演劇界の巨匠ピーター・ブルックの秘められた創作現場の扉が開く!!必見のドキュメンタリー映画が日本上陸!

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら


演劇界の巨匠ピーター・ブルックがその秘められた創作現場の扉をついに開く!

演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルック。"なにもない空間"という演劇論に基づき、最小限の装置と小道具、俳優の肉体から、イマジネーション豊かな劇空間を生み出す舞台は、世界中の観客を魅了し「魔術的舞台」とも呼ばれてきました。日本でも、1973年の「真夏の夜の夢」を皮切りに、「マハーバーラタ」、「テンペスト」などを相次いで上演、2012年に来日した「ピーター・ブルックの魔笛」では1台のピアノ、7人の歌手、2人の俳優、そして舞台上に置かれた数十本の竹の棒だけで、誰も観たことがない豊かな「魔笛」を創り出し、多くの演劇人、音楽人を驚かせました。
魔術的な舞台の数々は、俳優やミュージシャンらが参加するエクササイズやワークショップから生まれます。今回、その秘められた創作現場の様子が初めてドキュメンタリー映画として映像化されました。監督は息子でありドキュメンタリー映画監督であるサイモン・ブルック。2012年、ベネチア映画祭アウト・オブ・コンペティション部門でも好評を博した、演劇人ならずとも必見のドキュメンタリー映画が、いよいよ日本に上陸します!

(C)Brook Productions/Daniel Bardou
Main_small(Danie Bardou).jpg

■タイトロープ[綱渡り]から見えてくるのはピーター・ブルックの演劇観を支える哲学----

演劇をどうリアルに見せるか? 悲劇や喜劇というカテゴリーに分けるのは簡単だが、何よりも大切なことはタイトロープというこの容赦のないかみそりの刃の上を歩くことだ---- ピーター・ブルック

ブルック作品でおなじみの笈田ヨシなど、あらゆる国籍の俳優たちや、長きにわたりブルック作品の音楽に携わる土取利行らミュージシャンが一堂に会して行われた2週間ものワークショップ。床に敷かれた1枚のカーペットに、ブルックが1本の、目に見えない「ロープ」を引くところからワークショップは始まります。
俳優たちが右から左へ、まるでサーカスの綱渡りのように架空のロープを渡る、一見単純なエクササイズに見えるタイトロープは、俳優の想像力の真実を衝くだけでなく、身体が生命を宿しその想像力と一体になっているかどうかを全てさらけ出す、演技の原点ともいえるものに繋がってゆきます。監督サイモン・ブルックが5台の隠しカメラを設置して探るのは、創作過程に潜む"魔法"。そして床に敷かれた1本のロープから生まれてゆくドラマの数々。
「ピーター・ブルックのザ・タイトロープ」はブルックの演劇観や人生を紐解く鍵であり、観る者を単なるワークショップを越えた哲学的な体験へと誘います。

(C)Brook Productions/Daniel Bardou
Main2_small(Daniel Bardou).jpg

≪ドキュメンタリー映画≫
ピーター・ブルックのザ・タイトロープ(原題)
Peter Brook : The Tightrope

フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
原案:ピーター・ブルック、サイモン・ブルック
監督:サイモン・ブルック
出演:笈田ヨシ、ヘイリー・カーミッシェル、マルチェロ・マーニ、ジョシュ・ホーバン、アブド・ウオロゲム、シャンタラ・シヴァリンガッパ、リディア・ウィルソン、エミリー・ウィルソン、ミーシャ・レスコット、カリファ・ナトール、セザール・サラチュ、土取利行、フランク・クラウチック、マリー=エレーヌ・エティエンヌ

日本語字幕:河合祥一郎、北村紗衣
特別先行上映企画制作:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部


ピーター・ブルック プロフィール


 1925年ロンドン生まれ。オックスフォード大学在学中、「フォースタス博士」で初演出。'46年、シェイクスピア記念劇場(現RSC)において史上最年少の演出家となり「恋の骨折り損」を演出。その後も「リア王」、「真夏の夜の夢」、「アントニーとクレオパトラ」などを演出。'71年、ミシュリーヌ・ロザンと共に国際演劇研究センター(C.I.R.T.のちにC.I.C.T.に改称)をパリに設立。'74年には、20年以上廃墟となっていたブッフ・デュ・ノール劇場を開場し、「鳥の会議」、「桜の園」、「テンペスト」、「マハーバーラタ」など話題作を次々と発表、2010年まで芸術監督として活動。オペラの演出も手掛け、1948年、ロイヤル・オペラ・ハウスの演出家に就任、「ボリス・ゴドゥノフ」、「フィガロの結婚」、「サロメ」などを演出。ニューヨークのメトロポリタン歌劇場で「ファウスト」、「エフゲニー・オネーギン」、ブッフ・デュ・ノール劇場で「カルメンの悲劇」、「ペレアスの印象」、エクサンプロヴァンス国際音楽祭で「ドン・ジョヴァンニ」を上演。近作にモリエール賞最優秀作品賞(ミュージカル部門)を受賞した「ピーター・ブルックの魔笛」、「ザ・スーツ」など。今年4月には新作「The Valley of Astonishment」も開幕する。映画監督としても活躍し、「蝿の王」、「雨のしのび逢い」、「注目すべき人々との出会い」など。主な著書に、15カ国以上に翻訳された「なにもない空間」、「秘密は何もない」、自伝「ピーター・ブルック回想録」など。



監督:サイモン・ブルック プロフィール


 ロンドン生まれ。映画監督・映像作家。フランス、イギリスで学び、ピナ・バウシュやデイヴ・ブルーベックカルテットのヨーロッパツアーでカンパニーマネージャーをつとめる。ニューヨークでブラック・キャット・プロダクションを設立、テレビドラマ、ミュージックフィルム、ショートフィルムなどの製作を手掛ける。以後、フランスを拠点に多くの映画に監督、作家、プロデューサーとして関わっている。主な監督作品に短編映画 「Children in the Caucasus 」、「Minus One 」、「Alice 」、ドキュメンタリー映画「Generation 68 」、「Annie Nightingale: Bird on the Wireless 」、「Indian Summer」などがある。2002年「Brook by Brook」では、初めて父ピーター・ブルックのドキュメンタリーを手掛け、演出家として、父親としての、ピーター・ブルックの様々な表情をおさめた。



○特別先行上映 概要
【本上映は全国ロードショーに先駆けた特別先行上映です!】
■静岡■ ふじのくに⇄せかい演劇祭2014
上映日 2014年4月29日(火・祝)12:30上映開始
◎上映後にミリアム・ゴルトシュミット(俳優)と宮城聰(SPAC 芸術総監督)によるアーティスト・トークを行います。
会場 静岡県舞台芸術公園 稽古場棟「BOX シアター」
料金 一般1,000円
SPAC の会会員850円 学割[大学生・専門学校生・高校生以下]500円
[WEB]http://www.spac.or.jp/ticket.html
[携帯]http://www.spac.or.jp/m/
[窓口販売]静岡芸術劇場チケットカウンター(10:00~18:00)
お問い合わせ SPAC チケットセンター 054-202-3399(10:00~18:00)
主催 SPAC-静岡県舞台芸術センター
後援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本


■神奈川■ 横浜フランス月間2014
上映日 2014年7月13日(日)14:30上映開始
◎サイモン・ブルック(監督)と白井晃(KAAT アーティスティック・スーパーバイザー/演出家・俳優)によるトークショーを行います。(詳細はKAAT ホームページをご覧ください)
会場 KAAT 神奈川芸術劇場 <大スタジオ>
料金 全席自由 一般1,000円(当日1,200円) 学生500円
前売券発売 一般 4月6日(日)/KAme 先行 4月5日(土)
チケット取扱い
[電話予約]チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)
[WEB]http://www.kaat.jp
[窓口販売]KAAT 神奈川芸術劇場(10:00~18:00)
神奈川県立音楽堂(月曜日を除く13:00~17:00)
[その他]チケットぴあ0570-02-9999【音声自動認識/P コード552-952】
お問い合わせ KAAT 神奈川芸術劇場 045-633-6500
主催 KAAT 神奈川芸術劇場
後援 アンスティチュ・フランセ横浜


■埼玉■ 彩の国さいたま芸術劇場開館20周年記念
上映日 2014年7月19日(土)~20日(日)
【A】「ピーター・ブルックのザ・タイトロープ(原題)」
【B】「Brook by Brook」
サイモンが初めて父ピーター・ブルックを撮ったドキュメンタリー「Brook by Brook」を同時上映!ブルック作品の貴重な映像と共にその半生を振り返る!
19日(土)12:30【A】◎/16:00【B】/18:00【A】◎
20日(日)11:00【A】/14:00【B】/16:00【A】
◎サイモン・ブルック(監督)によるアフタートークを行います。
会場 彩の国さいたま芸術劇場 <映像ホール>
料金 全席自由 1作品 一般1,000円(当日1,200円) 学生500円
2作品セット券 一般1,500円(当日2,000円) 学生700円
前売券発売 一般 4月6日(日)/財団メンバーズ先行 4月5日(土)
チケット取扱い
[電話予約]財団チケットセンター 0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)
[WEB]http://www.saf.or.jp
[携帯]http://www.saf.or.jp/mobile
[窓口販売] 彩の国さいたま芸術劇場・埼玉会館(休館日を除く10:00~19:00)
熊谷会館(休館日を除く10:00~17:00)
[その他]チケットぴあ 0570-02-9999【音声自動認識/P コード435-860】
お問い合わせ 彩の国さいたま芸術劇場 0570-064-939(休館日を除く10:00~19:00)
主催 公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団


■滋賀■ びわ湖ホール なつフェスタ
上映日 2014年8月3日(日)開始時間未定
会場 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール <小ホール>
料金 一般500円
*申込開始日および申込方法については、決まり次第びわ湖ホールHPにてお知らせします。
お問い合わせ びわ湖ホール事業部 077-523-7150(10:00~17:00/火曜日休館、休日の場合は翌日)
主催 公益財団法人びわ湖ホール



○9月 渋谷 シアター・イメージフォーラム他全国ロードショー
映画公式サイト⇒こちら


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7579

前の記事「『レディ・ベス』開幕直前スペシャルイベント レポート」へ

次の記事「【エントレ】浦井健治さんが登壇!ゲキ×シネ「ZIPANG PUNK~五右衛門ロック3」試写会イベント動画」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ