『ニューヨークに行きたい!!』イベントレポート

| トラックバック(0)

■『ニューヨークに行きたい!!』に行きたい!(3)■

連載第1回で告知しました『ニューヨークに行きたい!!』開幕直前イベントが、10月14日、帝国劇場にて開催されました。

NY1014_01.JPG激戦を潜り抜けて当選したお客様には、この作品とコラボしているDOUGHNUT PLANTのドーナツのお土産もあったようで...ダブルで羨ましい!?

イベントは、出演者である武岡淳一さんの軽快な司会でスタート。
武岡さんから、この作品はヨーロッパ圏で現在までに1500回以上の公演を重ねていて観客動員が200万人を超えていることや、劇中には30曲以上のナンバーがあってそのほとんどがダンスナンバーであることなどが紹介されます。
「プロデューサーが言うには、日本のミュージカルが始まって以来、一番ダンスの数が多いミュージカルでは。もちろん今日登場する皆さんも、私も、踊りますよ~!」なんて話も。
ちなみに武岡さん、舞台となる豪華客船の主任客室乗務員の役なんだそうですが、台本のどこを見ても名前が載っていない...という切ない告白も。
さて、瀬奈じゅんさん、橋本さとしさん、村井国夫さん、浅丘ルリ子さんを迎えてのトークショー。

NY1014_02.JPGNY1014_03.JPG瀬奈さんと橋本さん、村井さんと浅丘さんがそれぞれカップルで、
瀬奈さんと浅丘さん、橋本さんと村井さんがそれぞれ親子、
という関係の4人ですが、

村井さん&浅丘さんの"親カップル"が、もう、面白すぎです。
NY1014_04.JPG浅丘さんがいつも村井さんに笑わせられてるそうなんですが
浅丘さんが「村井さんがダジャレばっかり仰るので、私をこれ以上シワシワにする気!?って申し上げてるんですが、全然とまりません。この方をずっと愛さなければならないのかと思うと......」と愚痴り、
司会の武岡さんが「一度くらいお叱りになってください」と提案すると、すでに「叱ってるんです」とのこと。
そして村井さんが「さっきも袖で2度ほど叩かれました。...嬉しかったです」とマゾ発言をし場内は大爆笑。
このトークショーでもこのベテランふたりのペースに持っていかれそうだったので、稽古場もおそらく、そうなんでしょうねえ。
NY1014_05.JPGNY1014_06.JPG
一方、親子関係に関しては、この日の前日、瀬奈さん扮するリサと、浅丘さん扮するマリアの親子が和解するシーンを稽古したそうなのですが、「私がボロボロ涙こぼしながらやってたら、瀬奈さんもお泣きになって、そのまま歌うことができなくなっちゃって、すごく素敵だったんです。それだけ私に近寄ってくださってるんです。すごく素敵な親子になれたと思って、昨日はだからとても嬉しかったんです」と浅丘さん。
瀬奈さんも「(浅丘さんの)愛に満ちたまなざしとオーラが、後ろにいらっしゃっても感じて、振り向いたとたんうわーって(涙が)止まらなくなっちゃって...」
「本当に愛しいって思えて、昨日は素敵な稽古でした。これが持続するように頑張りましょうね」とにっこり微笑みあう母娘。
うーん、素敵。
NY1014_08.JPG
反面、橋本さん扮するアクセルと、村井さん扮するオットーの親子は、抱き合うシーンで村井さんが橋本さんに「何でお前と抱き合わなきゃならないんだ、気持ち悪い」と小声で言うそうです(笑)。
瀬奈&浅丘親子の素敵なエピソードを訊いて、「村井さん、僕らも頑張らないといけないですね、気持ち悪いなんて言ってる場合じゃないですよ!」と言う橋本さんでした。


ほかにも、浅丘さんがスワロフスキーの手作りのブレスレットを、キャスト・スタッフひとりひとりにプレゼントした話や...
NY1014_09.JPG↑瀬奈さんが腕に嵌めているのが、そのブレスレットだそうです。
「あれでカンパニーがひとつになった気がする」とは、村井さんの談。


マリアとオットーがニューヨーク目指して駆け落ちすることをかけて、駆け落ちするならどこがいい?という質問で
橋本「外国は苦手。言葉が通じないのはちょっと怖いんで。あと必ず税関で捕まるんですよ。おまえ本当に日本人かって。でトラウマがあって駆け落ちするなら熱海・箱根くらいの近場で(笑)」
瀬奈「わたしも言葉通じないと嘘がつけないので、日本で。熱海あたりがいいですね。箱根がいいかな。気がかわったらすぐ帰れますしね!」
なんて、なんとも親しみやすい発言などが飛び出し、大盛り上がりのトークショーでした。


イベントの最後には、瀬奈さんと橋本さんによる劇中歌の歌唱披露も。
NY1014_10.JPGNY1014_11.JPG
この日披露された「すべてはこの手の中」というナンバー、公式HPでも聴けますが、実は先日、げきぴあが潜入したお稽古場がまさにこのシーンだったのです。
こーんなダンスが本番は付く、はず!
こちらの写真から想像して楽しみにしていてください!!


公演は10月29日(土)から11月20日(日)まで東京・帝国劇場、11月25日(金)から29日(火)まで大阪・梅田芸術劇場 メインホールにて。チケットは発売中です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/5289

前の記事「FUKAIPRODUCE羽衣 vol.34 深井順子」へ

次の記事「はえぎわ ノゾエ征爾 vol.21」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉