渡部秀さんより『ア・フュー・グッドメン』ゲネプロレポート到着!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


銀河劇場で6月14日(日)に千秋楽を迎えた「GO WEST」主演の渡部秀さんが
同じ事務所の平埜生成さんが出演し、6月19日(金)に幕を開ける「ア・フュー・グッドメン」ゲネプロを観劇。
さっそく観劇レポートを頂きました!
IMG_0252.JPG

皆様こんばんは
渡部秀です。
この度は銀河劇場で公演が始まる舞台『ア・フュー・グッドメン』のレポートを書かせていただきます。

実は、つい先日までこちらの銀河劇場で『GO WEST』というコメディをやらせていただいたばかりでして、早くもこの劇場に戻って来るとは思っておりませんでした。

今回は、観る側として舞台を楽しませていただきました。同じ劇場なのに、全く空気が違う銀河劇場、それもそのはず『ア・フュー・グッドメン』は法廷が舞台。

0425d.jpg

例えるなら、静かで黒く大きな爆弾に、一本の長い導火線に火が通っていく様な内容です。決して重くなく、信念のある人間達が各々の誇りや正義をかけて、静かに戦う物語。いままでこんな説得力のある舞台は見たことがありません。何かを守る為には何かを犠牲にしなければいけない。実は狭いフェンスの中で生きている人間が、もがき苦しみ自由や栄光を掴むために日々何かと戦っているんだなと改めて実感しました。

0620d.jpg

最近法廷を舞台にした作品をよく目にしますが、『冤罪』、『裁判員』などたくさんのテーマが盛り込まれている法廷になぜ魅力があるかとふと考えた時、自分の中でみつけた答えは『狭い世界の中にも必ず真実がある』
例え小さな事件でも真実を闇に隠してはいけない、この小さな正義に惹かれたんだな~って思いました。

まぁなんやかんや説明しましたが、要するに正義に大小は関係ないってこと。
生成これから頑張れ!
その正義と悪の中心に君がいる。
その裁きが下る瞬間まで役者としての誇りをかけて最後まで、、

『ア・フュー・グッドメン』皆様も是非。

撮影:宮川舞子

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8104

前の記事「「スーパーダンガンロンパ2 THE STAGE」第7弾キャスト発表」へ

次の記事「宝塚歌劇月組『1789 -バスティーユの恋人たち-』東京公演開幕 囲みレポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉