【エントレ】写楽とはいったい何者だったのか? 橋本さとし×中川翔子 ジャパニーズ・ミュージカル「戯伝写楽 2018」1月12日から芸劇で開幕!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

sharaku_09.jpg ジャパニーズ・ミュージカル「戯伝写楽2018」橋本さとし、中川翔子

橋本さとし、中川翔子らが出演するJapanese Musical『戯伝写楽2018』が1月12日(金)から東京芸術劇場プレイハウスで開幕。

本作は、「浮世絵師・東洲斎写楽は女だった!?」という着想で、写楽の謎に迫りながら、寛政の時代に熱く自由に生きた芸術家たちの姿を描いたミュージカル。2010年に初演した本作を、8年の時を経てJapanese Musical『戯伝写楽 2018』として上演する。 作は劇団☆新感線の中島かずき。作詞は森雪之丞。演出は河原雅彦が手掛ける。 本作の公開舞台稽古が行われ、報道向けに公開された。 動画は歌のシーンを抜粋したもの。【動画3分】
記事全文をエントレで観る


エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8915

前の記事「【マタ・ハリ通信(9)】ヴォン・ビッシング役、福井晶一インタビュー」へ

次の記事「【マタ・ハリ通信(10)】パンルヴェ役、栗原英雄インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉