開幕中!ミュージカル「三銃士」

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


2013年8月―豪華キャストによる圧倒的な歌唱力と息もつかせぬスピーディーなストーリー展開で、
Bunkamuraオーチャードホールに5万人を動員し客席を熱狂の渦に巻き込んだミュージカル『三銃士』。
あれから半年あまり...東京国際フォーラムホールCにて、ついに待望の再演が実現!!

今回は、劇中写真と、開幕に先駆け行われた公開舞台稽古を観覧したぴあスタッフからのコメントを紹介!


ダルタニャンと三銃士<写真クレジット> 宮川舞子.JPG
写真:宮川舞子

ぴあスタッフからのコメント

ゲネプロの公開はよくあるが、今回はそれ以前の稽古の公開で、これはとても異例。当然、芝居はよく止まる。例えば演出家が「ダルタニャン、今持っている旗の飾り、ちゃんと見せて」と、客席の演出卓のマイクで指示。舞台上のヒョンシクが「ネー」とひと言、旗の角度を変えて持ち直す。こういう地道なやりとりが3時間以上。でも、誰ひとり飽きなかっただろう。韓国ミュージカルのクオリティは、こうやって高められていくのだ。

【ぴあ P.N. S.T


ダルタニャン_ヒョンシク<写真クレジット> 宮川舞子.JPG
ダルタニャン役ヒョンシク(ZE:A)


中世フランス+まっすぐでヤンチャな可愛い主人公+剣を用いた激しくも美しい殺陣+男たちの友情+各々が背負う切ない過去(ドラマ)......と、女子の萌えツボをつく大好物がずら~り。これに海賊の皆さんが上半身をさらしながらアクロバティックに踊る、がプラスオン。「Oh! 肉体美!!」と心の中で小躍りしてしまうこと間違いナシ。護衛銃士隊の青い服も、身を翻すとコートの裾が広がる感じもイイ! 細かく乙女心をくすぐる『三銃士』。観るしかないっしょ♪

【ぴあ「韓流ぴあ」 P.N.(菜)】

 

『三銃士』を初めて観劇したのは去年の夏で、主役そっちのけでアラミス役のミン・ヨンギさんとポルトス役のキム・ボムレさんにすっかりハマってしまいました。彼らの歌声、表現力、そしてベテランならではのアドリブチックな演技は観る価値ありです。見終わってからは、すごく元気をもらいました。家に帰ってからは「私も三銃士の一員になりたい!」と、一緒に観劇した母と"三銃士ごっこ"をしました。もちろん剣対決ではなく、お決まりの掛け声と笑うときの動作ですよ(笑)。忘れられない思い出になりました。

今回は舞台稽古を観るというレアな体験をさせていただきました。立ち位置から照明、主役のヒョンシクさんやアンサンブルたちに対して監督らが韓国語で指示したり、スタッフ同士で意見を交換し合ったりしている様子を見るというもので、演者とスタッフの熱意を見ました。ヒョンシクさんは相変わらず可愛くて共演者やスタッフ、会場の観客にも気を使ってお茶目な姿を見せてくれました。言葉がわからなくても、会場には笑い声が響き渡りました。「本番は一体どうなるのか、気になるなぁ」というところで公開舞台稽古は終了。「三銃士」やミュージカル未経験者も楽しめる、情熱的で元気になれるミュージカルです。ぜひ、ご観劇ください。   

【ぴあ P.N.わくちゃん】



ダルタニャンほか<写真クレジット> 宮川舞子.JPG

開幕前日というぎりぎりのタイミングでの公開舞台稽古でしたが、立ち位置や体の角度など、細部にいたるまで調整を加えていて、もっと良い作品を!という役者やスタッフの、熱意とこだわりを感じることができました。歌やダンスのクオリティの高さはさすがで、韓流ミュージカルスターたちの実力に改めて驚かされました。

【ぴあ P.N. 大場靖】

公開稽古だったので、途中止めながらだったり、ヘアメイクはなしだったりもしましたが、
豪華なセットととにかく聞きごたえのある出演者達の声に圧倒されました。
歌の上手さを感じるのに言語なんて関係ないのだなぁと改めて思いました。
【ぴあ P.N. すしこ】

写真:宮川舞子

今回の日本公演では主人公のダルタニャン役に、前回からの続投の
オム・ギジュン、キュヒョン(SUPER JUNIOR) 、Jun. K(2PM)、ソン・スンヒョン(FTISLAND)。
そして新たにKey(SHINee)、ヒョンシク(ZE:A)が加わるなど、K-POP人気を牽引するキャストの競演に注目です!
公演は3月15日(土)まで。チケット発売中。

-------------------------
公演期間
2014/3/1(土) ~ 2014/3/15(土)
会場
東京国際フォーラム ホールC (東京都) 
※出演者の組み合わせは、チケット購入ページにてご確認ください。
-------------------------

チケット情報はこちら


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7548

前の記事「楽団鹿殺し vol.7 from 円山チカ 『女子メン』」へ

次の記事「キャラメルボックスのアコースティックな2作品が開幕!」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ