「ミュージカル アクターズ LIVE」開幕直前!福井晶一インタビュー

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

「ミュージカル アクターズ LIVE~日韓の俳優による共演~」開幕が近づいてきました。
現在、絶賛舞台稽古中!

舞台裏から、出演者インタビューをお届けいたします。
まずは福井晶一さんがご登場です。
MAL05_fukui.jpg
――福井さん、このような複数の俳優さんが出演する"ミュージカルコンサート"って、もしかして初めてでしょうか。

「そうなんです、初めてです。僕もこういうコンサートは以前からよく見ていて、こういう舞台に出たい、歌ってみたいなと思っていたので、お話をいただいたときは嬉しかったです」

――今回は"日韓ミュージカル俳優の共演"です。韓国ミュージカルにはどんな印象を持っていますか?

「熱いイメージがありますね。もちろん舞台上も、それにお客さんもノリがよくて、いろんな人がすごくフランクで楽しんでるイメージ。今回共演するイ・ギドンさんは劇団四季時代、僕がラダメスを演じていた時に『アイーダ』で一緒に共演していたんですよ。もう7・8年前ですが」

――今回福井さんが歌うナンバーで1曲だけ、タイトルと、その選曲理由を教えてください。

「僕の場合は持ち役の歌が多いんですが、『ミス・サイゴン』の「ブイ・ドイ」はやったことがないナンバーです。学生時代、ミュージカル俳優になりたいと思った時にちょうど『ミス・サイゴン』の初演をやっていたんですよ。本当に憧れていた作品なので、こういう大きな舞台で歌えるのが楽しみです」

――最後にこのコンサートのアピールをひと言お願いします!

「日本人も、そして韓国人のキャストも魅力的な人が揃いました。ちょっとお芝居仕立てでミュージカルナンバーを並べて競い合う、というのは新しい試みだと思うので、ぜひ劇場に足を運んでいただければと思います。僕も先輩方がいっぱいいるので楽しみたいです」

MAL05_fukui2.JPG
↑こちらは舞台稽古の模様です! (衣裳は本番とは異なります)


●福井晶一●
1995年から2012年まで、劇団四季に在籍。
『キャッツ』のマンカストラップ、ラム・タム・タガー、『アイーダ』のラダメス、『ウエストサイド物語』のトニー、『美女と野獣』のビースト(野獣)、『ライオンキング』のムファサなど数々の主要な役柄を演じ、看板俳優として活躍しました。
2013年には劇団退団後1 作目で『レ・ミゼラブル』のバルジャンとジャベールの2役を演じ注目を集めたのも記憶に新しいです。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7560

前の記事「楽団鹿殺し vol.8 from 坂本けこ美 『稽古真っ最中!』」へ

次の記事「「ミュージカル アクターズ LIVE」開幕直前!坂元健児インタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉