【後篇】『PHOTOGRAPH 51』ビジュアル撮影レポート(宮崎秋人さん、橋本淳さん、中村亀鶴さん)

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

2018年4月に東京・東京芸術劇場シアターウエストと大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティで上演される『PHOTOGRAPH 51(フォトグラフ51)』。

X線回析写真"フォトグラフ51"にDNAの二重らせん構造を収めた女性研究者ロザリンド・フランクリンの生涯を描く本作。2015年にニコール・キッドマン主演でロンドンのウエストエンドにて上演され、注目を浴びた作品です。

その日本初演となる本作では、これが初舞台となる板谷由夏さんが主演を務めるほか、神尾佑さん、矢崎広さん、宮崎秋人さん、橋本淳さん、中村亀鶴さんが出演します。

げきぴあでは、まだまだ謎の多い本作のビジュアル撮影現場の様子を、前・後篇にわけてお届け中。
→前篇&作品の概要はこちら

後篇は、宮崎秋人さん、橋本淳さん、中村亀鶴さんのビジュアル撮影レポートをお送りします。

*****

後篇のトップバッターは...宮崎秋人さん!

1.jpg▲宮崎秋人さんが演じるのは、アメリカ人科学者のジェームス・ワトソン。20代前半で、自信とハングリー精神あふれる若手研究者という役どころです。

2.jpg▲カメラマンさんと話しながら写真のイメージを掴んでいく宮崎さん。若さゆえのヤンチャさも表現しつつ、シリアスから笑顔まで次々とポーズを決めていきます。おでこを出したカーリーヘアーは珍しいですね!

3.jpg▲なんだか大人な雰囲気。横向きでカメラ目線をした宮崎さんに「そのポーズをした人は今までいません!」とカメラマンさんから声が上がっていました。

4.jpg▲ワトソンは、クリックと共に、ある意味ロザリンドと競い合う立場の人物。そういう「ただまっすぐなだけの若者ではない」感じが、この宮崎さんのポーズや表情からも伝わりそうです。

5.jpg▲淡々とポーズを取っていた宮崎さんですが、カメラマンさんに「眩しいですよね?」と聞かれると笑いながら「眩しいです」と白状。眩しそうには全く見えませんでしたよ。プロだな~。


そしてお次は...橋本淳さん!

6.jpg▲橋本淳さんが演じるのは、ユダヤ系アメリカ人科学者のドン・キャスパー。外交的で愛想がよく誠実という役どころで、板谷さん演じるロザリンド(主人公)を尊敬し、慕っている若手研究者です。

7.jpg▲橋本さんの撮影で印象的だったのは、最初にしっかりと話す姿。どういう心持ちで挑んだらいいのか、どんなイメージの写真なのかを細かく確認してから撮影に入っていきます。

8.jpg▲こんなアンニュイな表情で撮影していますが、シャッターが止まるとにこやかに。愛想がよくて外交的、というキャスパーの姿も目に浮かんできました!

9.jpg▲ジャケットの着こなしも他の登場人物とまた違う感じがしますね。どの衣裳も、イタリア在住の衣装デザイナー(小栗菜代子さん)が、時代背景や各人物の性格を考えて集めたものだそうです。納得!

10.jpg▲ポーズや表情など、リクエストにどんどん応えていく橋本さん。さまざまな顔を見せた橋本さんを観ていると、幕が開いた頃、果たしてどんな人物が舞台にいるのか、より楽しみになりました!


そしてラストを飾るのはこの方...中村亀鶴さん!

11.jpg▲中村亀鶴さんが演じるのは、イギリス人科学者のフランシス・クリック。せっかちで少し堅く、哲学的な一面もある、という役どころです。ワトソン(宮崎)とは共同研究者という間柄。

12.jpg▲笑顔でスタジオに入って来られた亀鶴さんですが、役の設定を改めて確認し、カメラを見たときはもう...さっきまでの亀鶴さんはいらっしゃいませんでした。写真でも一目瞭然ですが、目力、表情、佇まい、どれを取っても別格!その姿からクリックの哲学的な一面も垣間見えます。

13.jpg▲「白衣は着たことがない」と興味津々だった亀鶴さんは、実際に着てみると「給食当番を思い出すなあ」と予想外の感想(笑)。

14.jpg▲スーツも普段は着られないそうで「七五三以来かも」と笑っていらっしゃいました。これは、衣裳的にも普段なかなか見られない姿が見られそうですね...!

15.jpg▲歌舞伎俳優・中村亀鶴の雰囲気がチラリと垣間見えた写真!亀鶴さんが現代劇でどんなお芝居を見せてくださるのか、すごく楽しみです。

*****

ということで、ビジュアル撮影レポートはここまでです。

この日は、俳優さんたちにとっても、役になる最初の日。これから、いろんなものがどんなふうに育っていくのか期待大です!

kumi_s.jpg

相関図.jpg

『PHOTOGRAPH 51』は、2018年4月に東京・東京芸術劇場シアターウエスト、大阪・梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて上演。一般発売は2018年1月27日(土)から。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8875

前の記事「【エントレ】濱田めぐみ&平原綾香のWメリーが劇中名曲を高らかに披露! ミュージカル「メリー・ポピンズ」製作発表レポート」へ

次の記事「極上文學『風の又三郎・よだかの星』深澤大河×三浦海里「出演が決まって震えました」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉