劇団四季が贈るスラップスティックコメディ、『ブラックコメディ』まもなく開幕

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

本日4月21日(金)、東京・自由劇場で劇団四季『ブラックコメディ』が開幕します。
開幕を翌日に控えた20日には、最終舞台稽古が行われました。

『ブラックコメディ』は、『エクウス(馬)』や『アマデウス』などの作品で名高い英国劇作家ピーター・シェーファー(昨年6月逝去)作のスラップスティックコメディ。
若き彫刻家が美術コレクターの大富豪とフィアンセの父親を我が家に迎える大事な夜に、突然起こった停電。
電気がついているシーンは舞台上が暗く、停電になると照明がついて明るくなる「明暗逆転」の手法で、停電中のパニックを見せる異色作です。

1965年にロンドンで初演され、その後パリ、ニューヨークでも上演し大ヒット。
四季では1970年の初演以降、2006年に自由劇場で36年ぶりの再演を果たし、2008年までに東京の他、福岡・名古屋・京都で上演。各地で好評を博しました。
今回はその2008年公演以来、約8年ぶりの上演とあって期待も高まっています!
shiki_bc01.JPG
これまで、劇団でも屈指の実力派俳優が演じてきた主人公ブリンズリー・ミラーを今回演じているのは萩原隆匡さん。
萩原さんは

「ブリンズリーは、婚約者の父との挨拶の直前、停電に直面します。そこに、元恋人が突如現れるという悪夢のような状況を、暗闇を明るく、光ある日常を暗闇に逆転させた斬新な演出でご覧いただきます。非日常空間に置かれた人間の行動の可笑しさとその本質を表出させていく、ピーター・シェーファーの極上のドタバタコメディをぜひお楽しみください」

とコメントを発表しました。
暗闇で起こるドタバタに爆笑必至、スピーディに展開する上質なスラップスティックコメディをどうぞお楽しみに!
shiki_bc02.JPG

【公演情報】
4月21日(金)~5月14日(日)
自由劇場(東京)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8672

前の記事「水夏希がダンスを封印!? 歌と朗読でピアフに挑む! ――『パンク・シャンソン ~エディット・ピアフの生涯~』インタビュー」へ

次の記事「塚田僚一×中島亜梨沙×黒川智花×片桐仁『サクラパパオー』稽古場座談会!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

レディ・ベス2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉