舞台のウラ話 from ニッポンの河川 vol.1 光瀬指絵

| トラックバック(0)

『ニッポンの河川と申します!!』


皆さま。はじめまして、こんにちは。

ニッポンの河川という劇団の雑用係兼、劇団員の光瀬指絵と申します。

この度、ぴあ様のこんな素敵なコーナーに参加させて頂くことになりました。あまりの栄誉にキーを打つ手も震えます。言ってよいこといけないことの、判断もすらも危ぶまれ。誤字脱字あて字伏せ字、不適切な表現などございましたら、どうぞお許し下さいませ。

舞台のウラ話。はいくらでもある。しかしながら、これをお読みの素敵な1億5千万人の皆さまが、まず我々のオモテを知らないのでは?という危惧も濃厚にある。

我々は、作/演出家・福原充則、女優・森谷ふみ、女優・光瀬指絵の3名からなる集団です。

2006年頃、最後の切札を繰り出して底の浅さを露呈するために結成。喫茶店での旗揚げ公演を断行。

現在は、俳優が演技しながら照明・音響を操り、一人十数役をシームレスに演じ分けるスタイルで、親戚一同の間で話題の劇団となっております。

今回は、コントユニット親族代表から竹井亮介さんをゲストにお招きし、初の三人芝居でお届けいたします!!

我々の薄っぺらなオモテを紹介し終わったところで、いよいよ今日から小屋入りです!


これからネチネチ続々とウラ話をお届けいたしますぜ旦那~。

ちなみに今日のウラ話。昨日の稽古で、作家は二人の俳優に『それぞれが一瞬で、関ヶ原の合戦、と耳のふちにそって歩く乞食、を表現して下さい。』と演出をつけておりました。

さあどのシーンに、それが使われるのか!使われないのか!!乞う、ご期待!!

nihon01.jpg

チケット情報はコチラから

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2747

前の記事「舞台のウラ話 from 岡崎藝術座『街などない』 制作 寺田」へ

次の記事「舞台のウラ話 from ニッポンの河川 vol.2 光瀬指絵」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
お得なチケット
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉