『姐さん女房の裏切りツアー記』by千葉雅子

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


2013年、小竹向原にて産声をあげた「姐さん女房の裏切り」
息の長い活動そして作品をと、土田英生さんと始めた演劇製作事業は2014年に入って五大都市ツアーに進むことができました。
ひとえに土田さん、MONOさんのお力のたまものと、ありがたい気持ちでいっぱいなのです。
で、まずは夏の名残の風が吹く金沢での公演。
緑の芝生が広がる美しい広場を前にした、レンガ作りの建物。
小川のせせらぎもあり、まああ美しい。
市民のための芸術村。
金沢って美しい。
夜は、お酒。おいしい魚。昭和っぽい繁華街がありますよ〜の声に、みんなでスナックに。
二人芝居なので、土田さんと少人数精鋭スタッフのみなさんと夜をすごして、金沢のみなさんのサポートもあって、無事に楽しく金沢閉幕となったのでした。

gekipia_anesan_1.jpg

いやしかし、二人芝居ってこじんまりと道中を過しますね。
出演者二人で行動することが多く、もちつもたれつというか、ふらっと入った店がとてもよかったら大喜び。酔いにまかせて、何度もあそこはよかった、いやあよかったと繰り返したり。
わたしが、切符をなくしたかも!?とあせれば、温かい目で見守ってもらったり。
稽古中、いっしょに帰ると必ず改札でプリペイドカードが見当たらず、カバンをごそごそやっていたのですが、金沢でカードケースをプレゼントしてくれた土田さん。いやあ、カードケースに入れると、スムーズですねえ。
いやいや、助けられながらの毎日です。
ちなみに、金沢では本番直前、舞台監督さんにセリフ合わせをつきあってもらいました。
昨日言えたことが今日言えなくなってしまう年頃。
助けられながらの毎日ですわ。
さあ、北九州です、次は!
楽屋に入って、セリフを確認。
さあ、テンションがあがってきましたよ〜二人芝居は毎回毎回、色がかわります。
さて、どうなりますか。がんばります!! 

千葉雅子

gekipia_anesan_2.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


千葉雅子×土田英生舞台製作事業「姐さん女房の裏切り」
[原案・原作・出演]千葉雅子
[演出・出演・作]土田英生
10/18(土)・10/19(日) 北九州芸術劇場 小劇場 (福岡県)
10/24(金) 長久手市文化の家 風のホール(愛知県)
10/31(金) 〜11/2(日) AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)(兵庫県)
11/9(日) アステールプラザ 多目的スタジオ(広島県)


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7833

前の記事「FUKAIPRODUCE羽衣『よるべナイター』出演者File010 澤田慎司 by福原冠」へ

次の記事「ONEOR8「世界は嘘でできている」豊橋公演レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ