韓国ミュージカル界の話題作『マリー・アントワネット』『マタハリ』をテーマにした企画ライブ決定!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

『モーツァルト!』『レベッカ』『ファントム』など、韓国ミュージカル界を牽引するEMK ミュージカルカンパニー。そのEMKが贈る、ミュージカル俳優コンサートが決定しました。
タイトルは『キム・ソヒョン/キム・ジュンヒョン/キム・ソヒャン ミュージカル・コンサート ~マリー・アントワネット&マタハリの世界~』

今回は、同社のミュージカル『マリー・アントワネット』『マタハリ』をテーマにした企画ライブ。

出演は、まずはこの人。
日本のファンにもお馴染み、劇団四季出身で日本版『レ・ミゼラブル』ジャン・バルジャン役としても知られるキム・ジュンヒョン
今や韓国ミュージカル界で欠かせない存在の彼、『マリー・アントワネット』にも、『マタハリ』にご出演しています。
Kim Jun-Hyun (2).jpg
そして『マリー・アントワネット』タイトルロールを演じ、先ごろ「第5回イェグリンミュージカルアワード」で主演女優賞に選ばれたキム・ソヒョン
Kim So-Hyun (1).jpg


『マタハリ』タイトルロールとして知られ、ブロードウェイ版『ミス・サイゴン』ジジ役などを演じているキム・ソヒャン
Kim So-Hyang (3).jpg

人気実力を兼ね備えた豪華出演陣が、マリー・アントワネットとマタハリの圧倒的な舞台映像と共に歌唱します!

なお、『マリー・アントワネット』は言わずと知れた日本発の大作ミュージカル。
作:ミヒャエル・クンツェ、音楽:シルヴェスター・リーヴァイのゴールデンコンビが遠藤周作の原作をベースに手がけ、王妃マリー・アントワネットと庶民の娘マルグリット・アルノー、ふたりの"MA"の運命を描く物語。

『マタハリ』は今年韓国にて初演、約25億円の制作費をかけて手掛けたことも話題だったEMKミュージカルカンパニー初のオリジナルミュージカル。音楽はフランク・ワイルドホーンが担当しています。

ミュージカルファン、必見です!


【公演情報】
・1月20日(金) 渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(東京)

韓流ぴあミュージカル先行 
 11月22日(火)12:00~12月4日(日)23:59
  http://w.pia.jp/t/emk-sc/ ※PC・モバイル共通

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8545

前の記事「人間心理の危うさを鋭く描く、一筋縄ではいかないミュージカル――『貴婦人の訪問』公演レポート」へ

次の記事「松也、巳之助、壱太郎、隼人が意気込みを語る「新春浅草歌舞伎」」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ