ミュージカル『二都物語』、開幕直前囲み取材レポート

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■ミュージカル『二都物語』 華麗なるその世界 vol.10■


ミュージカル『二都物語』、ついに開幕しました!
このげきぴあ連載や、チケットぴあニュースに、舞台写真満載で開幕ニュースを掲載していますので、そちらもご覧ください。

初日の前日にあたる7月17日、出演者が報道陣の前で意気込みを語りました。
今回はそのレポートをお届けします。
登壇者は井上芳雄浦井健治すみれ濱田めぐみ橋本さとしの5名。
nito2013_1001.JPG

まずはひと言ずつご挨拶。

「この『二都物語』は、日本では初演です。ブロードウェイ・ミュージカルなんですが、鵜山仁さんの演出のもと、僕たちの日本版を新しく作ってきました。とてもドラマチックなストーリーですが、どのようにこの話がお客さまに届くのかなとワクワクしていますので、ぜひ楽しみにしていただければ」井上さん。
nito2013_1002.JPG

浦井さんは「フランス革命を背景にしたストーリーですが、群像劇と言ってもいいほど、ひとりひとりのキャラクターが際立つよう鵜山さんが演出してくださいました。それぞれの登場人物にお客さまが感情移入できる、ドラマチックな内容になっていると思いますし、音楽もそれに寄り添う形でメロディアスなものが多い。心の浄化じゃありませんが、涙をいっぱい流しにきていただけたらと思います」と話します。
nito2013_1003.JPG

すみれさんは「この素敵な男性おふたりに愛されるルーシー・マネットを演じます。彼女はどんな女性でも共感できる、心が広い、そして皆を愛し、愛されている女性。この役を演じて私もいろいろと勉強にもなりましたし、毎回、舞台が変わっていきます。何回観に来ても楽しいと思いますので、ぜひ帝劇にきてくださいね」とアピール。
nito2013_1004.JPG

濱田さんは「わたしは『二都物語』のベースであるフランス革命、その渦中の中を突き進んでいく女性を演じます。舞台稽古に入り、衣裳、カツラ、照明、セット、すべてが整った中で、共演者の皆さんがいきいきとしたキャラクターを演じるのを見まして、出来上がりがすごく楽しみになってまいりました。ぜひ皆さまとこの空間を共有したいと思いますので、劇場でお待ちしています」
nito2013_1005.JPG

そして橋本さんは「マダム・ドファルジュの夫、エルネスト・ドファルジュを演じます。僕は普通のワイン酒場の女房の尻に敷かれる男...ではありません! 民衆をひっぱって革命を起こそうとして...気が付けば女房の尻に敷かれてる...」と飄々と話し、場をなごませます。
そして「この『二都物語』はパリとロンドン、ふたつの都を舞台に繰り広げられる人間模様を描くストーリーなんですが、それだけじゃなく、バックボーンには社会の大きなうねりがあって、その中で愛し合うことの究極さも問われているような作品だと思います。そのスケール感のあるストーリーの中で、僕たちもキャラクターとしていきいきと生きられるこの日本初演のミュージカルに出演出来ることを、本当に光栄に思います。それをお客さまと一緒にわかちあって、これからも残っていくような作品にしたいなという気合い充分です!」と意気込みを話しました。
nito2013_1006.JPG


井上さんと浦井さんは、今年に入ってからは「StarS」として一緒に活動をされていますが、ミュージカルでの共演は、実は5年ぶりということで、そのあたりの心境も。

井上「5年前もほとんどすれ違いみたいな役だったので、ちゃんと芝居するのは初めてなんですよね」 

浦井「あの時は僕、空飛んでたんで...人間じゃなかったですしね」

井上「そうそう。あまり絡みがなかったんで、普段の浦井君はよく知ってるんですけど、役を通すと新鮮ですね。普段はすごくボケるんですがぜんぜん役柄ではボケないなって(笑)。マジメに芝居をしているので、新鮮な驚きというか、この人、頑張ればできるんだみたいな」

浦井「いつも頑張ってます!」

井上「役者さんだったんだ浦井君は、みたいな新鮮な発見があって面白いです(笑)。僕たち、何か共通しているものを持っている、似ている、という役でもありますし、カートンは似ているが故にダーニーのことをからかってみたり羨んだりする役なので、普段の関係性もいかせるので面白いと思います」

浦井「そうですね。芳雄さんとこうやってデュエットさせてもらったり、ガツンと芝居で絡める機会って初めてに近いので。あ、こうきたか、という発見が多々あって。ストレートプレイもミュージカルも両方やっているという自分たちの、これから先へ目指している部分がちょっと似てるところがあるんじゃないかなって発見もあったりしました。頼れる同士のような人だなと思っています」

nito2013_1007.JPG

5年前の共演は、初演版の『ルドルフ ザ・ラスト・キス』ですね。
たしかに浦井さん、しょっぱなから宙に浮いていたような記憶があります...。
(そして浦井さんが演じた狂言回し的な役どころは、昨年の再演・ルヴォー演出版ではなくなっていました...)



すみれさんと濱田さんには、帝国劇場に初めて立つ気持ちを。

「実際に一番最初に帝国劇場の舞台に立ったのは、先日のイベント『二都の夕べ』で、その時はすごく緊張したんですが、衣裳をつけて準備を整えてルーシーとして舞台に出たら何の緊張もなくなりました。普通にルーシーでいれました。リラックスしてできたのがすごく嬉しかったです」
すみれさん。

濱田さんは「さすがに歴史の長い劇場で、実際に立つと空気感、建物のもつ温かさ、たくさんの役者さんが演じてこられた思いが込められているように感じました。舞台だけではなく楽屋もそうですし、すべての場所、隅々まで空気すべてが重みがある、肌感覚で包まれている感じ。舞台上では自分をさらけだしてお芝居できる空間なんだなと思いました」と話していました。


またすみれさんは、初の子持ちの役を演じることについて

「全然普通です。舞台裏では、娘というよりは妹みたいな感覚になってるかもしれないんですが。実際舞台に立ったら、女性としていつでも無理せず自然にお母さんになれるのかなと感じました。子どもを見るたびに「守らなきゃ」って思うので」という話も。


そしてこの作品のキャッチコピー、<愛する人に捧げるもの、それは己の命のみ>にちなんで
、「愛する人に命以外に捧げるとしたら?」という質問には、まず井上さんから「どうですかさとしさん!」と振られた橋本さんから。


橋本「一生懸命生きるという姿をみせて、自分が輝いている姿をみせて、それで刺激を与え合ってお互いが高めあっていく関係って、すばらしくない? 死ぬより、生きるって方じゃないかなって思います。それが愛の形、強さ...なんか俺すごい恥ずかしいこと言ってない?」

井上「大丈夫大丈夫、そういう作品ですよ!」

橋本「それを期待してふったわけじゃないよね?」

井上「なんのボケもないですが、大丈夫です! 確かに僕もこの役をやっていて、カートンは自分の人生をかけて、命も、時間も、思いもすべて捧げるんだと思うんですが、逆に言えば、命であっても、愛する人に捧げることができるというのはなんて幸せなんだろうと思います。見方によっては犠牲になったと見えるかもしれませんが、愛する人に自分の命を使ってもらえるなんて、なんて幸せなんだろうなと思いながら自分の役をやっています。今は"喜んで捧げます"という感じです」

すみれ「私は、...さっきの話に戻りますが、女性だと子どもでしょうか。もうひとつの命を残す、血を残す。うーん。難しい!」

橋本「すごいね、男にはできない捧げ方だね」

濱田「私は、言葉にするのはなかなか難しいんですが...信頼。命を捧げる直前までの信頼関係、許しあうとか。さとしさんが言ったことと同じなんですが、言葉でいうと"信頼"かな」

浦井「皆さんと同じです。生きる、という方向だと思います」


笑いを織り交ぜながらも、真剣に質問の答えを考えるキャストの皆さんでした。

最後に井上さんが
「『二都物語』、いよいよ始まります。先日まで帝劇では『レ・ミゼラブル』をやっていまして、新演出版が大いに盛り上がっていましたが、その勢いそのままに、しかし僕たちは日本人の手により、今生きている僕たちの感覚を反映させた『二都物語』を作っています。昔の話ではありますが、今生きているひとりひとりの方に何かしら感じていただける作品になっていると思います。暑い夏ではありますが、たくさんのことを感じに、帝劇までいらっしゃってください。お待ちしています」
と締めて、会見は終了。


言葉の端々から、キャストの皆さんが心底作品に惚れこんでいるのが伝わります。
彼らの気迫が伝わる熱い舞台を、ぜひ。

nito2013_1009.JPG

公演は8月26日(月)まで、帝国劇場にて。
ケットは発売中です。


チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7168

前の記事「ミュージカル『二都物語』開幕!」へ

次の記事「劇団四季オリジナル・ミュージカルの傑作『夢から醒めた夢』、開幕」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉