庭劇団ペニノ vol.11  from 浜恵美

| トラックバック(0)

今回初めてペニノに参加させて頂いております浜恵美です。

ただただ夢中でここまで来ましたが気づけば本番も後半戦。
なにやら終わりが見えてきちゃいました。。。

終わりという言葉である人が遊びと日常(現実)の違いについて話していた事を思い出しました。
遊びを芝居にたとえて言っていたのですが「終わりがあるのが遊び・終わりが無く限りなく続くのが常。だから遊びは楽しくて夢中になれる」と。確かにその通りかもしれませんね。
芝居には本番の期限があっていづれ終わりますからね。でもなにか腑に落ちないというか、それだけじゃないなって気がします。遊びは日常に組み込まれた現実ってんですかね。遊びの中で培ったルールとか関わった人間関係とか実際に遊んだ事実とか。そういったものは、すべてそれ以降の日常にわずかでも変化を起こすであろうという点では終わりの無い日常でしょ。それが楽しい。っていうような。

まどろっこしい話になりましが、単に終わりが来ることを認めたくないだけかも知れませんね。
だって楽しすぎるんですもん。
今回参加させて頂けて幸せです。
ありがとうございました。

こんな話をしましたが本番はまだまだ続きます。
まだご来場頂いていない方は是非いらしてみて下さいませ。
ご来場予定の方、お会いできます事を心より楽しみにしております。

庭劇団ペニノ プロフィール

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://community.pia.jp/mt/mt-tb.cgi/1421

前の記事「スポーツ界がワールドカップ開幕なら...」へ

次の記事「劇団鹿殺し vol.10  from 丸尾丸一郎」へ

カテゴリー

ジャンル

カレンダー

アーカイブ

劇団別ブログ記事

猫のホテル

文学座

モナカ興業

谷賢一(DULL-COLORED POP)

劇団青年座

劇団鹿殺し

 はえぎわ

柿喰う客

ONEOR8

M&Oplaysプロデュース

クロムモリブデン

演劇集団 円

劇団チャリT企画

 表現・さわやか

MONO

パラドックス定数

石原正一ショー

モダンスイマーズ

ベッド&メイキングス

ペンギンプルペイルパイルズ

動物電気

藤田記子(カムカムミニキーナ)

FUKAIPRODUCE羽衣

松居大悟

ろりえ

ハイバイ

ブルドッキングヘッドロック

山の手事情社

江本純子

庭劇団ペニノ

劇団四季

演劇チケットぴあ
劇場別スケジュール
ステージぴあ
劇団 石塚朱莉