【エントレ】小栗旬・山本耕史らの激闘が始まる! 劇団☆新感線「髑髏城の七人・花」が開幕

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season 花」小栗旬

hanadokuro_01.jpg 劇団☆新感線の舞台「髑髏城の七人 Season 花」が3月30日(木)から豊洲の新劇場 IHIステージアラウンド東京で開幕した。

「髑髏城の七人」は劇団☆新感線の代表作といわれる作品。1990年に初演して以来、1997年、2004年、2011年と7年ごとに再演を繰り返してきた名物演目だ。

作は中島かずき、演出はいのうえひでのり。
出演は小栗 旬、山本耕史、成河、りょう、青木崇高、清野菜名、近藤芳正、古田新太という人気と実力を兼ね備えた俳優ぞろいだ。

また、「客席が回転する」新劇場 IHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演ということからも、注目を集めている。

 
本作のプレスコールが行われ、報道陣向けに一部のシーンが公開された。動画はこちらをダイジェストにしたもの。【動画1分】

記事全文をエントレで観る

エントレで観る
Youtubeで観る

(撮影・編集・文:森脇孝/エントレ

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8654

前の記事「音楽と毛布と。シュローダー×ライナスがこだわりを語る! ――『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』東山光明&古田一紀インタビュー」へ

次の記事「『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』稽古場レポート~オスマー先生と通し稽古編~」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ