森新太郎×長塚圭史 マクドナー作品について語る!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


アイルランドの孤島に生きる、ハンディキャップを負った少年ビリー(古川雄輝)と幼馴染みの少女ヘレン(鈴木杏)。

お馬鹿なバートレイ(柄本時生)に中年のゴシップ屋(山西惇)、ビリーのおばさん達(峯村リエ、平田敦子)におばあちゃん(江波杏子)や医者(藤木孝)、船乗り(小林正寛)が日々をなんとなく暮らしている。

そんな時ハリウッドの撮影隊が島やってきた。「ハリウッド」と「映画」という響きに興奮する島の人々・・・もちろん少年ビリーも例外ではなかった。
撮影隊の存在、「ハリウッド」と「映画」のおとずれによって、少年ビリーの運命も大きく変化していく。

映画「ハリー・ポッター」シリーズのダニエル・ラドクリフがロンドン、ブロードウェイで主演し絶賛をあびた
マーティン・マクドナーらしい皮肉に満ちた舞台が、ついに3月25日(金)より世田谷パブリックシアターにて上演となります!

「イニシュマン島のビリー」公演プログラム内特別企画として、
演出の森新太郎さんとマーティン・マクドナーの作品を

いくつも演出されている演出家・俳優の長塚圭史さんよる対談が実現!
マクドナー作品について・演劇について等々、沢山語っていただきました!

長塚×森 2ショット.jpg

長塚圭史さん
「最近、マクドナー作品からは離れていましたが、、目黒条さんが翻訳された『イニシュマン島のビリー』の上演台本を読ませていただき、あまりにも面白いので、久々にマクドナー作品を演出したくなりました。マクドナー作品の面白さを言葉で伝えたいですが、あの面白さはとにかく体験するのが一番。僕も必ず観に行きます。」

森新太郎さん
「マクドナー作品と言えば、暴力的というイメージが強いですが、この『イニシュマン島のビリー』は、根幹にピュアな愛が描かれているので、世の中がどれほど暴力的になっていっても、ずっと上演され続ける普遍的な作品だと思います。」

先日の制作発表では、古川雄輝さん鈴木杏さん柄本時生さんによる朗読が披露されました。鈴木杏さんの言葉の強さ・激しさと、柄本時生さんの絶妙な抜け感、そして古川雄輝さんの見事な不安の表現っぷり。なぜかどのキャラクターも愛らしく感じました。

公演は3/25(金)~4/10(日)@世田谷パブリックシアター、
4/23(土)~4/24(日)@梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて。


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8304

前の記事「ミュージカル『王家の紋章』#2 宮澤佐江ビジュアル撮影レポ&インタビュー」へ

次の記事「ミュージカル『グランドホテル』#12 公開稽古レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉