『三銃士』開幕直前! 囲み取材

| トラックバック(0)

■日本初演!『三銃士』の世界(17)■

いよいよ本日、7月17日(日)に開幕になるミュージカル『三銃士』
15日には、初日を控え舞台稽古中のキャストによる囲み取材が行われました。

11071701.JPG

ダルタニャン役の井上芳雄さん。
「思っていた以上に面白い作品になっているのではないかとみんなわくわくしています。いろんな良さが詰まっていて、帝劇100周年にふさわしい最高のエンタテインメントになっていると確信していますので、観ないとソンです!」と自信満々のご挨拶!
110717ionue.JPG
三銃士の皆さんは、お揃いの衣裳でご登場。
「たくさんのお客さんにきていただいて、元気を少しでも与えられたらいいなと思います。ほんとに楽しい舞台です」とポルトス役の岸祐二さん。
110717kishi.JPG
アラミス役の石井一孝さんは「意気込み満点です。橋本さとしさんと岸祐二君と、三人の絆は日々強まるばかりで。早くこの面白い3人の...(ここで橋本さんと岸さんがそれぞれ「かっこいい」「かっこいい」と小声で訂正が...)...かっこいい3人の姿をお見せしたいなと思います」
さっそくお笑いモードが顔を覗かせてきましたよ...。
110717ishii.JPG
そしてアトス役の橋本さとしさんは「三銃士ということで、決して僕ら、レッツゴー3匹ではありません(笑)。面白担当ではありません...自然と面白いところもありつつ、『三銃士』という作品をすごくいい作品にしたいなという意気込み満タンでいきますのでよろしくお願いします。...マンタンやて」
と自分でツッコミを入れる橋本さんにカブせて、石井さんと岸さんが声を合わせて「満点!」。
息ピッタリですねえ、三銃士!
110717hashimoto.JPG
ミレディ役の瀬奈じゅんさんは「とにかく早くみなさんに観ていただきたいなと思います。ロビーも100周年仕様になっていますし、本当にワクワク感満載の公演になります」とアピール。
110717sena.JPG
そして「ほんとにもうみなさんびっくりするほど、溶けちゃうんじゃないかというくらいの熱演です。こんなに楽しいミュージカルはないと思います。ぜひ足をお運びください、お待ちしています」とリシュリュー枢機卿役の山口祐一郎さん。
110717yamaguchi.JPG
またみどころである殺陣、立ち回りについては
「こんなに殺陣、アクションのシーンが多い作品ははじめてです」と井上さん。

制作発表時にはみなさん苦労の真っ最中で、「残念ながら一番カッコいいのは瀬奈さん」なんて話もありましたが...

「一番カッコイイのが瀬奈さんという事実は変わっていないんですが(笑)。稽古は本当に壮絶でした。あまりに壮絶でさとしさんの顔が緑色の時がありました(苦笑)。ちょっと言葉がしゃべれないくらいハードだったですし、正直、僕はこんなことやるためにミュージカル俳優になったんじゃないんだけど...って弱音をはきたいくらい大変だったんですが、それだけ迫力あるシーンになっている。観ていたら、ほんと「あぶない!」って思う感じになっているので、今は自信を持ってやっています! お客様の反応がとても楽しみなくらい」

そこで山口さんが「怪我だけはしないようにね」

橋本さんも「キャラクターにあわせた、それぞれが面白い立ち回りをやっているので、やるほうは大変なんですがお客様にはすごく楽しめる立ち回りになっていると思います」
石井さんからも「見せ場満載で、キャラがそれぞれ立っている感じです」
岸さんは「僕に至っては、ほとんど剣を捌いていないですからね~」
とその個性的な立ち回りをアピール。


ダルタニャンと三銃士の関係については

井上「役柄的には助けてもらっているんですが、実際のところはあの...」
橋本「逆に僕らが助けられてます」
井上「三銃士は3人とも血液型O型なんですよ。僕はA型なんですけど。役柄的にはついてくかんじなんですが、内心は頑張れO型3人!って思いながらやっています(笑)。でもほんとに個性あふれる先輩方で、とてもキャラクターが強いところにどんどん重なっていると思うので、とにかく今回すごいです。音楽も素敵だしセットも豪華だし、殺陣のシーンもあるし、すごいことになっています。今までの帝劇とはひと味違う」
橋本「3Dみたいなもんやな。いま流行りの」
井上「そうそう...まぁみんなもともと3Dですけどね、舞台は」
橋本「あそっか。...でもさらにガーン!と飛び出してきます!」

なんて話も。
...ほんとに、会見もすごくテンポの良い掛け合いで面白いんです。このメンバー。

11071703.JPGそんな中、悪役のおふた方は
山口「三銃士というか四銃士が和気藹々と楽しそうにやっているのを、脇で見ながら、静かに孤独を楽しんでいます」
瀬奈「今も盛り上がっている中、ちょっと疎外感...(笑)」
とちょっと寂しそう!?

11071702.JPG井上さんからは「でも特にこの3人(三銃士)の仲良さ度がすごいんです。昨日も全部終わってるのに、楽屋に3人で集まって、帰らないんです。わけわからない、中学生みたい(笑)」なんてバラされていました。


そして、この豪華かつ暑そうなお衣裳でさらに大変そうですが、この夏の暑さについての質問も。
キャラクター的に肉襦袢のようなものを仕込み、人一倍暑そうな扮装の岸さんは「祐一郎さんから教わったんですが、秘儀で、衣裳の中でヒヤロンとかいれてみようとか今画策しております」。

ミュージカル界では有名!? 汗かきな石井さんは「どれだけ暑いかは僕の顔からしたたり落ちる汗で判断していただけると思うんですが...」と言ったところで、
「いつもですけどね」(井上)、「Tシャツでもだよね」(橋本)と多方向からのツッコミが。
いやしかし、こうなりますよね。
11071704.jpg


瀬奈さんは「オール皮なんで呼吸できない感じなんですが、女優なので汗をかかずにがんばりたいと思います(笑)」と言ったところで男性陣一同「おぉ~」。
瀬奈さんが「(本当は汗)ダラダラですけどね、気合いですよ気合い!」と照れたところで、井上さんが「カズさん、気合い足りないみたいです!」

そんな井上さんは「シンプルな衣裳が多くて、ああ、俺の衣裳地味だなーって思ってたんですが、蓋あけてみたら一番涼しかったんで、"良かった、みなさん豪華な分暑いのざまあみろ"と思ってます(笑)」と軽口を叩きながらも、
「たしかにすごく暑い夏なですけど、今こういう状況ですので節電も必要ですし、暑さをみんなで共有して、前向きな暑さにとらえて、あの夏は暑かったけどみんな頑張ったねとあとで言えるようにしたい」と話していました。
「前向きな暑さ」、いいですね!

暑さを吹っ飛ばす、というより、暑さに負けないエネルギーをもらえそうな『三銃士』、いよいよ開幕です!

@ぴあニュースでも後ほどお伝えしますので、そちらもぜひチェックしてください。
チケットは発売中です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/3258

前の記事「舞台のウラ話 from 水木英昭プロデュース 亀井理那 vol.16」へ

次の記事「キャラメルボックス・アナザーフェイス『ナツヤスミ語辞典』稽古場より」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ