「ミュージカルアクターズLIVE」第2弾!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

ミュージカル俳優たちが"ミュージカル"という共通言語のもと、パフォーマンスを通じてお互いを深め合い、最高のステージを作り上げるコンサート「ミュージカルアクターズLIVE」

3月に青山劇場で行われた第1弾では、日本からは岡田浩暉、坂元健児、野島直人、原田優一、福井晶一が、韓国からはイ・ギドン、イ・フンジン、オ・スンジュン、キム・ボミンが参加し、日韓ミュージカル界それぞれの素晴らしさを高らかに歌い上げ、時には笑わせる盛りだくさんのステージを展開してくれました。

★第1回の模様はこのあたりからどうぞ



そして、待望の第2弾がまもなく開催!

今回の出演は3名。
まず、『ウェルテルの恋』タイトルロールで来日、韓国ミュージカル界きっての貴公子キム・ダヒョン
現在は韓国で10周年を迎えた『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』記念公演と、韓国初演作『プリシラ』に立て続けに出演!
(ドラァグ・クイーン続きですねぇ...それも美しさゆえ!?)


続いて第1回にも出演、『レ・ミゼラブル』マリウス&アンジョルラス役で知られる野島直人
韓国ミュージカル界とのつながりも深く、現地で韓国ミュージカル『パルレ~洗濯~』にも主人公役で出演。
8月からは再度『パルレ』に挑戦するとのこと!


そして劇団四季で活躍した木村智秋(韓国名:ファン・ジヘ)。
『ウィキッド』のエルファバ、『キャッツ』のグリザベラなどを演じた実力派です。



初顔合わせとなる3人の個性がソロ、デュエット、メドレーを通じて交差する最上のヴォーカル・ショーに乞うご期待、です。


●キム・ダヒョンさんからのメッセージも届いています


そしてげきぴあは気になるセットリストをこっそりゲットしてしまいました!

ダヒョンさんは、やっぱりこれは外せない『ウェルテルの恋』から数曲。
ほかにも『ヘドウィグ』より「The Origin of Love」などダヒョンさんらしい選曲が!

野島さんは第1回でも披露していた『ノートルダム・ド・パリ』のナンバーや、意外なところで『モーツァルト!』ナンバーにも挑戦
そして『パルレ~洗濯~』の「きれいだよ」は韓国語で披露予定とのこと。
日本版『パルレ』にも出演していた野島さんですが、作品の原語である韓国語での披露は日本では貴重かも!

木村さんはエルファバとグリザベラナンバーはもちろんのこと、『レベッカ』など大迫力のナンバーの披露も予定されているようです。

さらにさらに、『レ・ミゼラブル』メドレーなども!
こちら、誰が何を歌うか、がちょっと意外かもしれません。
そのあたりの意外性も、ミュージカルライブならではのお楽しみです!
 
※セットリストは現時点での予定のため、変更の可能性を含みます。


公演は来週月曜日です。お見逃しなく。


【公演情報】
7/28(月)19:00
よみうり大手町ホール(東京)

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7737

前の記事「「母に欲す」公演レポート」へ

次の記事「キャラメルボックス『涙を数える』稽古場レポート」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ