加藤拓也×藤原季節×福田麻由子が紡ぐ、現代の恋愛

| トラックバック(0)

き劇作家、演出家の加藤拓也が主宰する劇団た組。が、第13回目公演『まゆをひそめて、僕を笑って』を上演する。
1984年発表のチェッカーズのヒット曲「ジュリアに傷心」をモチーフとしたこの新作について、
加藤と主演の藤原季節、福田麻由子に話を聞いた。

IMG_2071r.JPG





 藤が「シンプルに、上手な人とやりたかった」と、
その演技力に信頼を寄せる福田
また「むっちゃ雰囲気がある」と惚れ込んだ藤原
ともに20代前半の同世代だ。

IMG_2065r.JPG

 役時代から活躍を続ける福田が、
「同世代の演出家の方と組むのは初めて。
これからは周りに頼ることなく、自分たちの世代で作品を創っていかなければ。
これはその幕開け、いいスタートになればと思っている」
と話すように、この舞台の核となるのは、若い世代の力だ。


描き出されるのは、現代の、
いわばイマドキのの恋愛の、極めて軽いやりとりの連なり。
作詞家・売野雅勇が「ジュリアに傷心」で描いたのは、
都会で失くしてしまった恋の切なさだが、
加藤が描き出す人物たちにその純粋さは、ない。


この曲が流れていた時代の恋愛の価値観と、
今、僕らが感じている恋愛の価値観──。
僕は今のその価値観、それでいいのかと問いかけたいんです
という加藤。


ヒロイン、ジュリアを演じる福田も、
「彼らの軽さ、浅はかさというのは、実感として理解できないでいるのだけれど......。
自分は役者ですから、ジュリアの心を理解するのが私の、私だけの仕事。
"これは大変だ!"と思いました(笑)」と、誠実さをもって役に取り組む。

IMG_2037r.JPG

 いっぽう、主人公のセイヤを演じる藤原は
「脚本の中で、物語が動いてハッとする場面で、
事実を伝えるのがLINEだったりする。それは違うな、と思います。
が、彼らをいじらしく思うこともある。皆グズグズですが(笑)
と登場人物の共感しうる部分に光をあてる。


IMG_2003.JPG

みを笑いとばせるようになりたい、
ということも作品の一つのテーマ。
『まゆをひそめて、僕を笑って』というタイトルは、
痛いのを耐えている過程の顔なんですよ」と話す加藤。


「若い人たちにぜひ観てもらいたい。
大企業に就職して余裕でいる人たちに負けたくない、という気持ちもある。
彼らの価値観を変えるのではなく、
感じさせて、動かすことができたら、という思いがあるんです」と明かす。

IMG_2056.JPG

藤原も、「僕もそう思うところはあります。
同世代の人たちと創る、こうしたチャンスをいただけて、すごくありがたいです」
と、力が入る。


 楽は、加藤が「天才」と絶賛する谷川正憲が担う。
アコースティックギター一本のシンプルな音で、
どんな世界が立ち上がってくるのか、興味は尽きない。

 公演は4月20日(木)から23日(日)まで、
神奈川・横浜赤レンガ倉庫1号館3ホール。
チケットぴあにて絶賛販売中。チケットはこちらから。

IMG_2080r.JPG


文:加藤智子 写真:石阪大輔

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8637

前の記事「主演:藤木直人×作:マキノノゾミ×演出:河原雅彦で贈る音楽劇『魔都夜曲』上演決定!」へ

次の記事「『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』読み合わせ稽古レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

レディ・ベス2017
劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉