舞台のウラ話 from ニッポンの河川 vol.3 光瀬指絵

| トラックバック(0)

『大地をつかむ両足と物語。初日あけたぜ!コンニャロー!』


どうも。ニッポンの河川、過剰なやる気が空回りブログタイトルが無礼になる係担当・光瀬指絵です。謹んでお詫びと訂正を申し上げます。こんにちは。

皆さまのお陰をもちまして、昨日、ニッポン河川第3回公演『大地をつかむ両足と物語』無事、初日を迎えることができました!ありがとうございますー。

お客さまも満員御礼、感謝感激感涙感動、こうやって漢字がずっと並んでるの見てるとなんかの柄みたいに見えてくるな~とか思うヒマもない程、ありがたかったです!!ありがとうございます!!

しつこいようですが、我等がニッポンの河川は、出演者が一人何役も演じ分けつつ、照明・音響操作もいたしますので、俳優は通常の芝居の初日とは全然違う緊張&楽しみを感じております。

もうなんかライブであります。ライブ感であります!

おっとそこのお客さま、勘違いしないで下さいね。

別に、出たとこ勝負、という意味ではありませんよ。

我等ニッポンの河川は、骨太な物語、緻密な演出、計算し尽くされた舞台空間、全く意味のない会話、が売りの団体でございます。それらの上に存分にまぶされたライブ感、どうぞお楽しみに!

あと別に、本番をご覧頂いた結果、全て出たとこ勝負の劇団なんだーすご~い!とか思って頂いても全く構いませんので。どうぞよろしくお願いいたします。

初日の写真をとり忘れたので。数日前に、皆で行ったホルモン屋での一枚を。

nihon03.jpg

左は、映画ドラマでもご活躍中の、今回の素敵なゲスト・竹井亮介さんフローム親族代表です。

最後に私が一言いいたいのは。

テンパっていたからなどではない、写真をとり忘れたのは。疲労が激しいからなどではない、ホルモン屋に行ったのは。

と言うことである。

劇場で。皆さまのその目で確かめて。ことの真偽のその程をー!!
お待ちしてま~す。

チケット情報はコチラから

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/2751

前の記事「【ニュース】華麗な殺陣で描く、高橋一生版『八犬伝』」へ

次の記事「舞台のウラ話 from 「TRAVELING」 制作チーム北澤」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ