『Golden Songs』稽古場レポート Part2

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

梅田芸術劇場10周年を記念するミュージカルコンサート『Golden Songs』稽古場レポートの第2弾!
GoldenSongs02_00l_4535.JPG
今回は大ヒットミュージカル『エリザベート』を中心にご紹介。
ミュージカルコンサートでも取り上げられることの多い人気作ですが、『Golden Songs』ならではの趣向も盛り込まれているようで、なんと冒頭の『パパみたいに』と終盤の『夜のボート』がくっついていたり...と、意外な展開も...。


一路真輝さんご出演回は、東宝版『エリザベート』初演でしか聞けなかった幻の楽曲『夢とうつつの狭間に』も披露されます。
これ、いい曲ですよね~。
一路さんはほかにも『モーツァルト!』の『星から降る金』も...。こちらも言わずと知れた名曲。
GoldenSongs02_10b_4902.JPG

『私が踊る時』は、マテ・カマラスさんのトートを軸に、一路さん春野寿美礼さん花總まりさんの3人のエリザベートが日替わりで歌うそうです!
この日は一路さんシシィ。
写真撮りながら静かにテンションを上げていた担当は、一路シシィの「邪魔しないで!」のところが大好きだったのです...。個人的な感想ですみません。
GoldenSongs02_11_5006.JPG

そして作品きっての人気ナンバー『闇が広がる』は、こちらのおふたり。
マテさん=トートと、平方元基さん=ルドルフ。
GoldenSongs02_12_4937.JPGGoldenSongs02_12_4957.JPG

マテ・トートのシャウト!
GoldenSongs02_13_i_5049.JPG

平方さんの、皇太子としての信念が見えるルドルフも懐かしいです。
GoldenSongs02_14_h_4933.JPG


ちょっと話は変わりますがこの稽古場、皆さんとっても気さくでサービス精神旺盛なんです。
こちらは本舞台でマテさんと平方さんが迫力の歌を披露しているとき、カメラの目の前で「闇広ごっこ」を繰り広げてくれた、樹里咲穂さん伊礼彼方さん
GoldenSongs02_15_4947.jpg
樹里ルドルフの顔が少年です...可愛い!
そしておふたりとも元ルドルフ。
※伊礼トート&樹里ルドルフのコンビは本番ではご覧いただけません、ごめんなさい。


こちらは並み居るルキーニ経験者を差し置いて(!?)石井一孝さん=ルキーニの『キッチュ』!!
GoldenSongs02_21_4982.JPG
このシーンについては後ほど石井さんのコメントをお届け予定ですが、楽しい演出がなされていて、客席との交流もありそうです。
この日は春野さんが絡まれていました...。
GoldenSongs02_22_4987.JPG


もう1コーナーご紹介。
『MITSUKO』より、マテさんの『西と東』
海を渡って日本にやってきたマテ・ハインリヒの、希望に満ちた笑顔!
一瞬にしてセットが甲板に見えてしまったのですが、そこから手をふるマテさんの爽やかさに、思わず席で見ている皆さんが手を振り返したりして...。
出演するキャストの皆さん自身も、楽しそうでした。
GoldenSongs02_30i_5038.JPG

そんなマテ・カマラスさんに(日本語で)インタビューしてきました!


★ マテ・カマラス INTERVIEW ★

GoldenSongs02i_4826.JPG
――今年も日本にようこそいらっしゃいました。今回マテさんが担当されるのは『MITSUKO』と『エリザベート』がメイン、でしょうか?

「そうですね。それと『CHESS in Concert』と。どれも、僕が演じた役をやります」


――楽しいナンバーと、バラードと。バランスよく歌われますね。

「うん、だから『One Night in Bangkok』(CHESS)と『西と東』(MITSUKO)を歌えるのはいいこと。それに僕は今回本当に嬉しいことがあるんです。(一路)マキさんと一緒に『私が踊る時』(エリザベート)が出来るんです」


――あれ、一路さんとは初共演ですか?

「前、会ったことはありますが、舞台では初めて。一緒に歌うことがなかったので、楽しみです」


――さらに『私が踊る時』は色々な方と組んで歌うんですよね?

「そうです。色んな人と一緒にやります。僕、この曲は(過去に)色んな言葉で歌っていますよ。ハンガリー語とドイツ語と日本語」


――今回は何語で?

「うーん、これ秘密?(まわりに確認して)...秘密じゃない。マキさんと一緒にドイツ語でも歌います。マキさんも大きな挑戦だと思います。でもマキさんは上手だから。僕はホントに安心です」


――ほかにマテさんが楽しみにしてるのは?

「ジャズのメドレー(※後ほどご紹介予定)は本当に楽しい。歌も、ダンスもあるし、アンサンブルの人も出てくる。だから本当に楽しいです」


――マテさんも踊っていましたね! 難しくはないですか?

「難しいです...。いい曲ばかりで、すごく早い歌と、早いダンス。でも今は楽しくなってきました。キャストは本当に親切です。だから踊るところ、僕とカズさん(石井一孝さん)をいっぱい手伝ってくれました(笑)」


――『MITSUKO』はすごく重要なタイミングで歌われますね。この作品は梅田芸術劇場のオリジナルでもあります。マテさんも責任重大です。

「もちろん責任があります!でも本当に嬉しい。梅田芸術劇場、日本の劇場の10歳の誕生日で、10歳のコンサート。そこに僕だけ外国人で参加できる、本当に幸せです」



★おまけショット★
左から、俵和也さん、平方元基さん、マテさん、山崎育三郎さん。
楽しそうな平方さん&俵さん、なりきっているマテさん&山崎さん...。キャラクターが出ていますねぇ~!
GoldenSongs02_4801.JPG
稽古場レポート、続きます!


【『Golden Songs』バックナンバー】


【公演情報】
2月13日(金)~23日(月) 東京国際フォーラム ホールC(東京)
2月26日(木)~3月1日(日) 梅田芸術劇場 メインホール(大阪)

☆「オンステージツアー」付きチケット発売決定!
伊礼彼方、平方元基、マテ・カマラスのキャスト3名が『Golden Songs』のステージをご案内。
キャストを間近に見られる! & ステージにあがってちょっぴりスターの気分になれる!?
※写真のとおり、大掛かりなセットが組まれています! このステージに上がれるのは貴重ですよ~!

受付対象公演:2/16(月)14:00
 ・「S席/オンステージ」チケットをご購入ください。
 ・WEB、チケットぴあ店頭のみ受付。



チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7983

前の記事「星組トップ柚希礼音・夢咲ねねのサヨナラ公演が開幕!」へ

次の記事「『Golden Songs』稽古場レポート Part3」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ