今日は音楽の日!5分で読める、印象的な音楽まとめ

| トラックバック(0)



今日3月19日は、『音楽の日』。

「ミュー(3)ジック(19)」の語呂合わせから決まったそうです。

ということで、とあるスタッフの偏見で送る、今期の音楽が印象的な舞台etcを駆け足でご紹介します。




①ブロードウェイミュージカル「コーラスライン」

チケット情報はこちら

ACL_KV_resize_0208_photo (2).jpg

 ミュージカルの金字塔、コーラスライン。コーラスラインといえばこの「ワン」ですよね!

 引き立て役の「コーラス」、その座をかけて多くの若きダンサーがそれぞれの色をもって輝こうとする本作。

 ビールのCMにも起用されたことのある曲なので、観たこと無い人を誘うのもお手軽かもしれません。




 ▼参考動画




 ▼TVCM動画





②レント来日公演

チケット情報はこちら

 

RENT_web_banner_726x499_1222.jpg

 Twitterでも紹介しましたこちらの曲は、レント第一幕終盤で盛り上がる楽曲「ラ・ヴィ・ボエーム」。

 ヴィ(vie)は人生、ボエーム(bohem)はボヘミアンという意味(ラ(la)は冠詞)で、

 自分たちらしい自由な人生を表現したRENTいちエネルギー溢れるナンバー!

 ▼動画そのものは”こちら”:https://twitter.com/gekipia/status/975649991162134528!

WS000255.JPG




③ウエストサイド・ストーリー

チケット情報はこちら

gekipiawestside-00aa1.jpg


 現代版「ロミオとジュリエット」といわれる本作。

 しかも今年はバーンスタイン氏生誕100年というアニバーサリーイヤー。

 彼を恩師にもつ佐渡裕氏指揮のシネマティック・フルオーケストラ・コンサートも開かれますよ

 ▼参考動画





④オペラ座の怪人

チケット情報はこちら


gekipiaoperaza2018メインビジュアル.jpg


⑤ノーム・ルイス

チケット情報はこちら

gekipianormKY1_0248.jpg


『リトル・マーメイド』(2008)の初演では、オリジナルキャストとしてトリトン王を演じ、
ガーシュインの『ポーギーとベス』(2012)ではついにトニー賞主演男優賞にノミネートされ、その実力を知らしめた彼。
初のアフリカ系アメリカ人によるオペラ座の怪人 怪人役を演じたノーム・ルイスが今年4月、日本でのソロコンサートをするのだそう!
プレミアム感たっぷりのコンサート、残りわずかです。



 ▼参考動画





また夏にはオペラ座の怪人ケン・ヒル版がやってくる…!
こちらは先週最速先行が始まったばかりです。

さて、いかがでしょう?

今日はこの先の鑑賞予定を音楽を聴きながら品定めしても面白そうですね♪

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8986

前の記事「【1789特集(1)】2年ぶりに再演! 『1789 -バスティーユの恋人たち-』顔寄せレポート」へ

次の記事「玉置玲央×味方良介×Spi×藤田俊太郎「Take Me Out 2018」稽古場座談会」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉