ミナモザ「みえない雲」稽古場日記③

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

ミナモザファンの皆さま、はじめまして。キャラメルボックスの大森美紀子です。
今回、ミナモザに初参加させていただきました。 めちゃミナモザライフを楽しみにしていたのに、私ったら、何年ぶりかに発熱し、とってもとってもご迷惑をかけてしまいました。
そして治りも信じられないほど遅いーーー。くっそぉーー。何やってんだー! 
 そんなこんなで、今日の稽古の報告です。 
 今日は稽古場に可愛いお客さまがあらわれました。

minamoza3.jpg


顕史郎さんのお嬢さんの百合ちゃんです。百合ちゃんは小4の女の子。
稽古場にくるやいなや、我らの演出家の美咲ちゃんのホッペをプニプニ突っつきだし、いきなりドキモををぬかされました。どうやら、美咲ちゃんのホッペはめちゃ気持ち良いらしいー。
百合ちゃんはみんなとも、物怖じなく接してくれて、通し稽古見学後も、女子会と称して一緒にお蕎麦(又はうどん)を食べに行きました。
本当に可愛らしいー。
あの笑顔をみていたら、百合ちゃんが大人になっていく、これから先の未来は笑顔で過ごせる世界にしないといけないよね、あの笑顔を無くしてはいけないよね。と改めて感じました。
未来は今が作ります。私たち大人が子供たちの未来を作るんですよね。
頑張れ、大人たち。頑張ろう、大人たち。そんなコトを可愛いお客さまは公演前にもう一度実感させてくれました。 
瀬戸山美咲の色々な想いが溢れでる作品になりました。
まだ、私はそれを体現できていないけど、頑張ります。明日は最後の稽古だぁー。
まだ本番までは4日もあるよ。 是非、『みえない雲』観にいらして下さいね。
お待ちしています。

 ミナモザ稽古場日記3 大森美紀子

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7926

前の記事「ミナモザ「みえない雲」稽古場日記②」へ

次の記事「『ロンドン版 ショーシャンクの空に』佐々木蔵之介&國村隼インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ