今度は都大会。テニミュ、セカンド・シーズン第2作が開幕。

| トラックバック(0)

【演劇ニュース】

今年1月にセカンド・シーズンがスタートしたミュージカル『テニスの王子様』。その第2作である「青学(せいがく)vs聖ルドルフ・山吹」が、4月8日、 TOKYO DOME CITY HALLにて開幕した。地震の影響により一部公演中止を余儀なくされたこの作品、会場には開幕を待ち望んだ大勢のファンが駆けつけ、熱気に包まれていた。

許斐剛(このみ たけし)の同名の人気漫画を舞台化したミュージカル『テニスの王子様』は、2003年4月にファースト・シーズンを開幕し、15回の本公演と7回のライブ・ステージで累計動員100万人を突破。演劇界に"テニミュ旋風"を巻き起こした大ヒット作だ。テニスの天才少年・越前リョーマ(小越勇輝)が青春学園(通称・青学:せいがく)中等部の部活仲間と試合を通じて成長する様を描いており、セカンド・シーズンは前シーズンとは違った演出で全国大会決勝までの道のりを歩む。

今回は、都大会での準決勝・対聖ルドルフ学院戦と決勝・対山吹中戦。他校の情報分析に長けた司令塔・観月はじめ(小林豊)率いる聖ルドルフと、"ラッキー千石"の異名を取るJr.選抜・千石清純(聖也)に異端児・亜久津仁(岸本卓也)を擁した山吹中はまるで静と動といった雰囲気。初日前日の会見では小林が「今回、観られないお客さんに向けても、気持ちを伝えられるくらい全力で演じたい」、聖也が「みんなとひとつになるのがこの舞台の目標なので、楽しく元気にみんなにパワーを与えられるように頑張りたい」と力強いコメントをそれぞれ残している。

pa_20110411_tenimyu.jpg

一方青学は、主演でリョーマ役の小越の存在感が光った。普段のクールな佇まいと裏腹に、試合ではキレのある演技を連発。またソロパートの歌声や群舞でセンターを張るダンスも安定していた。公演に際し小越は「青学は2回目の公演なので、前回の経験を活かしてよりいい舞台をつくっていきたい。青学・聖ルドルフ・山吹と3チームのパワー・勢い、元気な姿を見てもらいたい」と主演らしく各チームのアピールも忘れなかった。

公演は4月17日(日)まで。その後、4月27日(水) から5月3日(火・祝)までメルパルクOSAKAでの大阪公演を経て、5月8日(日)から15日(日)までTOKYO DOME CITY HALLでの東京凱旋公演を行う。チケットはいずれも発売中。

ミュージカル『テニスの王子様』の舞台写真をみる

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2917

前の記事「『レ・ミゼラブル』初日前日会見こぼれ話」へ

次の記事「森下亮の「裸の女を持つ男」短期集中ブログ vol.06」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉