話劇になるのか。これまでの『ツキステ。』ともまた違う感じになるんじゃないかなと思うので、そこも7幕の見どころですね。

1_010.jpg
三山 何度も合わせていくのは本当大事で......。タクシーに乗って4人で移動しているときも急にセリフを言いはじめて、そのまま1シーンかけあいしてたこともありましたよね。
佐藤 本当に急にね(笑)。
横尾 そのシーンのひと言目が僕のセリフなんです。場が静かになったのを見計らってセリフをポロッと言ったら、「お、繋がった」って(笑)。
佐藤 もう、阿吽の呼吸でしたね。
三山 急にはじまったから、タクシーの運転手さんも「え!?」ってビックリしてましたよ。
輝山 けっこういい大人たちが、「今日は楽しい鍋パーティー!」って言ってるんだもん、ビックリするよ(笑)。

輝山・横尾ペアは、流行をいち早くキャッチする存在

――三山さんは前回の第6幕から『ツキステ。』の参加でしたが、ここまでお話を聞いていて、もう年少組のチームワークができあがってるなと感じました。

佐藤 彼(三山)が周囲と壁を作らないタイプなのが大きいですね。カンパニーに溶け込むのは早かったです。
横尾 ショップの店員さんともすぐ仲良くなれるんですよ。
輝山 コミュ力が高いタイプですね。
佐藤 『ツキステ。』って原作のふじわらさんが、役者の技術面より、キャラの本質と近いかを見て選ぶんです。そういう意味では、郁らしい部分があって打ち解けやすかったのかもしれないです。
三山 「どうしたらみなさんと近づけるかな」といつも考えていましたが、キャストのみなさんがびっくりするくらいいい人だったことが大きいです。新しく加わる身でしたし、僕にとっては6幕が初舞台だったこともあって、「途中から入ってきた新入り」みたいに感じている人もいるんじゃないかと思っていたんです。でも、みなさん本当に温かく迎え入れてくれて。「安心して、みなさんといいものを作れるように努力するだけだ」って感じることができました。だから今回のお当番回もみなさんと楽しく出来ているはずです!


1_023.jpg
輝山 『ツキステ。』のキャストって本当に仲がいいんですよ。キャラクター同士も同じ寮で暮らしていて、一緒にいる時間も多い。だからこそ、普段の僕らの関係性も出やすいのかな。

――初演からのお三方も、新キャストを迎え入れる体制を整えていたということですね。

横尾 僕は人見知りなので、「新しく入るキャストが怖い人だったらどうしよう」って不安はありましたけどね。
三山 そうだったんですか!?
横尾 「(弥生)春さん役の人が怖かったらどうしよう......」みたいな。でも、前のキャストと新しいキャスト、それぞれなんだと素直に接しようと心がけていました。
三山 僕、はじめて瑠尉さんにお会いしたときに、「横尾瑠尉さんだ!」と思って挨拶をしたら、「どうも、『ツキステ。』のスタッフをやらせていただいてます」って言われて。
一同 (笑)。
三山 「あれ!?」って(笑)。でも、スタッフと言うわりに、キックボードで颯爽帰っていくから、「あの堂々さは絶対にスタッフじゃないだろ!」って。でも、緊張している僕に冗談を言ってくれて、場を和ませてくれたんだってわかりました。
横尾 あははは! そういうとき、すぐにふざけちゃうんだよね。
輝山 そういえば、あのときはみんなでキックボードに乗ってましたね。
横尾 乗ってたね~。
三山 僕も影響を受けて買ってしまいました(笑)。

――横尾さん発信で、キャスト内でキックボードが流行ったということですか?(笑)

輝山 そうです。最初は瑠尉くんが稽古場に乗って来て。その日、ちょうど僕が誕生日だったんですよ。
横尾 そうそう。立ちゃんが「それめっちゃいいっすね!」と言うから、「(誕生日)プレゼントしたら乗ってくれる?」と聞いて。「乗りますよ!」と言ってくれたので、次の日の朝に買ってプレゼントしました。それから、(鷲尾)修斗くんと(校條)拳太朗くんが乗ってきて。(上仁)樹も、友咲も買って......。
佐藤 僕は(笹)翼くん(5幕までの神無月郁役)に誕生日プレゼントであげたんだよね。
輝山 最近は乗らなくなっちゃったね~。
三山 この時期は寒いですもんね。
横尾 そうなんだよ。あと雨が降ると思うと持ち歩けない。
三山 でも、グラビのリーダーさんは...。
輝山 ひとりでずっと乗ってるんです(笑)
三山 キックボードでアクロバットをやったりして、スゴいですよね。
佐藤 そう思うと、黒年少組は時代を先取りしてますよね。瑠尉くんはキックボードだし、立くんはタピオカだし。
輝山 タピオカね!

1_001.jpg

――タピオカ、ですか?

佐藤 最近タピオカがとても流行っているじゃないですか。でも、立くんは随分前からタピオカに注目していたんです。むしろ、タピオカから近付いてきたくらいの勢いで(笑)。
横尾 「来ちゃったな」って言ってたもんね。
輝山 そうなんだよ。去年の3月くらいからキャストとも「タピオカ部」を結成して。今、『ツキステ。』とsisters池袋でコラボしてタピオカドリンクが販売されているくらい、今はタピオカブームですが、世のタピオカブームが来る前から僕はもう飲んでましたからね!
佐藤 黒年少には先見の明があって、みんなそこにくっついていく感じなんです。

――そんな、流行キャッチ力のあるグラビ年少組が思う、次なるトレンドとは?

輝山 いっぱいあるんですけど......。
横尾 え、ある?
輝山 僕の予想では、「ほうじ茶ラテ」「G-SHOCKの時計」です!
一同 (一時の沈黙)
輝山 大丈夫、最初はこういうもんです!(笑)
横尾 反応がね(笑)。
佐藤 結果的に気づいたら飲んでた、食べてた、買ってただもんね。
輝山 すでに今、G-SHOCKをつけてアピールしているので、「みんなでつけよう」って流れが来るような気がするんですよ。
横尾 グラビの「G」だしね。
一同 おぉ~!
佐藤 じゃあ、僕らは"P"-SHOCKを探すしかない。
三山 P-SHOCK!?(笑)
輝山 各々の時計ももちろん持ちつつ......G-SHOCKはよりラフな場面でもつけやすいんです。カレンダーもストップウォッチもついているし。普段使いに長けているんだよ。
横尾 ライトもつくんだっけ?
輝山 (実際につけて見せて)つく!

1_027.jpg

――流行をキャッチする能力もあるのだと感じますが、輝山さんはプレゼンがお上手なんですね。

佐藤 あぁ、それは思います! この間の『ツキステ。TV』でカフェラテのプレゼンをしていて、本当に飲み比べしたいなと思いましたもん!
輝山 本当?
佐藤 瑠尉くんもうまくて、映画見たいなと思ったし。ふたりともプレゼン力もスゴい!

<後半に続く>

取材・文:渡邉千智
撮影:源賀津己


2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ 第7幕「CYBER-DIVE-CONNECTION」は、12月5日(水)~12月9日(日)まで、東京・ヒューリックホール東京にて。12月13日(木)~12月16日(日)まで、大阪・メルパルクホールにて上演。チケットは現在発売中。

1_045.jpg

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9222

前の記事「宇崎竜童、三浦祐太朗、若旦那が語る。「フラメンコの踊りと合わせると役が 降りてくる!」」へ

次の記事「【後編】ツキステ。第7幕 輝山立×横尾瑠尉×佐藤友咲×三山凌輝スペシャル対談」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉