【project K『僕らの未来』#2】ビジュアル撮影レポート第ニ弾 鎌苅健太「単に仲よしこよしの舞台には絶対にしたくない」

| トラックバック(0)

 

大人気ミュージカル『テニスの王子様』(以下、「テニミュ」)で、氷帝の跡部景吾宍戸 亮日吉 若を演じた、加藤和樹さん、鎌苅健太さん、河合龍之介さん。テニミュの同期であるこの3人が、卒業から10年の節目となる今年、ついに再集結を果たします。それが3人の頭文字"K"をユニット名に掲げた舞台、project K『僕らの未来』

 

 しかも題材は、タイトル名にもなっている加藤さんの楽曲とのこと! これはますます期待が高まります。そこで12月の開幕を前に、いち早く行われたチラシ撮影の現場に潜入! 第1弾の河合さんに引き続き、今回は鎌苅さんのレポートとインタビューをお届けします。

 

★project K『僕らの未来』先行予約受付等 アラートメールご案内登録フォームはこちら

鎌苅健太さんビジュアル撮影レポート

DSC03120.JPG

▲河合さんと同じく黒を基調とした衣裳ですが、茶目っ気が魅力の鎌苅さんは、ジャンパーにゆったり目のパンツというカジュアルな装いがよく似合います。撮影はまずスタジオ内からスタート。序盤では険しい表情を見せていましたが...。

DSC03144.JPG

▲徐々に明るく、柔らかい表情へ。鎌苅さんらしい、ちょっとやんちゃな顔も見え始めました。

DSC03218.JPG

▲続いて屋外での撮影へ。撮影場所は歩きながらその場で決めていきます。途中、カメラマンさんのひらめきにより、自動販売機で缶コーヒーを購入。その場でコーヒーを飲むカットを撮影します。自然な笑顔がたまらないですね!

DSC03240.JPG

▲和やかに進む撮影の中、ところどころでカットの確認も。ご本人、カメラマンさんともに、満足のいく写真が撮れたようです。

撮影直後、さっそく鎌苅さんにもお話をうかがいました。

鎌苅健太さんインタビュー

――今回のお話があった時の心境は?

 和樹とはラジオを一緒にやらせてもらっているんですが、やっぱり芝居をやりたいって思いはずっと自分の中にあったんです。だからこの舞台が決まった時は、正直「えっ、えっ!?」みたいな。まずは和樹とやれることが素直に嬉しかったですし、そこから「誰と一緒にやりたいか?」って話になった時は、すぐ「河合龍之介」って。考える前にもう名前が出てきた感じですね。

――鎌苅さんにとって、加藤さん、河合さんとは?

 和樹は一番自分が自分でいられる存在というか、甘えられるし、甘えて欲しいと思っているし。ちょっと気持ち悪いんですけどね(笑)。まぁだいたい和樹のことは知っていますから。あと僕が持っていないものをたくさん持っている人かなって思います。

龍(=河合)はテニミュのチームの中で唯一の同い年なんですけど、正直、こいつには敵わないなってずっと思っていました。役に対してのアプローチであったり、憑依のさせ方であったり。ただそれがどこか羨ましくもあって。和樹とも僕とも違うアプローチをする役者だと思いますし、龍とはいつか絶対にやりたいと思っていたんです。

――この3人が今出会うことで、どんな作品に仕上がるのではないかと思いますか?

 すごく仲のいい3人ではあるんですけど、単に仲よしこよしの舞台には絶対にしたくないなと思っていて。そのためにもまずは、恥ずかしくない自分をふたりに見せないと!とは思っています。当時、3人の中で一番の問題児は鎌苅健太でしたから(笑)。

あとこの3人が10年間、それぞれまったく違うことをやってきたのが面白いと思うので、そういう面白さもこの舞台から感じてもらえたらなと思います。

――鎌苅さんにとって特別な一作になりそうですね。

 ほかの舞台とはまた違う想いがひとつ乗っかっていますからね。だからこそ今自分がこの舞台をやらせてもらえる意味を、しっかりと見出していきたいなと思います。

★project K『僕らの未来』先行予約受付等 アラートメールご案内登録フォームはこちら

取材・文:野上瑠美子

撮影:源賀津己

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9120

前の記事「【project K『僕らの未来』#1】ビジュアル撮影レポート第一弾 河合龍之介「これは今やるべきこと」」へ

次の記事「【project K『僕らの未来』#3】ビジュアル撮影レポート第三弾 加藤和樹「表現者として、また新たにひとつのものをこの三人でともにつくっていけることが嬉しい」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

最近のブログ記事

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉