七夕の短冊に願いを!「八月納涼歌舞伎」出演者がイベントに登場

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

夏芝居の恒例、歌舞伎座の「八月納涼歌舞伎」が帰ってきた!

4月に新しく開場してから早いものでもう3か月が経った歌舞伎座。
7月からの3か月は若手花形俳優が活躍する興行です。
中でも8月は、ファン待望の「納涼歌舞伎」が帰ってきます。
「納涼」といえば、歌舞伎初心者でも見やすい演目、短い時間で楽しめる3部制、そしてチケット代も通常月よりも安いのが魅力。

今回は、第一部(11時開演)が『野崎村』『春興鏡獅子』、第二部(14時15分開演)が『髪結新三』『かさね』、第三部(18時20分開演)が『狐狸狐狸ばなし』『棒しばり』と人気狂言から役者の芸を堪能できる舞踊まで、「納涼」にふさわしい演目が揃いました。

そんな「納涼歌舞伎」をぜひたくさんの方に知っていただいたいと、出演俳優のみなさまが歌舞伎座の屋上庭園で行われたイベントに参加しました。
登場されたのは坂東三津五郎さん、中村福助さん、中村扇雀さん、中村橋之助さん、坂東彌十郎さん、中村勘九郎さん、中村七之助さんの7名。
みなさまお揃いの浴衣に身を包み、涼やかな姿でそれぞれ意気込みを語られました。


前列左より彌十郎さん、扇雀さん、三津五郎さん、福助さん、橋之助さん/後列左より七之助さん、勘九郎さん
P1030911.JPG

三津五郎さん
「納涼歌舞伎が4年ぶりに帰ってまいりました。新装となりました歌舞伎座で、初めて屋上庭園を使ったイベントです。初めてというのは嬉しいです。この納涼歌舞伎を引っ張ってくれた中村屋が(勘三郎)も、新しい歌舞伎座の納涼歌舞伎を楽しみにしていましたが、残念なことになったのはすでにご承知のとおりです。彼の分まで、その穴を感じさせないようにここにいる7人で力を合わせて一生懸命この納涼歌舞伎を盛り上げていきますので、どうぞご声援のほどよろしくお願いします」
P1030825.JPG


福助さん
「いま、三津五郎のお兄さまがおっしゃっられたように、納涼歌舞伎は勘三郎のお兄さんと三津五郎のお兄さんが二人で引っ張ってくださり、このチームでやってきました。われわれにとってすごく大切な興行です。勘三郎の兄さんも上から力を貸してくれることと思います。勘九郎と七之助が中村屋代表で力をいっぱい出してくれると思います。心の中では兄さんと一緒に勤めていきたいと思います」
P1030828.JPG


扇雀さん
「8月は以前は歌舞伎をやっていなかった月なんですけど、それを若手で盛り上げて今日にいたりました。新しい歌舞伎座での納涼歌舞伎にお兄さんがいらっしゃらないのは本当に残念なんですけれども、演目をみますと、全てがお兄さんが得意とされていたものばかりです。私も、『狐狸狐狸ばなし』の伊之助役を、まさかやるとは夢にも思わなかったんですけれども、たぶん、お兄さんが力を貸してくれると思います。新しい歌舞伎座で前へ前へと進んでいく私たちの姿をみなさんにお見せしたいと思います」
P1030835.JPG


橋之助さん
「納涼歌舞伎では、先輩方の情熱を間近でみて、芝居の面白さ、作り方をみてきました。また、12か月のうちで唯一、大きな役ができるのが8月でした。なので8月がくるのが大変に楽しみでした。新装になってまた、納涼歌舞伎ができるのか心配でしたが、こんなに素敵な歌舞伎座ができました。あとを続けていくのは僕たちの使命です。それが中村屋の兄貴への恩返しだと思っています」
P1030841.JPG


彌十郎さん
「4年ぶりの納涼歌舞伎ということで、感無量です。納涼歌舞伎が始まって、その時から12か月歌舞伎を行うようになったと記憶しています。"俺たちチームだから"と、中村屋がいつも言ってました。それもすごく感慨深い言葉でした。また3部制も、この納涼歌舞伎で新しくできたことだと思ってます。中村屋が見ていたらOKサインをもらえるかな、と思える芝居をやっていきたい」
P1030849.JPG


勘九郎さん
「今、皆様がおっしゃってくださいましたとおり、父がとても楽しみにしていた公演であります。納涼がやっと帰ってくる、いろんなものをやりたいという企画が本当に進んでおりました。今回は父が残念なことになってしまいましたが、父が歌舞伎座で一番最初に踊りたかった演目であろうし、今後も何回も踊りたかったであろう『鏡獅子』を、交代ではございますが、七之助とともに踊らさせていただけること、ほんとうに幸せに思っております。意思と魂を引き継いで一生懸命楽まで勤めたいと思いますので、ぜひぜひよろしくお願いいたします」
P1030860.JPG


七之助さん
「みなさまがおっしゃってくださった父への想いは、いま上で父も喜んでいると思います。そして出れない悔しさもいっぱいだと思います。チームの一員として戦力になれるように勤めてまいります」
P1030861.JPG


7月のイベントといえば七夕です。
そこで、出演者のみなさまがお願い事を短冊に書いて披露してくださいました。

トップバッターの三津五郎さんのお願いは「肩が痛くなりませんように」。
司会の中井美穂さんから「それだけで大丈夫ですか?」と聞かれると「納涼歌舞伎がはじまった頃は若手だったんですが、そのとき何でもなかったことが、だんだん痛くなったりする歳になりました(苦笑)。今回『棒しばり』を勤めるんですが、勘三郎さんと一緒にやっていたときはいつも私が後ろ手に縛られる太郎冠者をやっていたんでけど、今回は棒に縛られる次郎冠者をやるんです。実は、2年前に海老蔵さんとやったことがありまして、そのとき、20分くらいやっていると左肩が痛くて...」とその様子を実演される三津五郎さん。
P1030872.JPG

お隣の扇雀さんがマイクを持って協力されてました。
P1030873.JPG

「ストレッチをやらないと杯に届かなくなってきて。ほんとに体の衰えはしょうがないですね。つい先日も、スポーツドクターに来ていただいて、肩が痛くならない準備体操のやり方を聞きました。7月は1か月間準備をして『棒しばり』に挑みたい、という願い事です」と気合十分の三津五郎さんでした。

P1030874.JPG


福助さんは「歌舞伎をたくさんの方に観ていただきたい」とシンプルなお願い事です。
「納涼歌舞伎は、児太郎から福助に襲名した年を除いて、続けて出演させていただきました。やはり8月は、お値段も少し安くなっておりますし、見やすい狂言が多いので、歌舞伎を初めてご覧になる方でも分かりやすいと思います」

P1030879.JPG


扇雀さんは予備の短冊にも書いてくださったようで「紙が3枚入ってて」とおっしゃりながら「五大マラソン完走」
「エージシュート」「満員御礼」
と3つのお願いを披露。それぞれの願いにはこんな思いが。
「『納涼』は、千秋楽近くになりますと歌舞伎座の中で打ち上げパーティをやってくださっていて、それがとても楽しみだったんです。今年も満員御礼になり、ぜひ打ち上げパーティができることを願っております」

P1030881.JPG

「五大マラソン完走は、東京マラソンを完走しているんですけれども、興行で行った海外ロンドン、ボストン、シカゴ、NY、ベルリンは歌舞伎で行っておりますので、そこのフルマラソンに出たいなと。ゴルフをやっている人はエージシュートが一生の目標でしょうからそれを書かせていただきました」

P1030884.JPG


橋之助さんは「ちゃんとまじめに書きましたよ、ふざけてないですよ」と前置きされてから「歌舞伎界がみんな健康で素敵な芝居が出来ます様に」と読み上げると、みなさまから『つまんないよ~』という声が。すかさず「肩が痛くなったりしないよう、健康に気をつけていただいて、いい芝居をしとそれだけでございます」と気心の知れたメンバーだからこそのやり取りも。

P1030890.JPG


続いての彌十郎さん、「やめときます、今のでつまんないって言われちゃ...」とやや消極的なご発言。意を決して「歌舞伎、増々の隆盛」と短冊を読むと、『もっとつまんない』と声がかかり、さらに笑いを誘っていました。「この3か月、歌舞伎座に大勢のお客様が来ていただきました。これからもこけら落としがつかなくても、歌舞伎が大入り満員で続いていくようにという願いをこめて書かせていただきました」。

P1030896_350.jpg


お次は勘九郎さんです。「納涼歌舞伎、サマージャンボ宝くじ大当たりで」と願い事を読むと、今度は『イイネ!』という声が。「これはもうそのまんまでございます。納涼歌舞伎が大当たりになるのとサマージャンボでとりたいなと。最近、海老蔵さんが競馬ですごくとってらっしゃるので、ぼくは宝くじしかないなと思って書きました」とのこと。

P1030900.JPG


最後は七之助さんです。
「僕は彌十郎さんと一緒でした。歌舞伎がますます発展しますように、という願いです。歌舞伎役者にとってホームの歌舞伎座ができましたし、7月、8月、9月もさまざまなところで歌舞伎の公演があります。やはりホームがあるというのは強味でもありますし、各地で歌舞伎が行われて、いろんな方が観に来てくださることを願っております」というコメントできれいな締めの言葉となりました。

P1030904.JPG

集合写真1
P1030919.JPG

集合写真2
P1030921.JPG

公演は8/2(金) ~ 8/24(土)まで、東京・歌舞伎座にて。
チケットは7/12(金) 10:00より一般発売開始。
なお、チケットぴあでは先行抽選「プレリザーブ」を7/4(木) 11:00~7/7(日) 11:00まで受付。

チケット情報はこちら


★ぴあWeb歌舞伎特集

尾上菊之助さんのロングインタビューを掲載中!
詳しくはこちら→【歌舞伎らんど】

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/7119

前の記事「ウィーン・ミュージカル・コンサート2 短期集中連載決定!~オケ合わせに潜入Part1」へ

次の記事「ウィーン・ミュージカル・コンサート2~オケ合わせに潜入 Part2」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ