劇団た組。『まゆをひそめて、僕を笑って』全キャストのコメントが到着!

| トラックバック(0)


2017年4月20日~23日に劇団た組。の第13回目公演として
横浜赤レンガ倉庫にて上演される『まゆをひそめて、僕を笑って』。

本作はほぼ平成生まれのみで構成されている一方で
昭和歌謡曲の名曲『ジュリアに傷心』をモチーフにしており、
若い世代のクリエイター・俳優×昭和歌謡曲の新たな劇作品を目指して上演される。

先日顔合わせを行ったばかりの本作メンバーであるが、藤原季節、福田麻由子は勿論
佐伯大地伊藤寧々平嶋夏海含むのキャスト陣の意気込みが到着した。

今回はノーカットでその全てを掲載!必見です!

0211_omote.jpg



藤原季節げきぴあ.jpg
藤原 季節

◎ 作品について
一人の青年がジュリアという女性に出会い、傷心(ハートブレイク)するまでを、曖昧な表現に逃げずにどこまでも具体、具体で描いているこの脚本。まるで血が通っているようなこの脚本に、今の恋愛を描きたいという加藤拓也の果てしないモチベーションと躍動する若さを感じました。ぜひ、手に汗握り、顔を赤らめ、まゆをひそめて、僕を笑って欲しいです。

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
 見たモノ、触れたコト、そして出会ったヒトによって、どこまでも素直に影響を受け、どこまでも突き進んでいく、とんでもない危うさと才能を持った人だと思います。この出会いがお互いにとって大切な出会いになるように、誠実に全力で作品作りに取り組みたいと思います。

-----------------------------


IMG_2037r.JPG
福田 麻由子

◎ 作品について
脚本を読みました。恋愛するときの、ひとのぐちゃぐちゃしたここ ろがむき出しになった作品でした。
本人たちは真剣だけど、かっこ悪くて滑稽で、でもどこかわかる部 分もあったりして、こころがかき乱されました。
私は私が演じる女の子を愛することができるかな。愛さなくてもい いのかな。そんなことを今はぐるぐる考えています。
これから先、自分自身のきれいじゃないところをたくさんみなきゃ いけないんだろうな。
出演者全員が真剣に戦ったら、最高に刺激的な作品になると思いま す。


◎ 作・演出の加藤と組むことについて
同年代の演出家の方と作品をつくるのは初めての経験で、とてもわ くわくしています。
私たちの世代が次の作品をつくるんだ!という熱意で彼と向き合っ て、素敵な作品をつくれたらと思っています。
劇団た組12回公演『A、過程について。白いほんとでわたしをあ らって、』が最高に面白くて、2回観に行きました。ますます一緒 にやる舞台が楽しみになりました。
作品のことをきらきらした目で語る加藤さんが好きです。会うたび に面白いひとだなあと思います。
加藤さんに、新しい私をみつけてほしいです。

-----------------------------

岡本あずさgekipia.jpg
岡本 あずさ

◎ 作品について
読み終えた時に、不器用な登場人物たちを愛おしく感じました。現代を生きているからこそ感じることなのだと思います。観た人に共感してもらえるような作品、役にしたいです。

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
同年代の演出家さんと、初めてご一緒します。2回ほど今までの舞台を観させて頂きましたが、どのような思考回路の人からこんな世界が生まれるのだろうと。しかも同年代だなんて。今からわくわくしています。

-----------------------------

風藤松原Dgekipia.jpg
風藤 康二(風藤松原)

◎ 作品について
台本を読ませて頂いた時は素晴らしい台本で
「俺は出来るのか?」
と焦りました。
言葉遊びの笑いが散りばめられていて、僕も言葉遊びの笑いが好きなので上手く表現出来ればと思います。

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
芝居の経験などゼロに等しい僕を使って頂いて光栄に思います。
漫才を見て頂いて今回お声を掛けて貰ったようですが、自分でもどのような芝居をしたらいいかまったくピンときていないので、加藤さんの指導の下新たな自分を開花して頂ければ幸いです。

-----------------------------

佐伯大地gekipia.jpg
佐伯 大地

◎ 作品について
とても生で、ある意味等身大な作品に感じたので、僕のあまり得意ではない丁寧さや繊細なものが必要になってくる気がしてます。

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
加藤さんには強い芯を感じてます。物静かように見えてとても強い情熱を秘めていて、若いパワーも感じるので今から楽しみです。

-----------------------------

伊藤寧々2017gekipia.jpg
伊藤 寧々

◎ 作品について
同年代のリアルな生活を描かれているな!と感じたのが、台本を読んだ最初の感想でした。
日常生活に置ける感情の波を、私が演じた時に、気持ちを伝えられるように頑張ります。
本番が楽しみです!

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
加藤さんの舞台は、以前事務所の先輩が出演されていたものを観劇しました。
演出の仕方や場面の作り方が、私が今まで経験してきた舞台とは全く違うものなので、
また新しい境地に立てることが嬉しいです。
同世代の演出の方とお仕事をするのは初めてなので、より素直な感情をぶつけられるのではないかなと思っています。
新しい自分を見つけられるように頑張っていきます!

-----------------------------

平嶋夏海宣材写真(BU)gekipia.jpg
平嶋 夏海
◎ 作品について
自分の感情ですらどこに向かうのか予測できない時もあるのに、他人が本当のところ何を考えているかなんてわからないし。恋愛なんてとてつもなく面倒なことをよくまあみんな自ら進んでするなぁ。
なんて考えながらも、大した意味もないだろうに、なんでか面倒くさい方に物事を進ませてしまうヒロインの言動にこの上なく共感してしまいました。
共演する皆さんとこの作品に出られることが嬉しいです。
作品の持つ勢いを、私たちでさらにパワーアップしていきたいです。

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
加藤さんとは以前、たまたま同じ舞台を観ていた時に挨拶だけしたことがありました。
その時に演出をされていると聞いてはいたのですが、この作品の脚本演出があの時の加藤さんだと気がついた時は驚きました。繋がるものですね。
加藤さんの感性に刺激されたくて今から稽古が楽しみです。

-----------------------------

仲谷明香gekipia.jpg
仲谷 明香

◎ 作品について
自分が生まれる前に発売された楽曲が原案と言うことで、まずは楽曲を聴き、歌詞を調べました。
作品自体は掛け合いで、とても衝撃的なシーンから始まります。と言うか中身全体が衝撃的かもしれません、歌詞の内容を織り交ぜつつ、実際に現実の何処かでこんな事ありそう...と言う、かなりリアルな掛け合いをしていると思います。

◎ 作・演出の加藤と組むことについて
加藤さんとは「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」で一度ご一緒させて頂いておりまして。また一緒にお仕事出来たらしたいと言う話は前々からしていたので、今回実現して嬉しいです。また独特な、素敵な世界観を作って下さるんだろうなーと私自身とっても楽しみにしています。

-----------------------------
-----------------------------

チケットはぴあにて絶賛販売中。購入はこちらから。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8645

前の記事「『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』公開稽古レポート」へ

次の記事「劇団四季ファミリーミュージカル『エルコスの祈り』3月18日開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉