米倉涼子 ブロードウェイミュージカル「ピピン」スペシャルサポーターに就任!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

2015年9月に初来日公演を行うブロードウェイミュージカル「ピピン」のスペシャルサポーターに女優・米倉涼子が就任した。


pipin-yonekura01.jpg

                                   Masahiro Noguchi


スペシャルサポーター 米倉涼子 コメント》

 

すごく楽しかったです。素晴らしい音楽に加えて、ダンスや、歌唱力、衣裳、ライティング、

サーカス要素など、見どころが沢山あって、とにかく満足!です。

 役のピピンの心情が、英語がわからなくても、紙芝居のように、彼が今どんな気持ちでいるのかが良く分かります。もしも私が舞台に立っていたら、えらいこっちゃ、と思って見てました(笑)

 演の方もサーカスをやっているし、歌も、フォッシー・スタイルのダンスも多いし、お話をリードしていかなければならないので、とても大変だなと...

とにかくピピン、凄かったです!


2012年にブロードウェイ公演の「シカゴ」に主演した米倉涼子は、この「ピピン」の大ファンで、2013年のリバイバル版初演時にもニューヨークで観劇している。「シカゴ」とピピン」の共通点は、2作品ともブロードウェイの鬼才ボブ・フォッシーによる名作のリバイバル(再演)であるということ。

ボブ・フォッシーは、自身のキャリアはダンサーから始まり、振付、舞台演出、そして映画「キャバレー」や「オール・ザット・ジャズ」を生んだ映画監督となり、1987年に60歳で他界した。1973年には「ピピン」(初演時)でトニー賞、「キャバレー」でアカデミー賞、「ライザ・ウィズ・ア・Z」でエミー賞の三冠に輝き、舞台芸術と映像の分野で、米エンターテイメント界の伝説となった。

彼の独特な振付「フォッシー・スタイル」は、ブロードウェイやダンス界でもひとつのジャンルとして確立され、世界中の多くの人々を魅了している。米倉もフォッシーの魅力にとりつかれた1人であり、この度の「ピピン」スペシャルサポーターに就任する最大の要因となった。

9月に来日公演を行う「ピピン」は、1972年のフォッシー作品の新演出(リバイバル)版で、前述したフォッシー・スタイルの要素に、サーカスアクロバットを取り入れた斬新さで話題となり、2013年にトニー賞を受賞した作品。米倉は、来日するカンパニーをいち早く観て取材を行うために公演が行われている米国ノース・カロライナ州シャーロットへ飛んだ。

出のダイアンパウラスが「ブロードウェイよりさらに研ぎ澄まされた出来」と自負するカンパニーによる「ピピン」を観た米倉は「ブロードウェイで観たよりも更に良かった」と驚嘆した。

pipin-yonekura02.jpg
                                 (C)Masahiro Noguchi

ピピン王子が自分探しの旅へ出て、戦争や恋愛など様々な経験を積んで、最後に自分にとって真に大切なものを見出す、というのが「ピピン」のストーリー。米倉は、ニューヨークとシャーロットの「ピピン」の旅で、自身のキャリアを振り返り、特別番組のカメラに語る。

【番組情報】
~ブロードウェイの舞台から3年~

mso-bidi-font-family:Arial;mso-bidi-theme-font:major-latin;mso-ansi-language:
EN-US;mso-fareast-language:JA;mso-bidi-language:AR-SA">米倉涼子が出会った新たなミュージカル「ピピン」(仮)


BSフジ 7/26(日)14:0014:55

米倉涼子が、ニューヨークとシャーロットの「ピピン」の旅で、身のキャリアを振り返り、特別番組のカメラに語る。




ブロードウェイミュージカル「ピピン」とは?

トニー賞冠に輝き、ブロードウェイに衝撃と興奮をもたらした『ピピン』初演版('72年)。 その傑作が2013年、息をのむほどエキサイティングな新演出でブロードウェイに復活し、同年のトニー賞でミュージカル部門・最優秀リバイバル作品を含む4部門のほか、同年の主要演劇賞を独占!フォッシー・スタイルの魅惑的なダンスと、シルク・ドゥ・ソレイユ出身のアートサーカス集団のアーティストが手掛けたスリリングなサーカスアクロバットに加え、壮大なイリュージョンを駆使した演出は、『ピピン』の物語と見事に融合し、豪華絢爛なスペクタクルが誕生!ブロードウェイ、そして全米で、多くの観客と評論家たちを興奮と熱狂に包んだ新たな伝説的作品が、アジア圏では初となるこの来日公演で、新たな忘れられない感動体験を約束する!

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/8083

前の記事「子供のために生きるファンテーヌに、今の自分が共感」へ

次の記事「舞台 「アドルフに告ぐ」が本日開幕!!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉