【ウェルテルの恋】キャスト紹介(2)麗しい姿と繊細な演技で魅せる、キム・ダヒョン

| トラックバック(0)

チケット情報はこちら

■集中連載『ウェルテルの恋』第4回■


『ウェルテルの恋』
、前回に続き、今回も主人公ウェルテル役を演じるイケメンのご紹介です。

12年の歴史を持つ『ウェルテルの恋』ですが、キム・ダヒョンは2003年にウェルテル役として初登場。
その美しさから「花のウェルテル」と呼ばれるほどの人気を博した彼が、約10年ぶりに同役に挑んでいます。werther_0301.jpgダヒョン(なぜか「様」付けが似合う...)はTVドラマや映画でも活躍しているので、そちらでのファンも多いのですが。

ミュージカルでは『ラ・カージュ・オ・フォール』アルバンや、『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』ヘドウィグなどを演じています。
女装の役が多いのも美しさゆえ、ですね!
(余談ですが...Studio Lifeの山本芳樹さんに似てますよねっ)werther_0302.jpg

ほかには日本でも上演されている韓国発のミュージカル『サ・ビ・タ』etcにも出演。
こちらもミュージカル界の実力派なんです。

ダヒョン・ウェルテルの魅力はその繊細さ。
その繊細な演技から「ディテール・キム」というニックネームもついているそう。
甘いマスクと低めの声のギャップも素敵です。werther_0303.jpgというか、問答無用にイケメンですよね!
立ち姿も美しくて、品があるんです。
もう、この写真みてください!って感じです。werther_0304.jpg「当時は20代でしたが、今は30代の感性でウェルテルを演じたい」というダヒョンさん。
成熟した魅力のウェルテルをお楽しみに~!


ダヒョン・ウェルテルの麗しき姿&歌声はこちらで確認できますので、ぜひ一度見てみてください。




『ウェルテルの恋』、公演は1月11日(金)から26日(土)まで、赤坂ACTシアターにて。
チケットは現在発売中です。
キム・ダヒョン出演回は1月11日(金)から18日(金)まで。

チケット情報はこちら

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/6687

前の記事「【ウェルテルの恋】キャスト紹介(1)ミュージカル界のプリンス、チョン・ドンソク」へ

次の記事「青春音楽活劇『詭弁・走れメロス』稽古場レポート&松村武×武田航平×市川しんぺーインタビュー」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉