高麗屋三代襲名 幸四郎、染五郎、金太郎が会見★詳細レポート

| トラックバック(0)



歌舞伎俳優の松本幸四郎、市川染五郎、松本金太郎が都内で会見を開き、それぞれ幸四郎改め二代目松本白鸚染五郎改め十代目松本幸四郎金太郎改め八代目市川染五郎を襲名すると発表しました。

直系の親子三代同時襲名は、1981年10月、11月に歌舞伎座で行われた八代目幸四郎が初代白鸚を、六代目染五郎が九代目幸四郎を、三代目金太郎が七代目染五郎を襲名したのが史上初で、それから37年後に再び高麗屋(屋号)三代襲名が行われる、歌舞伎界でも大変珍しい慶事となります。

襲名披露興行は、2018年1月、2月に東京・歌舞伎座を皮切りに、京都、大阪、名古屋、福岡ほか各地を巡演予定です。

記者会見に出席した3人は、襲名への思いを次のように語りました。

P1050716_350.jpg

幸四郎
「初舞台から71年、いろいろな事がございましたが、私は今日の日のために今までのことをやってきたのではないかと思えるくらい幸せでございます。35年前の襲名では、私の父が襲名の翌年に亡くなりましたが、命をかけてやってくれた三代襲名をまたこうして出来ることは奇跡に近いです。
十代目幸四郎を継いでくれる染五郎の昨今の舞台を見てまして、その中に『伊達の十役』がございました。その時演じた「先代萩」の政岡には、我が子ながら舌を巻きました。これを見て思い出したのが、染五郎が14か15歳の頃、叔父の(二代目)松緑が(染五郎の)『鏡獅子』を観てくれまして、見終わった後一言「あぁ、高麗屋にも"弥生"を踊る役者が出たな」という言葉を思い出しました。
私にとりましても、二人にとりましても来年が現名でやる最後の年になります。最後の年に悔いのないように息子に、孫に手渡していきたいと思います」

P1050717_350.jpg

染五郎
「正直な今の気持ちは、ただただ興奮をし、感激しております。私はずっと"歌舞伎役者"であり続けたい。そして高麗屋の芸を自分が体現したい。その思いで舞台に立ち続けております。その気持ちは名前が変わっても変わることはありません。
私の尊敬する志村けんさんが、ある記事の中で「死ぬまで"お笑い職人"であり続けたい」とおっしゃっていました。この言葉を借りまして、襲名するにあたり"歌舞伎職人"になりたいという思いを、私が十代目幸四郎になる決意の気持ちとさせていただきます」

P1050733_350.jpg

金太郎
「再来年、八代目市川染五郎を襲名させていただきます。よろしくお願いいたします」

P1050773_350.jpg

その後、記者から「三代襲名はいつ頃からお考えになっていましたか?」という質問に幸四郎はこう答えています。

幸四郎
「はっきりとは覚えておりませんが、新しい歌舞伎座が出来てからだと思います。いつと決めていたわけではございません」

続けて染五郎に「いつ頃、どういう状況で聞いたのでしょうか?」と質問がありました。

染五郎
「明確な時期は定かではございませんが、昨年か今年だったかと思います。歌舞伎の演目は数限りなくありますが、その中でも高麗屋が代々演じてきた役に憧れます。それを皆さまに知っていただくためには自分が体現できないと(知られることなく)無くなってしまうので、松本幸四郎を継がせていただくのは、そこに向かって少し近づいていくことなのかなと思っております」

金太郎は父の名前である染五郎を名乗る心境について聞かれると、「まだ実感がないです。嬉しいです」と答え、染五郎になったらどんな役をやりたいですか?という質問には「『勧進帳』の弁慶」ときっぱり答え、会場を沸かせていました。

幸四郎への質問として「昭和56年、幸四郎になった時にどんな夢を持っていましたか?それは実現しましたか?」という問いには感慨深げにこう話しました。

幸四郎
「35年前の三代襲名の時はもう無我夢中でしたね。父(白鸚)が襲名興行が終わって12月に床につき、翌年の1月に亡くなりましたので。それから後は染五郎と二人で高麗屋の襲名をやりましたから。その時は35年経って、三代襲名ができるとは夢にも思っておりませんでした。
本日このような晴れがましい記者会見をさせていただけるのも、諦めずに、挫折せずに、苦しい時も頑張ってやってきたことで、後を継いでくれる息子や孫が出てきたのだなと思います。それが夢のような気もいたしますし、70歳過ぎて見る夢が本当の夢のようでもあります」

襲名でやりたい役について、幸四郎と染五郎はそれぞれこう語りました。

P1050728_350.jpg

幸四郎
「一月は『寺子屋』の松王丸をさせていただくようでございます」

染五郎
「『勧進帳』の弁慶をやらせていただけるよう目指していきたいです。また、『関の扉』『大森彦七』は縁のある演目ですし、私の憧れている役でございます。他にもいろいろありますが、(襲名は)大きな興行ですので、一つひとつの作品の色を明確に出していきたいと思います。漠然とした話ですが、歌舞伎が好きでここまで出来るんだ、という事を証明したいですし、命の限り歌舞伎役者であり続けたいと思っております」

また、襲名を機にやってみたい歌舞伎以外の取り組みがあれば教えてくださいという質問が出ました。

幸四郎
「歌舞伎以外のお仕事では、ブロードウェイやウエストエンドに行ったり致しましたけれども、お客様が白鸚のラ・マンチャが観たいですとか、そう言ったお声があれば役者として演じなければいけないと思っております。新たな作品に挑戦するかもしれませんし、それはお客様のご要望次第だと思っております」

染五郎
「歌舞伎NEXTと銘打ちまして『阿弖流為』という新作歌舞伎をやらせていただきました。古典の手法を使ったものなど、積極的に"歌舞伎"という言葉にこだわってやっていきたいと思っています。途絶えてしまった演目をやるのもそうですし、新しい歌舞伎も作っていきたい。また、映像作品としての歌舞伎など、いろんなことを妄想中でございます」


襲名ということで親から子へ継いでいく中で伝えたい事を教えてください、という質問に幸四郎が次のように答えました。

幸四郎
「染五郎の芸が"染五郎"という器から溢れ出ているように思います。私のできない役どころでいうと『鏡獅子』や世話物の上方芝居ですとか。それが全部器から溢れ出ていて勿体無いように感じておりました。そこで今度は"幸四郎"という器に変えて、新たにたくさんの芸をいっぱい詰め込んで欲しいなと思います」

こう話すと、「襲名は半分以上"神ってる"出来事でして、理屈ではご説明できないものなんですね」と今年の流行語大賞を使って記者へのリッピサービスも。

同じ質問について、染五郎と金太郎の間ではこんなやりとりがありました。

染五郎
「そうですね。いつその話をしたかっていうのは......。(金太郎に)覚えてる?」

金太郎
「うちのリビングで......。今度襲名するって」

P1050766_350.jpg

染五郎
「(記者に向かって)言った事は言ったんですよ。実際、いつだっけ?」

と金太郎に確認するも答えはなかったので、

染五郎
「いつかは覚えてないね(笑)。まぁそんな三代ではございますけれども。襲名をするという事は大変な事だという認識はございます。
息子については、今は幸いな事にお芝居が好きなようですので、(役者としての)体を作っていく事が大事ではないかと思っています」

とまとめました。
さらに、記者から金太郎へ質問が飛び、答えに窮していると、染五郎が「助け舟を出すわけではありませんが、今から36年前の襲名会見の映像を見ましたら、その時の私の30倍は喋っています。それに比べるととても優等生ではないかと思います」と父親らしい一面をのぞかせていました。

最後に、"幸四郎"でなくなることについて寂しさはありますか?と問われた幸四郎は

「全くないです。幸四郎時代にいろいろな方にお世話になった、その感謝の気持ちでいっぱいです。歌舞伎界は決して嬉しい楽しいことばかりではなかったですが、私も微力ながらやってきました。今まで幸四郎としてお世話になった方々に、お一人づつお礼を言って新しい幸四郎をよろしくお願いしますという気持ちです。白鸚という名前は"白い鸚(おうむ)"と書きますので、その名前に準じてまっさらな気持ちで一からお芝居を勉強していきたいと思います」

と、襲名への思い、そして新たな決意を語りました。

P1050792_350.jpg

P1050777_350.jpg


襲名興行は2018年1月に東京・歌舞伎座「壽 初春大歌舞伎」、2月「二月大歌舞伎」で上演した後、京都・南座、大阪松竹座、名古屋・御園座、福岡・博多座で巡演される予定です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8566

前の記事「開幕中の『プリシラ』稽古場レポート・その1」へ

次の記事「山崎育三郎や古屋敬多が色鮮やかな世界をチラ見せ!『プリシラ』AAA出演リポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ