ミュージカルの世界的2大レジェンドが初来日!マイケル・ボール&アルフィー・ボー インタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


『レ・ミゼラブル』初代マリウス役や、『オペラ座の怪人』ラウル役で知られる英国ミュージカル界の大スター、マイルケル・ボール。世界が注目した『レ・ミゼラブル25周年記念コンサート』主役ジャン・バルジャン役で一躍スターダムへと駆け上がったアルフィー・ボー。間違いなく、世界最高峰の歌声を持つふたりのオジサマが共演を果たす、奇跡の初来日コンサート「マイケル・ボール&アルフィー・ボー トゥギャザー・ジャパン・ツアー2018」が2月、東京で開催される。ふたりにお互いの魅力から日本公演への期待まで、話を訊いた。最新画像(ニュース配信用).jpg
ふたりの出会いは2007年のミュージカル『キスメット』での共演。2016年には有名ミュージカルソングを収録した初共演アルバム『Together』をリリース。これはこの年リリースされた英国人アーティストのアルバムとして最大のヒットになった。ふたりのスゴイところは、ひとりでも素晴らしい歌声が重なると、その素晴らしさが10倍にも100倍にも輝くところ。アルフィーはこう語る。「私たちの声は非常にうまく合うんです。お互いに引き立たせることができる。重要なのはチームワークで、私たちは競争をしたりはしないんです。......マイケルはいつも私の気を散らそうとはするけれどね(笑)。最初は、仲の良いふたりが一緒になって歌い、ショーをやるという、ただ本当に楽しもうと始めたプロジェクトだったんです。それがだんだん大きくなって、我々が予想していた以上に凄いことになってしまいました」Mitch Lowe Photo - Michael Ball & Alfie Boe - Brisbane-2.jpg

"予想していた以上に凄いこと"―― 昨年の英国ツアーはソールドアウト続出、今冬のツアーは2万人収容のO2アリーナを含むアリーナツアーだ。そんな彼らの歌声を日本ではホールサイズで味わえるのだから、日本のファンは幸せである。
Mitch Lowe Photo - Michael Ball & Alfie Boe - Brisbane-12.jpg
......と言っても、日本には、まだふたりの凄さをご存じない方もいるかもしれない。ということでふたりにお互いの魅力を尋ねてみた。

「私はアルフィーの大ファンなんです。彼は素晴らしい才能の持ち主。それに彼は堅実で、思慮深く、そんなところも尊敬出来る。以前彼が話してくれたんだけれど、今までに一番誇りに思った"大変な名誉"とは、「戦没者追悼コンサート」で戦没者のために歌ったことだと言うんだ。彼はそういう人物だ。でもなぜ彼と組んだかというと、ただ、彼が友だちだからだよ。一緒に大笑いが出来るんだ」(マイケル)Mitch Lowe Photo - Michael Ball & Alfie Boe - Brisbane-5.jpg

「マイケルは常にTOP10チャートを賑わす人気シンガーで、30年以上にわたり第一線で活躍するミュージカルスター。素晴らしいシンガーであると同時に素晴らしい俳優だ。あと、彼はいつも喋っているね(笑)。私たちはお互いに問題や悩みを抱えた時、相談しあったりする。こういう仕事をしていると、誰か支えてくれる人がいるというのは本当に素晴らしいこと。彼とパートナーシップを組んで、本当に良かったと思っている」(アルフィー)Mitch Lowe Photo - Michael Ball & Alfie Boe - Brisbane-7.jpg

公演は『レ・ミゼラブル』『オペラ座の怪人』『ウエスト・サイド・ストーリー』『ライオンキング』『美女と野獣』『アスペクツ・オブ・ラブ』ほか、ブロードウェイ・ヒッツ満載の究極のミュージカル・コンサートになるという。「日本のファンの皆さんの熱い期待に応えて追加公演が決定しました、ありがとう! 皆さんが私たちの公演をとても楽しみにしてくれているようで嬉しいです。日本公演のための新しいセットリストで、たくさんの素晴らしいミュージカルからヒット曲を贈ります。皆さんに会えるのを楽しみにしています、僕らも日本に行くのが待ちきれません!」(マイケル&アルフィー)Mitch Lowe Photo - Michael Ball & Alfie Boe - Brisbane-28.jpg


公演は東京・東急シアターオーブにて。2月10日(土)・11日(日)公演のチケットは発売中。なお2月12日(月・休)は追加公演、チケットは12月2日(土)に一般発売開始。Mitch Lowe Photo - Michael Ball & Alfie Boe - Brisbane-23.jpg

▽ UDO公式より、最新インタビューが到着!
オジサマたち、とってもチャーミングです。必見!!
(個人的には、「ふたりは常に一緒だが、ひとりの時間はあるか」という質問の答えがツボです...)



取材・文:平野祥恵(ぴあ)

【公演情報】
2月10日(土)~2月12日(月・休) 東急シアターオーブ

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8886

前の記事「横内謙介、西田大輔、川村陽介、井上小百合(乃木坂46)が語り合う「音楽劇『夜曲』nocturn」」へ

次の記事「【連載①】著名人がカタルーサ!吉沢亮 編(フエルサブルータ)」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉