FUKAIPRODUCE羽衣『よるべナイター』出演者File008 鯉和鮎美 by西田夏奈子

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら



げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは&こんばんは。

FUKAIPRODUCE羽衣です。


出演者File第8弾は、西田夏奈子さんがメンバーの鯉和鮎美をご紹介くださいます。


先日稽古中に誕生日を迎えた鯉和ですが、

旗揚げ公演当時20歳になるかならずやだったこともあり、

羽衣が10周年を迎えた今年、羽衣と共にいろいろな方に歳を数えられておりました。

また一つ歳を重ねた鯉和、本作でもエネルギー放出しております。ぜひご期待ください。


「よるべナイター」のチケットは絶賛発売中です!

IMG_3783.jpg

げきぴあブログをご覧のみなさま、こんにちは!
演劇界のツチノコ、西田夏奈子です。
(探しづらいという意味)

このたびは、初演を観たときから大好きな「よるべナイター」に出演させていただけることになり、とってもとても、うれしいです。
今回もどうぞよろしくお願いいたします。

今日は、FUKAIPRODUCE羽衣の永遠のアイドル☆鯉和鮎美さんをご紹介いたします!

鯉和さんとは、羽衣の旗揚げ公演「さなみだレディー」で初めてお会いしました。
あれはもう十年前。

笑顔がとっても素敵なおんなのこ。
のびやかな声ではつらつと歌い踊る鯉和さんの汗はキラキラと輝いています。
大きな瞳でニッコリみつめてくれます。
このまま君を連れて帰ってもいい?
そう聞いたら、断らないんじゃないか。
明日から、ずっと一緒に住んでくれるんじゃないか。
とわたしが男性だったら完全に勘違いです。
ほんとに可愛くて。

出会った頃から、なぜかわたしの目にいつまでも焼き付いているのは、彼女のかがやかしいふとももの美しさです。
ソフトボールや水泳をやってた元気っ子鯉和さんの肉体は、いきいきとした力にあふれて、いつも、うるおい漲っているのです。
それでいてふわふわと可愛らしい妖精感も兼ね備えていて。
このまま俺と、一緒に遠くへ行かないか?
と聞いたら、大きくうなづいてどこまでも一緒についてきてくれそうな。
またもや勘違いです。

でも、勘違いじゃないかもしれない。

そこが、鯉和さんの持ってる何ともあやうい魅力で、きれいな宝箱の中の大切な心を、強引に持ち去りたいような、いや、少し遠くからいつまでも眺めていたいような、もどかしさ。
ちなみにその宝箱は、紙粘土でできています。

鯉和さんは、いつからか、糸井君の紡ぎ出す世界の中に永遠に住んでいるような気がします。
糸井君の書く鯉和さんの台詞は、全部鯉和さんがかつて言ったことのある言葉なんじゃないか、って気がしてくるのです。

なんだか、私は今、湿っぽい気分になってきてしまいましたが、そういうのも鯉和さんはすごく良い受け取り方をしてくれそうで、不思議と切なくなります。
物凄い高潔さと、信じがたい程の寄り添い性を、その身のうちにそなえているのです!

うおー。

鯉和さんのどこまでもよく通る心地よい声、大好きです。

踊りながら歌って息継ぎもままならなくなってきた頃に、鯉和さんから出てくる誰よりもでかい歌声、どっから出てくるんでしょうか。

歌いながら踊って体力を消耗し脚も腕も上がらなくなってきた頃に、鯉和さんが繰り出す最高に元気をくれる生命の喜びにあふれた動き、涙があふれてきます。

ああ、何と言うかつまりとにかく、まちがいなく、舞台でかがやく鯉和さんは無敵。
皆様も、青山で、その両の眼で、その生命のきらめきを、御覧ください。

個人的にこっそり期待してるのは、鯉和さんのソロ歌唱を羽衣の公演でまた聴きたいなっていうこと。
とはいえ鯉和さん自身は、そんなことをギトギトと願ったりしなさそうで、また切なくなります。

そして普段は、いろんな人のことをそっとみてて、困ってる時にさっと手をさしのべてくれる、物静かな女性です。
岩手の、お山や川や、大きなお空に囲まれて育った、優しい優しい娘さんなのです。
わたし、「お月さま」という言葉が世界で一番似合うのは鯉和さんだと思います。

うーん、ご紹介というより、ちょっとキモこわなファンレターみたいになってしまったでしょうか。
そして、なんだかんだ、皆が知ってる鯉和さんのことしか書けてないなあ。
皆が知らない鯉和さんのことは、私も、知らないのです。
なんだかんだ、ミステリアスガール、なのです。
ふふふ。

IMG_0523.jpg
--------------

青山演劇フェスティバル SPECIAL
FUKAIPRODUCE羽衣10周年特別公演「よるべナイター」
公演日程:2014/10/30(木) ~ 2014/11/2(日)
会場:青山円形劇場 
[プロデュース・演出]深井順子  [作・音楽・共同演出]糸井幸之介 
[出演]深井順子 日髙啓介  鯉和鮎美 高橋義和 澤田慎司 新部聖子 岡本陽介(以上、FUKAIPRODUCE羽衣)
/ 伊藤昌子  西田夏奈子 キムユス(散歩道楽) 中林舞 福原冠(範宙遊泳)
/ 橋本淳 髙山のえみ 森下亮(クロムモリブデン)

公式サイトはこちら

--------------

チケット購入はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7822

前の記事「宝塚歌劇雪組 日生劇場公演『伯爵令嬢』開幕!」へ

次の記事「ポリグラフ パリ公演終了から、東京公演に向けて」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉