今作は"史上最大の茶番劇"おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』開幕!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

twi_DSC0391.jpgのサムネイル画像

しりあがり寿の漫画を原作とした舞台第3弾「おん・すてーじ『真夜中の弥次さん喜多さん』三重(みえ)」が東京・東京ドームシティ シアターGロッソで6月24日(日)まで上演中です。開幕に先駆け行われた公開ゲネプロに潜入してきました!

2016年1月の第1弾、同年5月のテレビ版、2017年6月の第2弾に続いての第3弾となる本作は、川尻恵太(SUGARBOY)が脚本・演出を務め、歌あり踊りあり笑いありで、あの奇想天外な世界観を再現した人気舞台シリーズ。弥次さん(弥次郎兵衛)は唐橋充喜多さん(喜多八)は藤原祐規が、初演から演じています。

今作は、W主演のふたりに加え、田代哲哉松本寛也が引き続き出演し、新キャストとして、佐藤祐吾、芹沢尚哉、深澤大河、大海将一郎、岩義人、コロ(ピヨピヨレボリューション)、湯澤幸一郎という個性豊か&濃厚な顔ぶれです! また、日替わりゲストとして、松村龍之介、納谷健、廣野凌大、伊崎龍次郎、阿澄佳奈が出演します(※スケジュールはこちら→https://www.clie.asia/on_yajikita/)。

*****

今作も、相変わらず薄っぺらな江戸の町から"リヤル"を求め、お伊勢さんへの旅を続ける弥次さん喜多さんの物語。「シーサイド・イン」など原作エピソードにオリジナルエピソードも加え、恋人同士の弥次さんと喜多さんを中心に、さまざまなエピソードがカオスな世界の中で描かれます。主演のおふたり以外は、一人何役も演じるのがこのシリーズの特色。日替わりゲストも複数役演じますので、ぜひ期待していてください!

また、今回は過去シリーズ最多の楽曲数。メタル、タンゴ、バラード、J-POPなどなど、いろんなテイストの楽曲が独特の色彩を放ちます。


_DSC0811.JPG

何が起きるかも、どんな展開になるのかも、予測もつかないこの作品。ほのぼのしたかと思えば不安になったり、しあわせな気持ちになったかと思えば戸惑いを感じたり、恐怖やショックや笑いなど、隣り合わないような感情を次々と味わえる面白さは今作も健在です。また、今回何度も登場する"茶番"というワードも注目。台詞や歌詞のあちこちに散りばめられていますが、果たしてその言葉はなにを指してどこへ向かうのか...。

_DSC0426.JPG

さらに、劇中に登場するアイドルグループ"ふらわーあれんじめんと"のライブシーンではサイリウムが使用OK!

ぜひ推しカラーのサイリウムを振って楽しんでください!

_DSC0553.JPG

>いじらしさ担当 梅鉢双(佐藤)

ピンク>移り気担当 良怪成敦史(芹沢)

黄色>謙虚担当 編笠百合緒(大海)

>静かな瞳 菊咲一華(深澤)

ゲネプロ前に行われたキャスト挨拶には、出演者と日替わりゲストの納谷健さんが出席しました。以下、挨拶。

*****

_DSC0459.JPG

唐橋「すごい舞台に仕上がりました。体力面を考慮しまして、今作が完結編......(※唐橋さんの冗談です!)と呼び声の高い作品になっております。大きな小屋なのでどれだけ後ろまでこのすごさを伝えられるか。17年位前に路頭に迷って大学を卒業して何したらいいんだろうというときにとてもいい演劇を観て、梅雨が明けたら演劇をしようと思ったんですね。いろんな方にぜひこの作品を観ていただいて、なにかの指針になればなと思っております」

_DSC0435.JPG

藤原「原作は一言で表すならとっても"カオス"なのですが、カオスって一括りにするにはもったいないくらいいろんな感情を、読んでいる僕が感じられたので、それを舞台で表現できたら素敵かなと思います。皆さんが違う感想を持って帰っていただけるような、そんな舞台になっていると思いますので、全力で僕らはそのカオスを表現していきたいと思います」

_DSC0791.JPG

佐藤「僕が演じるアイドル(佐藤・芹沢・深澤・大海が演じる"ふらわーあれんじめんと"というグループ)はオリジナルキャラクターで、弥次喜多も初参戦ですし不安だったのですが、『双』に出演した石田隼くんに『ふっきーさん(藤原)に聞けば大丈夫だよ』と言われたので、それを信じてやってきました!」

_DSC0528.JPG

芹沢「アイドルシーンは、ただのアイドルでは終わらない、弥次喜多ならではのものがあります。アイドルのライブに来たような錯覚に陥るくらい、お客さんも一緒にサイリウムを振ったり声を出して盛り上がれる空間をつくっていけるようにがんばります」

_DSC0532.JPG

深澤「演じていて、本当にすごい世界観だなと思わされました。終わったあとに、大切な人と観に来たいなと思っていただけたら嬉しいです」

_DSC0524.JPG

大海「僕自身も想像を裏切られた作品です。観に来ていただいた方に楽しんでいただける作品になっていると思います!」

_DSC0793.JPG

「僕の演じる柴田というキャラは舞台オリジナルということで、なにかひとつこの作品に新しい風を吹かせられるように、お客様にすごいものを持って帰ってもらえるように、がんばっていきたいと思います」

_DSC0403.JPG

田代「添乗員役の田代哲哉です。3作目ということで、今回も僕の前説から弥次さん喜多さんのお伊勢さんを目指す旅が始まります。より一層、なにがリヤルかわからないカオスな世界観に身を任せて楽しんでいただければと思います!」

_DSC0786.JPG

コロ「キャスト一同、どこかでお客様を全力で突き放しにいく瞬間があると思うのですが、信じて走っていきますので、皆さんもついてきていただければ、楽しい世界が観られると思います」

_DSC0416.JPG

松本「身体も心も怪我をしないようにがんばっていきたいと思います」

_DSC0759.JPG

湯澤「このお芝居の持つメッセージを、歌とお芝居でしっかりお客様に伝えていけたらなと思っています」

_DSC0641.JPG

納谷「(日替わりゲストなので)とってもとってもアウェーな空間です(笑)。僕はこのゲネプロと22日の本番2回、トータル3回もチャンスがあるので(笑)、皆さんをしっかり楽しませられるようにがんばります!」

*****

今回も"なにがリヤルかかわらねえ"舞台は、6月24日まで東京・東京ドームシティ シアターGロッソにて上演中!

取材・文:中川實穗

(C)しりあがり寿/2018 おんすて弥次喜多

_DSC0510.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/9100

前の記事「土砂降りの雨の中、珠城りょうがタップを踏む! 宝塚歌劇月組 ミュージカル『雨に唄えば SINGIN'IN THE RAIN』開幕!」へ

次の記事「NAPPOS PRODUCE 『グッド・バイ』が開幕!池下重大、大空ゆうひ、山崎彬からコメントが到着」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ