ミュージカル「カラフル」稽古場レポート!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

2月10日(土)~12日(月)、博品館劇場にて上演される朗読ミュージカル「カラフル」の稽古場にお邪魔しました。
森絵都さんの原作「カラフル」を朗読ミュージカルという形で上演するこの公演は、2部構成。この日は2部に予定されている出演者7名によるコンサートの稽古でした。

DSC02885.jpg

■歌うのは俳優〇〇じゃない!?■

まずは稽古の休憩時間に演出の板垣恭一さんに伺った、「コンサートの選曲について」ご紹介しましょう。
「ミュージカルコンサートと聞くと、ミュージカルに詳しくない人はなんだか置いてけぼりをくうようなイメージが多少なりともあると感じていた」という板垣さん。それは例えて言うなら、カラオケで誰かが自分の知らない曲を入れてもイマイチ盛り上がれないような感覚だといいます。もちろんプロの歌を聞けば、知らない曲でも心震えることは多くありますが、この「カラフル」という作品では、いわゆるミュージカルコンサートとは違う見せ方、聴かせ方をするというのです。
「選曲は1部からの流れで、家族という設定を生かします。つまり歌うのは、ミュージカル俳優〇〇ではなく、『カラフル』に出てくる小林家の人やその他の登場人物たちということです」そう考えると、愛の歌も友情の歌もすんなり心に響くはず、と板垣さんはたくらみのある表情を向けてくれました。

DSC02744.jpg

リラックス&マイウェイ

 では稽古の様子をのぞいてみましょう。この日は、2部後半の「サウンド・オブ・ミュージックメドレー」からスタート。「サウンド・オブ・ミュージック」といえば1959年にブロードウェイで初上演され、65年にジュリー・アンドリュースが主演した映画が世界的に大ヒットした作品。CMなどで耳なじみのある曲も多いこの作品の中から6曲がメドレーで演奏されます。
 振付を担当する当銀大輔さんによる指示に、ミュージカル百戦錬磨のキャストたちは素早く反応。確認はサクサクと進んでいきます。出番以外のキャストたちは柔軟や発声、曲や振りの確認をしながら思い思いに過ごします。そのリラックスした様子は、すでに生まれているこの稽古場の雰囲気そのもの。
サクサク進んでいた振付チェックのなかで、皆が破顔したのが、小林真を演じる田村良太さんと桑原ひろか演じる増田有華さんによる「♪もうすぐ17歳」でのこと。ルンルンしたステップに照れる二人は、微妙に息が合わず、振りに集中すると歌詞が怪しくなり、歌に集中するとステップが...といった具合。「いや、これ踊りじゃなくて歩いてるだけだから...」という振付の当銀さんのツッコミに笑いが起こります。この後も二人は、合間に振りを確認、本番ではあんなシーンもある!息の合ったキュートな歌を披露してくれることでしょう。

メドレー最後の「♪全ての山に登れ」は、キャスト7人がそろって声を合わせます。個人的にはこの曲に特にシビれます。何かと何かが掛け合わされると倍になりますが、美声と美声、しかも7人のそれが掛け合わされると天文学的パワーになるのです。ここまでリラックスして背もたれに背をつけていた人は、この曲で数ミリ背すじが伸びるはず。お楽しみに。

DSC02734.jpg

体温が上がる七色の歌声

朗読ミュージカル「カラフル」では、ソロ曲が多いため「デュエット曲もやりたいね」というのが2部にコンサートをすることになったきっかけのひとつでもあったそう。その希望を叶えるべくコンサートには、素敵なデュエットナンバーが揃っています。
津田英佑さんと今泉りえさんの「美女と野獣」は慈愛に満ちたハーモニー、増田有華さんと水野貴以さんによるミュージカル「ウィキッド」の名曲「♪あなたを忘れない」は、みずみずしい歌声が魅力です。「エリザベート」から「♪闇が広がる」は、田村良太さんと原田優一さんのコンビで。この二人のデュエットも1部の二人の関係を見聞きした観客にはすんなり、いやむしろ前のめりで聞きたくなる曲です。中井智彦さんと水野貴以さんの「♪All I Ask of You」は、劇団四季「オペラ座の怪人」のラウル役で歌っていた中井さんの安定感抜群の低音と水野さんの透き通る高音に酔いしれます。

DSC02748.jpg

そして、コンサートのラストはオリジナル曲「♪色の溢れる世界で~Song for Diversity~」。演出の板垣さん曰く、「森絵都さんの「カラフル」という物語を受けて、もう一歩、物語の外側まで広がる世界観が詞と曲に込められています」とのこと。たしかに、稽古場で聞いたその曲は、物語に出てくる登場人物の誰かに心を寄せていたとしても、気が付くと自分の昔やこれからに重ねて聞かずにはいられない、胸に響く名曲です。

ココから曲の一部が聞けますよ↓
https://www.youtube.com/watch?v=BnLNMGHk2RI

 稽古場を出ると、外は真冬の気温だというのに、どうやら体温は2度くらいあがっているのではないかしら......という感じ。この分で行くと本番は何度上がっちゃうことでしょう。いや、2度以上あがったら高熱騒ぎですが、心の温度が!ですのでご心配なく。
3日間5公演限りの貴重な朗読ミュージカル「カラフル」は、あなたに贈られる数日早いバレンタインプレゼントになるに違いありません。
(観劇ライター 栗原晶子)

■朗読ミュージカル「カラフル」
【日程・会場】
2/10(土) ~ 2/12(月・祝) 博品館劇場

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8949

前の記事「【マタ・ハリ通信(15)】柚希礼音演じるマタ・ハリの"生"が輝く!ミュージカル『マタ・ハリ』東京公演開幕」へ

次の記事「【メリー・ポピンズ特集(2)】メリー・ポピンズ役 平原綾香 インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ