【ニュース】華麗な殺陣で描く、高橋一生版『八犬伝』

| トラックバック(0)

【演劇ニュース】

高橋一生の主演舞台『アクション時代劇 深説・八犬伝~村雨恋奇譚~』が2月11日、東京・シアタークリエで開幕した。滝沢馬琴の『南総里見八犬伝』に新解釈を加え、アクション満載で描く舞台。 8つの珠に導かれた八犬士たちが自らの因果や宿命と闘っていく波乱万丈の物語を、高橋一生をはじめ、中村誠治郎、古川雄大ら、若い俳優たちによる華麗な殺陣を交えて描く作品だ。


  舞台『アクション時代劇 深説・八犬伝~村雨恋奇譚~』開幕
pc_20110214_hakkenden.jpg

初日当日はあいにくの雪ながら、客席は八犬士たちのパワー溢れる熱い世界で熱気に包まれる。高橋一生はカーテンコールで、「この作品はお客様と一緒になって創るもの。お互いの気持ちがぶつかり合ってできるものだと実感した」と挨拶。また、出演者一同から、足元の悪い中駆けつけた初日の観客に向けて、感謝の気持ちと千穐楽までの意気込みが語られた。さらに、音楽を担当した中村 中もかけつけ登壇。「初日という特別な時間をキャスト、お客様と一緒に過ごせて幸せ」と語った。

出演はほかに、八犬士たちを導く金碗大輔に羽場裕一、敵役の玉房に保坂知寿。犬塚信乃(高橋一生)の婚約者、浜路に大和田美帆、物語の始まりとなる悲恋伝説を生む伏姫には宝塚歌劇団退団後初の舞台出演となる城咲あい。公演は2月24日(木)まで。チケットは現在発売中。

ほかの写真をみる
チケット情報はコチラから

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2750

前の記事「【ニュース】真琴つばさの"理想の恋愛像"とは?」へ

次の記事「舞台のウラ話 from ニッポンの河川 vol.3 光瀬指絵」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ